おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

2010年01月

づめかん@下総中山で立ち飲み。

先日、とりあえず近所の居酒屋も飽きたよね…ということで、とりあえず、下総中山へ。下総中山なら、餃子の王将って選択肢もあったけど、なんとなく餃子って気分じゃないしなぁってことで、寄ってみたのが「づめかん」。

続きを読む

糀や@堀切菖蒲園の饂麺を食べてきた。

堀切菖蒲園というには、元ラーメン二郎のラーメン大堀切店がある関係で、ちょくちょく立ち寄っていたが、その度に気になっていたのは、「糀や」という讃岐うどん屋さんだ。「糀や」は、京成の堀切菖蒲園駅からラーメン大に向かう途中にある。店先にうどんの写真を出していて、(当初の目的である)ラーメン大に行くべきか、ちょっと浮気してうどんを食べるか悩んだことがあった(その時は、浮気せずにラーメン大へ)

先日、ふと、そのことを思い出して、今度は「糀や」を目指して京成に乗ってみた。

続きを読む

らぁ麺三軒屋@ワンズモールで「がっつり野菜そば」食べてきた。

またもや、ちょっとした用事でワンズモールへ。

千葉北インターのすぐ近くという、ワンズモールのロケーションからして、車で5分でも行けば、食事をとれそうな店がいくつかあるので、その辺で…ということになりそうではある。しかし、車がない状態で昼飯を食べることになったら、とりあえず、「ラーメン劇場」で食べるかということになる。

…というわけで、ぼんやりとまたラーメン劇場へ。「戯拉戯拉」は船橋にあるから、いつでも食べにいけるしなぁ…なんて、非積極的な理由でラーメン屋さんを選んだ末にたどり着いたのが、「らぁ麺三軒屋」。

続きを読む

アングル@阪急塚口で、カントリーカレーを食べた。

先日の尼崎出張の時の続き。

とりあえず、上司が「尼崎に行ったら、アングルでカントリーカレーを喰ってこい!」というので、素直に食べに行くつもりだったのだが、それが訪問先の会社の人にも伝わっていたようで、「じゃ、昼飯にアングル行きましょうか」ってことで、自動的にアングルへ(笑)

続きを読む

阪急そば@阪急塚口駅で「きざみうどん」を食べた。

先日、尼崎に出張することになった。羽田空港から伊丹空港に飛んで、伊丹空港でちょっと迷って(汗)、伊丹市営バスにのって、阪急伊丹市駅まで出て、そこから阪急で阪急塚口駅へ。

で、阪急塚口駅に到着。適当に、出口を目指して歩いたら、反対側のホーム方面の地下道へ。で、反対側のホームに出てみたら、北口はあっちって書いてる案内板を発見。確か、目的地は北口側だったことを思い出して、そっちに歩く。そしたら…また線路をくぐった(汗)結局、同じホームを反対側に歩くだけだったんじゃん…orz

途方に暮れながら見つけたのが「阪急そば 塚口店」。

阪急そば@阪急塚口駅の看板

JR東日本の駅構内にある立ち食いそば屋は「あじさい茶屋」とかであって、決して「JR東日本そば」ではない。また、「都営地下鉄そば」なんてのも聞いたことはない。ま、「めとろ庵」by 東京メトロって事例はあるけれど、これとて「東京メトロ庵」ではない。そんなわけで、「阪急」だから「阪急そば」とは、、、なかなかユニークなネーミングではないかと思う。

#…と書いてみたが、調べてみたところ、「阪神そば」もあった。orz

ま、前置きはさておいて、アポの時間が決まってなかったことをいいことに、阪急そばで遅い朝飯を食べることにした。で、いつも立ち寄る立ち食いそばにはないメニューがなんかないかなぁと思って探してみたら、「きざみうどん/そば」ってのがあった。

「きざみうどん/そば」チケットを持って、オバちゃんのいるところに持っていったら、「ちょっと待ってなぁ~」と言われる。お、本物の関西弁だぁ…なんてちょっと感動してると、かけうどんに冷蔵庫から出てきた刻んだ油揚げがどっと載せられた。

で、ほどなくして「きざみうどん」が出てきた。

阪急そば@阪急塚口駅のきざみうどん

関東の立ち食いそばで出てくるだしよりは、色が薄いけれど、だしはしっかり効いてる感じだけど、なんとなく、だしの成分がちょっと違うような気がした。讃岐うどんほどではないけれど、いりこが少し入ってたのかなぁ(確証なし)しかし、刻んだ油揚げ、うまいなぁ…と感動してたら、あっさり完食してしまった。





中華そば青葉@船橋で中華そばを食べた。

年末の食材を船橋まで買いに行ったときに、小腹が空いてたので、うっかり食べてしまったのが、中華そば 青葉 船橋店の中華そば。

中華そば青葉@船橋の中華そば

青葉の中華そばといえば、数年前に初めて蒲田の青葉(もう閉店したらしい)で食べたのが初めてだけれど、奇をてらってないというか、王道を行く感じの味に、はまったことを思い出した。

で、数回目に船橋で食べてみたけれど、そういう雰囲気は今も健在で、魚介系と動物系のスープの絶妙なバランスはさすがというしかない。魚介系とも動物系とも明確に主張しない、渾然一体となったスープは飲みやすく、どんぶりの底が見えるまで飲んでしまった。

で、個人的には、青葉のメンマも結構好き。割と太めのメンマを使っていて、しっかりした歯ごたえと、しっかりした味付けで、これぞメンマと思える逸品だと思う。

きっと、また、食べに行っちゃうんだろうなぁ(遠い目)





中華そば 青葉 船橋店 (ラーメン / 船橋、京成船橋、東海神)
★★★★ 4.0



また、刀削麺荘 唐家@秋葉原でマーラー刀削麺を食べた。

ちょっとしたワケあって(…ま、PCを1台調達することになったってワケですが…)アキバへ。

で、遅い昼飯でも食べるかという段階になって、秋葉原グルメの王道(?)のサンボの牛丼とか、ラホールのカレーとか思い出しつつ、結局、また、いつぞやも買った食券を買ってしまった。

今回は、辛い方の刀削麺(マーラー刀削麺)にしてみたが、トッピングはいつも通り、香菜増し。なんか、この写真が刀削麺らしくなく、ただの香菜の山のような感じで、なんとなくえぐいような気がする…が、私はこれが好き!

[秋葉原][刀削麺]

出てくるスピードからして、茹で済みで置いておいた麺なんだろうけれど、立ち食いそば感覚で、刀削麺が食べられると考えれば、出てくるスピードも重要なわけで、これはこれで悪くないような気がする。(今回、カレーや牛丼と迷った末の刀削麺なので…)スープは辛めで山椒(花椒?)が効いていて細かい味がよくわからないが、あっさりしたスープが効いている気がする(汗)

これだけ香菜を入れてしまうとスープの温度は下がってしまうわ、香菜くさいわで、ふつーの刀削麺で十分という方にはオススメできないが、香菜好きにはたまらない一杯(…かもしれない)だろう
記事検索
スポンサーリンク