おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

塩ラーメン

麺屋我風@船橋で塩ラーメン(清湯スープ)を食べた。

会社の近所でランチを食べてるときに、置いてある雑誌の中に「船橋・習志野ウォーカー」を見つけたので読んでいたら、行ったことのないラーメン屋を見つけたので行ってみた。

お店の名前は「麺屋我風」。場所は船橋駅から徒歩数分ってところで、京成の高架の下辺り。Googleストリートビューで見ると、このお店が出来る前もラーメン屋だったらしい(汗)

20時半頃に「麺屋我風」に到着。店内はそんなに広くなく、あっという間に満席になりそうな感じだった。で、到着したときはお客さんもまばらだったのですぐ入ることが出来た。

「麺屋我風」の店先に看板が出ていて、どうやら塩ラーメンが売りっぽいのと、個人的に塩ラーメンが好きなので、塩ラーメンにすることにした。塩ラーメンは「こってり」(清湯)と「あっさり」(白湯)が選べるので、あっさりをチョイス。

デジカメを持って行くのを忘れたのでケータイで撮影。

麺屋我風@船橋の塩ラーメン(清湯スープ)

スープは澄んでいて本当にあっさりしているけれど、コクもしっかりしていて(揚げネギでコクがプラスされている)個人的には好きな味。鶏だしを強く感じる。まぁ、近頃のラーメン屋は、魚介や豚骨、鶏だしなど、ありとあらゆるダシをとにかく濃くしまくっていて、食べていて疲れるものも少なくないので、これだけすっきりしているのも悪くないというか、むしろ好感を持てる。

麺は細めで、塩ラーメンとの相性も良い感じ。ただ、ちょっと麺が多いような気がしたのは、体調が良くなかったせいだろうか。一緒に食べに行った連れは塩ラーメンの「こってり」を選んでいたけれど、「こってり」もうまかった。次に「麺屋我風」に行ったときには、こってりにしてみようかと。

小笠原塩ラーメン海皇@本八幡で「とりそば」を食べた。

この前の日曜日。同僚とぶらぶら本八幡を歩いていたら、ふとラーメンが食べたくなたので、小笠原塩ラーメン海皇に行ってきた。

本八幡駅前の「餃子の王将」の誘惑に負けそうになりながらも、なんとか海皇まで歩いていったら、海皇の目の前に新しそうなラーメン屋があった。よーく見ると、魂麺まつい(…食べログを見てたら、「魂麺」になったらしいが…)のロゴが書いてある張り紙がしてたので、もしかすると「魂麺」の新店か。ちなみに名前は「新天地」。ちょっと悩んで、当初の目的の「海皇」に行くことにした。

続きを読む
記事検索
スポンサーリンク