おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

2009年09月

「赤坂味一」でチャーシュメン食べる。

朝、目覚めた瞬間、昨日のカレーがなんとなく胃に残ってるかなぁ…と少し心配したけれど、さすが胃腸薬にも使われるスパイスが入ったカレー(ターメリックってウコンですよね…確か)だけあって、何の痕跡も残っておらず、快調(^∀^)

…で。

一通り、貯まった洗濯物を片付けていたら、もう昼前になっていたので、ふらっとでかけた。目指すは、船橋市役所の近所の「赤坂味一」。

平日のランチに突撃して以来、再訪しようと心に決めていたが、船橋市役所の近所ってことはつまり、JR船橋駅からも京成船橋駅からもほどほどの距離があり、結局、週末に再訪することになった。

市役所近所のラーメン屋の土曜日というと、なんとなく市役所辺りからのランチ客が減って、空いてそうなイメージがあったが見事に期待を裏切られてしまった。席は全席埋まっていて、店の中に2~3人、店の外にも2~3人が待っていた。うーむ、さすがは繁盛店。

のれん@赤坂味一


仕方なく外で待機しながら、「赤坂味一」の暖簾って、なんか蕎麦屋っぽいなーと思っていたら、お客さんが出てきたので店内へ。店内でしばし待ったらカウンターに座ることができた。店員さんがお冷やを持ってきてくれたタイミングで「チャーシューメン大盛」をオーダー。この前来たときに、大盛りはやめておこうと心に決めたのに、思わずいつものクセで大盛りにしてしまった(´;ω;`)

行列ができているだけあって、店内でラーメンを待っている人も多く、ラーメンは次々と、できあがるものの私の席をかすめてどこかに持って行かれていくというもどかしい時間が過ぎた。

一通り、ケータイをいじり飽きた時にやってきたのが、この大盛りチャーシューメン。

チャーシューメン大盛@赤坂味一


大盛りは、丼一杯にスープが注がれているので、お盆付きで出てくる。まぁ、丼のサイズも洗面器風でちょっと驚くけれど、大盛りの麺の量にも驚かざるを得ない。「ぎっしり」とか「ずっしり」といった印象だ。

とはいえ、煮干し系のスープには、多少、脂が浮いてはいるけれど、基本的にはあっさりしているので、「わしわしと麺を食べ、スープを飲む」というルーチンを繰り返せば、気がつけば麺がほぼなくなっていた。…ま、それだけうまかった(&あっさりしていた)ってことで。

確かに、煮干し系スープと書いたけれど、煮干しが強烈に立っているかというと、そうでもないような気がする。何系のスープかと聞かれれば、煮干し系と答えるけれど、ほどよく煮干しの香りがするという感じだろうか。一方、麺は断面が丸い感じのつるっとした麺。スープとの相性はいいと思う。

ちなみに、メニューには、飲み物を除けば、普通の「中華そば」の他に、「チャーシューメン」と「メンマラーメン」しかない。つまり、昨今、いろんなラーメンの具が登場してはいるが、老舗の「赤坂味一」では、チャーシューとメンマしか取り扱わないということだろう。その潔さやよしという感じだろうか。

ただ、中華そば500円に対して、チャーシューメンが650円となっていて、さらに、メンマラーメン700円という価格設定になっている。全体的なコストパフォーマンスはいい方だと思うが、普通は、チャーシュー>メンマだと思うので、実は、あのメンマはすごいのかもしれない。

そんなことを考えながら、完食。とはいえ、さすがに最後の一滴までスープを飲み干す根性もなく、名残惜しく丼を眺めつつ、「赤坂味一」を後にした…ら、店の外の行列がさらに伸びていた。並んでいる客や店内を眺めつつ、客層を見てみると、お年を召した方から親子連れと年齢層の広さも特徴かもしれない(ま、おじさんが多いのは間違いないですけど)

店先の傘立てには、手を消毒するための消毒液がさりげなく置いてあった。老舗でも気にしてるんだなぁと。むむ、そういえば、ラーメンを作ってるおじさんもビニール手袋を付けてたっけ。いやはや、さすが老舗である。キチっとしているもんである。

赤坂味一 (ラーメン / 京成船橋、大神宮下、船橋)
★★★★ 4.0


「サンティ」@本八幡でインドカレーを食べてきた。

同僚達がインド料理を食べに行くというので、その後を着いていって辿り着いたのが、「サンティ」ってインド料理屋さん。

場所は、京成八幡駅から市川大野方面(要するに、JR本八幡駅とは逆の方向)に少し行ったところだけど、道路沿いなので油断しなければ普通に辿り着けると思う。

メニューはおつまみ的なものから、本格的なカレーまで多岐に渡っていて、ちょっとインド料理をつまみながら飲むといった用途から、がっつりインドカレーまで対応できそうだった。で、同僚と私は食べ放題、飲み放題っていう…ちょっと危険な(汗)メニューをチョイス。

