おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

2009年11月

つだ沼そば@津田沼でそばを食べる。

ちょっとした用事で津田沼に行ったところ、ちょうど小腹が空いていたので、「つだ沼そば」で蕎麦をたべることにした。

「つだ沼そば」は、JR津田沼駅から新京成の新津田沼駅に歩いている途中にある、立ち食いそば屋だけど、これがただならぬ立ち食いそば屋だと思っている。某立ち食いそば屋のように、カエシたっぷりの濃いそばつゆではなく、ほどよい醤油にほどよいダシが効いた、良い塩梅ってのを見事に実現しながらも、立ち食いらしく、リーズナブルな値段で食べることができるので、この辺で、そばを食べたくなったら、「つだ沼そば」と決めている。

今回、オーダしたのは、鶏肉の天ぷらが載ってる「とり天そば」(…確か、そんな名前だった気がする…)に、かき揚げを追加したもの。

…今回も、食べ始めてから写真を撮っていないことに気がつくという情けない羽目に陥ったので、写真は割愛(汗)

ま、普通の立ち食いそば屋でてんぷら2つとなると、とにかくもう油ギッシュになって困り果てるところだけど、「つだ沼そば」のかきあげは、不思議に軽く、さくっとしてるのがいい感じ。鶏天は、しっとりとしてて、そばつゆにつけて食べるとなんともうまかった。

あと、そばの麺自身もしゅっとした麺である。駅の中でそばをたべると、茹でてどれくらいの時間が経過しているのかよくわからない麺を無理矢理ひっぱりだして、お湯につっこむ光景を目にすることになるが、「つだ沼そば」では、どうも茹でたてに近いそばを食べさせてくれるのではないだろうか。それもまた「つだ沼そば」の魅力のひとつであろう。

あっさりと完食して出て行こうとしたら、店内はおじさん率が高かった。おじさんはなんだかんだで旨いものを知っているもんだなぁ…と思って、隣を見たら、女子高生くらいの女性もそばをすすってて、ちょっと驚いた。まぁ、旨いモノには世代は関係ないってことだろうか(汗)





つだ沼そば (そば / 新津田沼、津田沼、京成津田沼)
★★★☆☆ 3.5



麺屋我風@船橋で塩ラーメン(清湯スープ)を食べた。

会社の近所でランチを食べてるときに、置いてある雑誌の中に「船橋・習志野ウォーカー」を見つけたので読んでいたら、行ったことのないラーメン屋を見つけたので行ってみた。

お店の名前は「麺屋我風」。場所は船橋駅から徒歩数分ってところで、京成の高架の下辺り。Googleストリートビューで見ると、このお店が出来る前もラーメン屋だったらしい(汗)

20時半頃に「麺屋我風」に到着。店内はそんなに広くなく、あっという間に満席になりそうな感じだった。で、到着したときはお客さんもまばらだったのですぐ入ることが出来た。

「麺屋我風」の店先に看板が出ていて、どうやら塩ラーメンが売りっぽいのと、個人的に塩ラーメンが好きなので、塩ラーメンにすることにした。塩ラーメンは「こってり」(清湯)と「あっさり」(白湯)が選べるので、あっさりをチョイス。

デジカメを持って行くのを忘れたのでケータイで撮影。
麺屋我風@船橋の塩ラーメン(清湯スープ)

スープは澄んでいて本当にあっさりしているけれど、コクもしっかりしていて(揚げネギでコクがプラスされている)個人的には好きな味。鶏だしを強く感じる。まぁ、近頃のラーメン屋は、魚介や豚骨、鶏だしなど、ありとあらゆるダシをとにかく濃くしまくっていて、食べていて疲れるものも少なくないので、これだけすっきりしているのも悪くないというか、むしろ好感を持てる。

麺は細めで、塩ラーメンとの相性も良い感じ。ただ、ちょっと麺が多いような気がしたのは、体調が良くなかったせいだろうか。一緒に食べに行った連れは塩ラーメンの「こってり」を選んでいたけれど、「こってり」もうまかった。次に「麺屋我風」に行ったときには、こってりにしてみようかと。


夜中にラーメンを食べても太らない技術

栄家@稲毛でラーメンを食べてきた。

この前の日曜日。稲毛サティに用事があったので、ついでに昼飯でもと思って、ラーメン屋を探してみたら、見つかったのが「栄家」。「栄家」というと、なんとなく家系ラーメンなのかと思って身構えてしまったが、そうではなくて、昔ながらの醤油ラーメンがいただけるらしい。

「栄家」はJR稲毛駅から歩くと、ちょっと時間がかかるし、途中でいくつかラーメン屋とか他の飲食店があったので、その誘惑に負けそうになりながら、なんとか到着。

店内は、いたって普通のラーメン屋風で、店主っぽい男性と、その奥さんとお手伝いのおばさんという感じの3人で営業していた。で、とりあえず、空腹だったのでラーメンとミニチャーシュー丼のセットをオーダー。ラーメンを待っている間に周囲を見回してみると、おじさん率高し。やっぱり、昔懐かしい系ラーメンにはおじさんが来やすいのだろうか。

