おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

神保町

ビアホール ランチョン@神保町でビールを飲む。

先日の土曜日、神保町の丸香で讃岐うどんを食べた帰りに、前から気になっていたビアホールに行ってきた。確か、東海林さだおのエッセーだったと思うけれど(詳細は失念しちゃった)このお店が紹介されていてお店の名前だけがやたらと頭に残っていた(汗)

で、現地は靖国通り沿いのビルの2階。入り口から2階に上がる階段に古い写真がかかっていたので、ランチョンは相当に歴史があるビアホールらしい(メニューの裏によると、創業100年を超えてるそうだ)店内を見渡してみると、お客さんの年齢層は比較的高めだけれど、女性も思ったより多い。で、昼下がりなのに割とお客さんがいたし、グループで来てるお客さんもいたような気がする。

とりあえず、席について、ビールをオーダー。

[神保町][ビアホール]続きを読む

丸香@神保町で、冷たい肉うどん食べた。

先日、神保町の讃岐うどん屋さん「丸香」に行ってきた。

土曜日の昼時だから、多少の行列は覚悟していたが、行列は隣のブラッセルズの看板の前を通り越して伸びていた。まぁ、うどんなので回転は速い。とりあえず、並ぶことにした。

ちょっとずつ列の前方に進んでいく途中で店員さんからメニューを手渡された。まぁ、たいして変わってないだろうから、いつものように「ひやかけ」にしようと思っていたら、新メニューが目にとまった。

「冷たい肉うどん」

メニューによれば、かけだしと赤ワインと和讃盆のカラメルを加えたダシで牛肉を煮込んだらしい。これがひやかけの上に乗っかっているイメージだろうか。これは食べねばなるまいということでオーダー決定。「冷たい肉うどん」の2玉に、げそ天とかしわ天だ(…まぁ、食べ過ぎは明らかだが、讃岐人はうどんを納めるための胃があるのだ…うそ。)オーダーが決まったのに、しつこくメニューを眺めていたら、写真撮影禁止って書いてあったので、うどんの写真を撮ることを諦めた。

ほどなく店内に案内されて席についた。席に着く前にオーダーしておいたせいか、すぐにうどんが届いた。おぼんにペッパーミルが乗っかっていた。どうやら、肉うどんの牛肉にはペッパーがあうということらしい。うどん屋でペッパーミルなんて珍しい。しかも、牛肉には、にんにくチップと鷹のつめが加えてあって、なんだか凝ってる感じがある。ネギはやっぱりこのネギじゃないとねって感じのネギ。香川だと西讃のうどん屋に多いタイプのネギかなぁと。

凝った牛肉とさっぱりしたダシの相性はいい感じ。うどんはいつもどおりの申し分ない麺だった。ただ、ダシに浸かった、凝った牛肉がとってもうまいせいか、うどんと牛肉、ダシの三者できっちり相性がいいかというと、、、うーむ。結局、(忘れてて)胡椒を入れなかったけど、胡椒を入れるとまたちょっと変わったのかもしれない。

ゲソ天のボリューム感とクリスピーな感じもいい感じだったし、かしわ天のしっとりした食感も私の好みだった。その天ぷらを冷えたダシに浸して食べてみても、やっぱりうまかった。

やはり、うどん屋としての満足度は高いなぁ。というわけで、また来よう。






丸香 (うどん / 神保町、新御茶ノ水、御茶ノ水)
★★★★ 4.0


記事検索
スポンサーリンク