とりあえず、カレーとナンを選んで(実は、ナンもニンニクを振りかけたものやチーズを載せたものなど、いくつか種類がある)しばらく待っていると、机がカレーとナンだらけになった。

サンティ@本八幡のナン


サンティ@本八幡のカレー


ナンはしっとりふんわりで、ニンニクやチーズなどのフレーバーがあるから、それだけでも飽きずに食べられそうだったし、実際、カレーが出てくるのを待っている間に結構食べてしまった。

一方、カレーは、なんか辛そうだなぁ…と思ったけど、辛さよりもうまさが前にくる感じ(…って、どんな感じやねん…)例えば、グリーンのカレー(ほうれん草の色なのかな)に、チキンが入っているんだけど、ちゃんとチキンが下ごしらえされているから、カレーもうまいけど、チキン自体も楽しめる…みたいな。以前、どこかでインドカレーを食べたことがあって、そのカレーには大きめのチキンが入ってたんだけど、下ごしらえが中途半端だったせいか、チキンの味が抜けててがっかりした記憶があるので、ちょっとうれしかった。

喝采!家カレー―いつものルウだけで。うまさ新境地。
水野 仁輔
主婦と生活社
売り上げランキング: 34917
おすすめ度の平均: 4.0
4 攪拌してペースト状にするのがポイントのようです。
5 絶賛!喝采!!家カレー!!!
2 家庭で作るというコンセプトがずれているように思います
4 驚く旨さ!まいりました。
4 一人暮らしにも楽しいカレー作り


サンティ 八幡店 (インドカレー / 京成八幡、本八幡、鬼越)
★★★☆☆ 3.5


「せたが屋」@品達でつけ麺食べた。

ちょっと品川界隈に用事があったので、品川へ出張。船橋あたりから品川はやっぱり遠いなぁと実感してるうちに、品川に到着して早々に用事を終えて、昼食を取ることにした。

品川駅から少し歩いたところにある、「丸亀製麺」が相当に混雑していたので、視界の端にとらえつつもパス。で、しばらく歩いているうちに、品達が見えてきた。


品達の看板。

まずは、どんぶり五人衆が見えてきたけど、ちょっと暑いのでスタ丼はパスだし、海鮮丼もなぁ…と思って歩いているいるうちにラーメン屋が見えてきた。

個人的に興味を持ったのは「せたが屋」。豚骨はちょっと重たいなぁと思っていたので、行ってみたいと思いつつも、いまだ行けていなかったことをいいことに行ってみた。



店の入り口に、券売機が置いてあって、チケットを購入するシステム。こういう券売機の前でフリーズしているおじさんをよく見かけるが、、、案の定、私もフリーズしてしまった。

迷ったあげくに購入したのは、つけ麺と、肉めし(…記憶が怪しいけれど、券売機にはなんか別の名前が書いてあったような…)。きわめて、普通のメニューではあるけれど、ラーメンにご飯の組み合わせって、炭水化物のパレード(汗)

オーダーして待ってたら、とりあえず「肉めし」が出てきた。

せたが屋のにく飯。

この手のサイドメニューは、個人的には、アタリ/ハズレの格差が結構大きくて覚悟はしていたんだけど、「せたが屋」はアタリだった。肉がとってもジューシーなんだけど、しつこくないのがさすが。ご飯と良く合う。

せたが屋のつけ麺。

肉めしを食べてたら、つけ麺が到着。麺はストレート。太くもなく、細くもない…という印象の麺だった。食感もしゅっとしてて、歯触りが心地よい。

つけ汁は、魚(煮干し?)の印象が強いけれど、「ガツン汁」なるラーメンタレを机の上に置いてあるせいか、味が薄めだし、ちょっと温度が低いのが個人的に微妙な感じがした。麺との相性が悪くないだけに、ちょっと残念だった。スープに沈んでいる肉とメンマはうまかった。

つけ麺やラーメン以外にもいくつかメニューがあるようなので、また近くを通りかかったら食べに来たい。
噂のつけめん〈2009〉―噂のラーメン特別編 首都圏版

日本出版社
売り上げランキング: 123128

せたが屋 (ラーメン / 品川、北品川、高輪台)
★★★☆☆ 3.5

「餃子の王将」でチューリップとビール。

ohsho_1

関連会社での作業を終えて帰宅しようとしたら、夕食を食べに行こうと誘われたので、「餃子の王将」八千代緑が丘店へ。

ざっくりとメニューを眺めていたら、近所の「餃子の王将」にはない「チューリップ」を発見したので、速攻でオーダしてみた。いやはや、この骨付きな感じがたまらなくうまそうだし、実際に唐揚げよりうまいとの声あり。まぁ、「鶏の唐揚げ」も十分旨いんだけど、近所の「餃子の王将」でも「チューリップ」を置いてくれないかなぁ…。あぁ。

しかし、「餃子の王将」八千代緑が丘店には、ドリンクバーがあったような気がしたのは気のせいだろうか。「餃子の王将」と「ドリンクバー」のミスマッチ感がなんだかステキだ。

記事検索
スポンサーリンク