堀切菖蒲園というには、元ラーメン二郎のラーメン大堀切店がある関係で、ちょくちょく立ち寄っていたが、その度に気になっていたのは、「糀や」という讃岐うどん屋さんだ。「糀や」は、京成の堀切菖蒲園駅からラーメン大に向かう途中にある。店先にうどんの写真を出していて、(当初の目的である)ラーメン大に行くべきか、ちょっと浮気してうどんを食べるか悩んだことがあった(その時は、浮気せずにラーメン大へ)

先日、ふと、そのことを思い出して、今度は「糀や」を目指して京成に乗ってみた。

ランチにしては、ちょっと遅めに到着したせいか、土曜日だったせいか、うどんを食べていたお客さんはひとりだけ。で、券売機でチケットを買おうとしたところ、「初めてのお客さんは饂麺」をみたいなことが書いてあったので、素直に従う。

「饂麺」というのは、麺がうどんで、スープがラーメンという…カレーうどんを邪道と考える人なら、絶対に邪道だと斬って捨てるような折衷メニュー。まぁ、きっと誰でも思いつくんだけど、だいたいは失敗しそうな印象もあるけれど、おすすめする(…かつ、それで店が継続する)ってことは自信があるんだろう。店員さんが着てるTシャツの背中には、この「糀や」だけじゃなくて、ラーメン大のロゴも入っていたし、他にもラーメン屋っぽいロゴが2~3個書いてあったので、みんな同じオーナーの経営なんだろう。だから、うどん屋だけど、うどんにラーメンスープを作り出せたんだろうな。

で、チケットを店員さんに渡すと、店員さんがおもむろにうどんの生麺を沸騰するお湯に投入…ということは茹でたてのうどんが食べられるということかー!なかなかバリューがあるじゃないですか。

で、ほどなくして出てきたのが、この「饂麺」。

糀や@堀切菖蒲園の饂麺

スープは動物系と魚介系のダブルスープ。そこに、太めでも細めでもないうどんが入っていて、ラーメンにつきもののチャーシューではなく、ゆでた鶏肉が載っている。で、なぜかネギが2種類。

うどんをすすってみると、麺がちょっと固いような気がした。ちょっと失礼な言い方かもしれないが、うどんが固いこととコシがあることはちょっと違うんじゃないかと(汗)ま、私が固いうどんが苦手ってことだけなのかもしれないけれど…。でも、うどんとスープは不思議と合ってる感じがした。おそらく幾多のラーメン屋やうどん屋が挑んで失敗したであろうことを成功させている印象がある。上に乗ってるのも鶏肉というのがいい感じ。たぶん、チャーシューだと合わないような気がする。

この「饂麺」、思ったよりボリューム感があったらしく、大盛りにしたら、ちょっと休憩しながら食べないときつかった。


超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方&讃岐うどんの基礎知識
田尾 和俊
西日本出版社
売り上げランキング: 507



糀や (うどん / 堀切菖蒲園、堀切)
★★★☆☆ 3.5