ほどなくしてラーメンが出てきたけれど、速攻で食べ始めてしまい、うっかり写真を取り忘れてしまったので割愛(汗)

スープはなんだかとてもすっきりしている醤油味。ダシ成分がごちゃごちゃ入っていない感じがかえって、食欲をそそられてしまう。うーむ、おじさんはうまいものを知ってるなぁ。表面に浮いている脂がなんだか軽い感じではあるんだけれど、コクを生んでいる気がする。麺は細麺。スープとの相性がいいというか、バランスがしっくり来てる。匠の技って印象。個人的には、醤油ラーメンってそんなに好きじゃない…というか、塩と醤油なら塩を選ぶ感じなんだけど、この醤油ラーメンだったら醤油ラーメンでもいいかなぁ…と。

稲毛って割とラーメン屋が多いけれど、これは生き残るだろうなぁと思えるラーメン屋さんだ。

アフィリエイト:

ラーメンwalker(千葉 2009)


栄家 (ラーメン / 稲毛、京成稲毛)
★★★☆☆ 3.5


そういえば、めん徳つじ田二代目@淡路町でつけ麺を食べた。

10月末頃、淡路町の「めん徳つじ田二代目」でつけめんを食べた。

秋葉原に用事があって、ちょっと歩いて神保町の「丸香」で讃岐うどんでも食べるかーと思い歩きだしたら、淡路町の辺りで行列ができていることに気がついた。

一回だけ行ったことがあったラーメン屋「めん徳つじ田二代目」で、通りがかる度に行列ができていて、いつも敬遠してきたラーメン屋さんだ。

ま、多少、時間に余裕があったこともあって、意を決して並ぶことにした。並び始めたときに目の前の行列に6,7人、店の券売機前に5,6人といった感じだった。まぁ、いろいろと考え事をしていればあっさり時間は過ぎるもので、気がつけば券売機で食券を買う番になり、気がつけば、店内に案内されていた。

で、ほどなく出てきたのが、このつけ麺。ちなみに、麺は大盛りにしてある。

めん徳つじ田二代目の二代目つけめん

印象的なのは、麺の上に載っかっているスダチ。麺にかけて食べるように言われる。まぁ、確かにスダチが付いてくるつけ麺は珍しいわけで、それだけでもなんとなくおいしいような気がしてくる。

スープは、魚介系のスープも入っていそうで、鶏ダシも入っていそうで、豚骨も入ってるんだろうなぁ…という渾然一体系のスープ。そのわりには、しつこくなくあっさりしているような印象を受けた。もうちょっと塩分がある方がつけ麺にはいいような気がしたけれど、まぁ、そこは高血圧のことを気にすると、、、ちょうどよかったと言えるだろう(汗)麺は歯触りのいい麺で、スープとの相性はさすがといった感じだった。

…夏とか冬とか、あの場所で行列に並ぶのは厳しそうなので、いい季節の時に、行列が短いときに再訪したいと思う。


つけ麺マップ東京・埼玉・神奈川(1)



めん徳 二代目 つじ田 神田御茶ノ水店 (つけ麺 / 淡路町、小川町、新御茶ノ水)
★★★☆☆ 3.5


豚骨ラーメン「どうたぬき」@下総中山でラーメンを食べた。

仕事帰りに、下総中山のとんこつラーメンの「どうたぬき」へ行ってきた。

JR下総中山駅よりも京成中山駅が近いため、客もまばら…だろうと思っていたら、意外とお客さんが来店していた。席はカウンターが10席ちょっとくらいと、4人用の机が一つ。こじんまりとした店内だった。

さすがに豚骨ラーメンのお店とあって、店内でも豚骨を煮込んでる匂いが多少強い印象だったが、まぁ、豚骨ラーメンを食べに来ておきながら、豚骨の匂いがちょっと…というのはどうかと思うので、これはこれでありだろう。

今回はラーメンを頼んだが、店内の豚骨の匂いとは裏腹にスープはあっさりとしていて、体調がいまいちでも食べられそうなやさしいとんこつラーメンだった。確かに、一緒に食べに行った連れは胃の調子が良くなかったらしいのだが、しっかり替え玉していたことからも頷ける。

どうたぬきのラーメン

店員さんの対応も丁寧で好感を持てた。また、再訪したいと思う。

追記:そういえば、机にさりげなくフライドにんにく(汗)のチップが入ったボトルが置いてある。このにんにくチップを入れることで、風味がよくなるのでオススメ。





どうたぬき (ラーメン / 京成中山、下総中山、東中山)
★★★☆☆ 3.5


記事検索
スポンサーリンク