おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

千代田区

そういえば、めん徳つじ田二代目@淡路町でつけ麺を食べた。

10月末頃、淡路町の「めん徳つじ田二代目」でつけめんを食べた。

秋葉原に用事があって、ちょっと歩いて神保町の「丸香」で讃岐うどんでも食べるかーと思い歩きだしたら、淡路町の辺りで行列ができていることに気がついた。

一回だけ行ったことがあったラーメン屋「めん徳つじ田二代目」で、通りがかる度に行列ができていて、いつも敬遠してきたラーメン屋さんだ。

ま、多少、時間に余裕があったこともあって、意を決して並ぶことにした。並び始めたときに目の前の行列に6,7人、店の券売機前に5,6人といった感じだった。まぁ、いろいろと考え事をしていればあっさり時間は過ぎるもので、気がつけば券売機で食券を買う番になり、気がつけば、店内に案内されていた。

で、ほどなく出てきたのが、このつけ麺。ちなみに、麺は大盛りにしてある。

めん徳つじ田二代目の二代目つけめん

印象的なのは、麺の上に載っかっているスダチ。麺にかけて食べるように言われる。まぁ、確かにスダチが付いてくるつけ麺は珍しいわけで、それだけでもなんとなくおいしいような気がしてくる。

スープは、魚介系のスープも入っていそうで、鶏ダシも入っていそうで、豚骨も入ってるんだろうなぁ…という渾然一体系のスープ。そのわりには、しつこくなくあっさりしているような印象を受けた。もうちょっと塩分がある方がつけ麺にはいいような気がしたけれど、まぁ、そこは高血圧のことを気にすると、、、ちょうどよかったと言えるだろう(汗)麺は歯触りのいい麺で、スープとの相性はさすがといった感じだった。

…夏とか冬とか、あの場所で行列に並ぶのは厳しそうなので、いい季節の時に、行列が短いときに再訪したいと思う。




めん徳 二代目 つじ田 神田御茶ノ水店 (つけ麺 / 淡路町、小川町、新御茶ノ水)
★★★☆☆ 3.5


丸香@神保町で、冷たい肉うどん食べた。

先日、神保町の讃岐うどん屋さん「丸香」に行ってきた。

土曜日の昼時だから、多少の行列は覚悟していたが、行列は隣のブラッセルズの看板の前を通り越して伸びていた。まぁ、うどんなので回転は速い。とりあえず、並ぶことにした。

ちょっとずつ列の前方に進んでいく途中で店員さんからメニューを手渡された。まぁ、たいして変わってないだろうから、いつものように「ひやかけ」にしようと思っていたら、新メニューが目にとまった。

「冷たい肉うどん」

メニューによれば、かけだしと赤ワインと和讃盆のカラメルを加えたダシで牛肉を煮込んだらしい。これがひやかけの上に乗っかっているイメージだろうか。これは食べねばなるまいということでオーダー決定。「冷たい肉うどん」の2玉に、げそ天とかしわ天だ(…まぁ、食べ過ぎは明らかだが、讃岐人はうどんを納めるための胃があるのだ…うそ。)オーダーが決まったのに、しつこくメニューを眺めていたら、写真撮影禁止って書いてあったので、うどんの写真を撮ることを諦めた。

ほどなく店内に案内されて席についた。席に着く前にオーダーしておいたせいか、すぐにうどんが届いた。おぼんにペッパーミルが乗っかっていた。どうやら、肉うどんの牛肉にはペッパーがあうということらしい。うどん屋でペッパーミルなんて珍しい。しかも、牛肉には、にんにくチップと鷹のつめが加えてあって、なんだか凝ってる感じがある。ネギはやっぱりこのネギじゃないとねって感じのネギ。香川だと西讃のうどん屋に多いタイプのネギかなぁと。

凝った牛肉とさっぱりしたダシの相性はいい感じ。うどんはいつもどおりの申し分ない麺だった。ただ、ダシに浸かった、凝った牛肉がとってもうまいせいか、うどんと牛肉、ダシの三者できっちり相性がいいかというと、、、うーむ。結局、(忘れてて)胡椒を入れなかったけど、胡椒を入れるとまたちょっと変わったのかもしれない。

ゲソ天のボリューム感とクリスピーな感じもいい感じだったし、かしわ天のしっとりした食感も私の好みだった。その天ぷらを冷えたダシに浸して食べてみても、やっぱりうまかった。

やはり、うどん屋としての満足度は高いなぁ。というわけで、また来よう。






丸香 (うどん / 神保町、新御茶ノ水、御茶ノ水)
★★★★ 4.0


記事検索
スポンサーリンク