おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

北習志野の麺処ゆきちでラーメンを食べた

Googleで近所のラーメン屋さんを検索していたら、見つけたのが北習志野の麺処ゆきち。まいぷれ船橋の「バランスを極めた淡麗醤油がクセになる『麺処ゆきち』」という記事によると、麺処ゆきちの店主はアイバンラーメンや麺処くるりで修行された方。そして、ラーメンには再仕込みしょうゆ、下総醤油、薄口醤油の3種類の醤油を使っているらしい。なんか旨そうな予感…。ということで、北習志野まで出かけてみることにした。

北習志野駅を出てふらふら歩くこと数分。駅前の雰囲気が消えて、ちょっと住宅地っぽい感じになってきたところに麺処ゆきちはあった。外観のぱっと見はスナックか何かのような…。ラーメン屋ではなかなか見かけない感じ。

麺処ゆきちの外観


続きを読む

三田のカレー屋さん「コロンブス」でベーコンエッグキャベツカレーを食べた

先日、三田界隈でランチを食べる機会があったが、三田のランチ事情に疎いため、ふらふらと慶応仲通りを歩いていたら、チェーン系のお店に混じって、直感的に旨そうな気がするカレー屋さんを見つけた。それが「カレーキッチン コロンブス」。

コロンブスの外観


続きを読む

本八幡の一茶庵のそばは、さすが老舗の味だった

JR本八幡駅で降りて、シャポー側の改札から出て、そのまま駅の外に出たところのすぐ近く、昔は和菓子屋さん(とはいえ、店頭では鯛焼きを焼いていたので鯛焼き屋の印象だが…)の脇に石畳の小道があって、古い建物が奥に見える。ぱっと見ただけだと、なんだろうと思うわけだが、調べてみると、本八幡の老舗のそば屋さんであることがわかった。

続きを読む

市川の「ごはんや 元」に行ってきた。

しばらく前に、市川ウズマサが移転したことはブログで見かけたが、その後に、「ごはんや 元」ってお店がオープンしたことを見つけるの時間がかかってしまっていた。

市川ウズマサが営業していた店舗は、元々、松元飯店という中華料理のお店だったらしく、その松元飯店の娘さん二人が始めたお店らしい。というわけで、さっそく行ってきた。

お店のメニューは、ご飯中心ではあるけれど、お酒のメニューもいろいろありそうなので、とりあえず飲んでみることにした。レアものの日本酒が置いてあるとか、通好みのウィスキーが置いてあるという感じではなく(さすがに居酒屋として打ち出してないから当然か)、手作りの、一工夫してあるお酒があるという感じ。一杯目に頼んでみたのは、自家製ジンジャーハイボール。ハイボールに、手作りのジンジャージャムのようなものが加えてあって、生姜の風味に手作り感があって美味しい。

gen_1


続きを読む

西船橋の立ち飲み屋「ぴんきり」に行ってきた。

西船橋駅の南口を出て左側(船橋方面)に行くと、居酒屋が何件か集まっているエリアがある。串カツ屋とか、博多屋台風の居酒屋とか、バリエーションは多い。そんな居酒屋が集まっているエリアにあるビルの地下に立ち飲み屋"風"居酒屋「ぴんきり」はある。

ビルの入り口にはこんな看板があった。
punkiri_1


続きを読む

「雪ん子」@西船橋のニラレバ炒め定食がスゴかった。

西船橋でランチを食べることになって、久々に行ってみたのが「雪ん子」。一応、札幌ラーメンのお店で、西船橋駅の北口から徒歩2分くらいのところにお店がある。隣は定食屋チェーンの松屋だし、向かいはラーメン屋の増田家だし…というわけで、割と激戦区の中に立地しているお店である。

この「雪ん子」は、昔ながらのラーメン屋さんって感じで、なぜかラーメンを頼むと金属製の丼で出てくる。ま、さすがにぬるいラーメンは出てこないので、必然的に金属製の丼がかなり高温になる(店員さんも「丼熱いから、気をつけて」と注意しながら出してくれる)わけだが、店員さんたちはフツーに熱々の丼を持っているので、ちょっと驚く。

…もとい。そんなラーメン屋さんのメニューにひっそり載っているのが、肉野菜炒め定食とレバニラ炒め定食(…たしか、そんな名前なはず…)ま、ラーメン屋さんにはありがちな定食メニューではあるが、ここ「雪ん子」で並んでいる、炒めもの系定食メニューは、この2つだった気がする。この炒め物系2種がかなりヤバいらしいという情報をネットで見かけて食べに行ってみた。

中華鍋がコンロに置いてあるので、それで炒めることは想像できたが、ふと、「あり得ない量のもやしが準備されているなー、他の人も頼んだかなー」なんて暢気に構えていたわけだが、ほどなくして出てきたレバニラが出オチみたいな状況だった。

西船橋の「雪ん子」のレバニラ炒め定食


この写真だとわかりづらいかもしれないが、もやしが「山」になっている。準備されていた大量のもやしは1人前分だったらしい…。ラーメン二郎のマシマシまではいかないが、なんとなくそっち方向のボリューム感だった。この多くのもやしのなかにニラとレバーが埋まっているわけだが、全体的に濃いめの味付けになっているので、思わずご飯が進んでしまう。(…とはいえ、味が変わらないので後半戦はちょっと厳しい。卓上の調味料でなんとか味変したいような気もする)

そして、途中でくじけそうになりながらでも、一旦、完食してみると、野菜(といっても主としてもやしだけど)を食ったなぁという妙な達成感に襲われる。ただ、レバニラ炒め自体の味付けだけでなく、付いてくるスープも味付け濃いめなので、のどが渇いてしまう…のは、まぁ、ご愛敬か。ランチで食べに行ったりすると、近所のお店よりは値段がちょっと高めなので、午後からの仕事にとにかく気合いを入れたいランチや、無性に達成感そのものを味わいたいときは、ある意味、手軽に味わえるので悪くないかもしれない。また、このボリューム感にしても、他の店でもこれだけがっつり食べようとすると1品じゃ済まないだろうから(笑)、そう考えると、コストパフォーマンスはそう悪くないと言えるかもしれない。


雪ん子 ラーメン / 西船橋駅京成西船駅東中山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3



行列のできる定食屋 「菱田屋の男メシ! 」 (オレンジページブックス)
菱田 アキラ(菱田屋)
オレンジページ (2017-11-04)
売り上げランキング: 641




亀戸の「らーめん潤」で燕三条ラーメンを食べてきた。

頻繁に出張にでかけてる同僚から、燕三条の地元のラーメンが旨いと聞いたことがあって、いつか食べてみたいなぁと思ったけど、さすがに近所じゃ食べられないだろうなあと思っていた。とあるラーメンブログを眺めていたら、ひょんなことから亀戸にあるラーメン屋さんで燕三条ラーメンが食べられることがわかったので、早速、行ってみた。

お店のWebサイトに地図が載っていたので、それを見ながら行ってみて…ここ、いつか来たことあるなぁと思ったら、先日、散歩したときに「らーめん潤」亀戸店の前を素通りしていたことに気がついた(汗)ま、しょうがないか。とりあえず、「らーめん潤」亀戸店の店構えはこんな感じ。

「らーめん潤」の店頭


続きを読む
記事検索
スポンサーリンク