おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

麺類

つだ沼そば@津田沼でそばを食べる。

ちょっとした用事で津田沼に行ったところ、ちょうど小腹が空いていたので、「つだ沼そば」で蕎麦をたべることにした。

「つだ沼そば」は、JR津田沼駅から新京成の新津田沼駅に歩いている途中にある、立ち食いそば屋だけど、これがただならぬ立ち食いそば屋だと思っている。某立ち食いそば屋のように、カエシたっぷりの濃いそばつゆではなく、ほどよい醤油にほどよいダシが効いた、良い塩梅ってのを見事に実現しながらも、立ち食いらしく、リーズナブルな値段で食べることができるので、この辺で、そばを食べたくなったら、「つだ沼そば」と決めている。

今回、オーダしたのは、鶏肉の天ぷらが載ってる「とり天そば」(…確か、そんな名前だった気がする…)に、かき揚げを追加したもの。

…今回も、食べ始めてから写真を撮っていないことに気がつくという情けない羽目に陥ったので、写真は割愛(汗)

ま、普通の立ち食いそば屋でてんぷら2つとなると、とにかくもう油ギッシュになって困り果てるところだけど、「つだ沼そば」のかきあげは、不思議に軽く、さくっとしてるのがいい感じ。鶏天は、しっとりとしてて、そばつゆにつけて食べるとなんともうまかった。

あと、そばの麺自身もしゅっとした麺である。駅の中でそばをたべると、茹でてどれくらいの時間が経過しているのかよくわからない麺を無理矢理ひっぱりだして、お湯につっこむ光景を目にすることになるが、「つだ沼そば」では、どうも茹でたてに近いそばを食べさせてくれるのではないだろうか。それもまた「つだ沼そば」の魅力のひとつであろう。

あっさりと完食して出て行こうとしたら、店内はおじさん率が高かった。おじさんはなんだかんだで旨いものを知っているもんだなぁ…と思って、隣を見たら、女子高生くらいの女性もそばをすすってて、ちょっと驚いた。まぁ、旨いモノには世代は関係ないってことだろうか(汗)





つだ沼そば (そば / 新津田沼、津田沼、京成津田沼)
★★★☆☆ 3.5



「せたが屋」@品達でつけ麺食べた。

ちょっと品川界隈に用事があったので、品川へ出張。船橋あたりから品川はやっぱり遠いなぁと実感してるうちに、品川に到着して早々に用事を終えて、昼食を取ることにした。

品川駅から少し歩いたところにある、「丸亀製麺」が相当に混雑していたので、視界の端にとらえつつもパス。で、しばらく歩いているうちに、品達が見えてきた。


品達の看板。

まずは、どんぶり五人衆が見えてきたけど、ちょっと暑いのでスタ丼はパスだし、海鮮丼もなぁ…と思って歩いているいるうちにラーメン屋が見えてきた。

個人的に興味を持ったのは「せたが屋」。豚骨はちょっと重たいなぁと思っていたので、行ってみたいと思いつつも、いまだ行けていなかったことをいいことに行ってみた。



店の入り口に、券売機が置いてあって、チケットを購入するシステム。こういう券売機の前でフリーズしているおじさんをよく見かけるが、、、案の定、私もフリーズしてしまった。

迷ったあげくに購入したのは、つけ麺と、肉めし(…記憶が怪しいけれど、券売機にはなんか別の名前が書いてあったような…)。きわめて、普通のメニューではあるけれど、ラーメンにご飯の組み合わせって、炭水化物のパレード(汗)

オーダーして待ってたら、とりあえず「肉めし」が出てきた。

せたが屋のにく飯。

この手のサイドメニューは、個人的には、アタリ/ハズレの格差が結構大きくて覚悟はしていたんだけど、「せたが屋」はアタリだった。肉がとってもジューシーなんだけど、しつこくないのがさすが。ご飯と良く合う。

せたが屋のつけ麺。

肉めしを食べてたら、つけ麺が到着。麺はストレート。太くもなく、細くもない…という印象の麺だった。食感もしゅっとしてて、歯触りが心地よい。

つけ汁は、魚(煮干し?)の印象が強いけれど、「ガツン汁」なるラーメンタレを机の上に置いてあるせいか、味が薄めだし、ちょっと温度が低いのが個人的に微妙な感じがした。麺との相性が悪くないだけに、ちょっと残念だった。スープに沈んでいる肉とメンマはうまかった。

つけ麺やラーメン以外にもいくつかメニューがあるようなので、また近くを通りかかったら食べに来たい。
噂のつけめん〈2009〉―噂のラーメン特別編 首都圏版

日本出版社
売り上げランキング: 123128

せたが屋 (ラーメン / 品川、北品川、高輪台)
★★★☆☆ 3.5

記事検索
スポンサーリンク