おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

駒込

JR駒込駅近くの「もつ焼き 高賢」で一人飲みしてみた

2020年12月に新規開店した持つ焼き屋さんが駒込にあるとのことなので、駒込まで出かけて一人飲みしてみた。

実はJR駒込駅の東口の改札を出れば近いのに、南口から出ちゃってちょっと歩いてしまったことに後から気が付いた。お店の外観はこんな感じ。新規開店のお店ではあるけど、なんとなく老舗感があるような気がするので、以前も飲食店だった店舗なのかもしれない。

もつ焼き 高賢の外観
続きを読む

駒込の「酸辣湯麺 もり田」で酸辣湯麺を食べた。

特段、駒込に用事があったわけではないのだが、なんとなく駒込から散歩を始めてみようという気になって、駒込で山手線を降りてみた。そして、なんとなく商店街を歩いているときに見つけたのが「酸辣湯麺 もり田」。自分でも不思議だけど、なんとなく美味しいラーメンが食べられるような気がして入ってみた。

店内はV字のカウンター(汗)。入り口側にVのとがったところがあって、さらに券売機も入り口辺りに設置されているせいか、なんだか狭いなぁという印象。券売機には酸辣湯麺や、あんかけご飯などのメニューが並んでいた。酸辣湯麺のあんの部分をご飯にかけたものなのかなぁと思いつつ、「もりた豚の酸辣湯麺」のチケットを買ってみた。

しかし、普通に「中華そば」ってメニューがあったのが妙に気になった。結局、ラーメンの麺にかければ酸辣湯。酸辣湯麺の「あん」をご飯にかければ、あんかけご飯だし、揚げた麺にかければ、揚げそばになるのだが、中華そばって、その「あん」と無関係な気がするわけで「なんで中華そば…?」という気がした。

もとい。麺が茹でられ、中華鍋で温められた「あん」がかけられて、出てきたのがこちら。

酸辣湯麺 もり田@駒込の「もりた豚の酸辣湯麺」

続きを読む
記事検索
スポンサーリンク