おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

麺屋あらき

「戯拉戯拉」@船橋でラーメンを食べてきた。

かなり前、船橋を歩いているときに新店開店の花が出ているのを見つけて、近寄ってみたら、ラーメン屋が出来ていて、「戯拉戯拉」って漢字で店の名前が書いてあったけれど、読み方がわからなかった。

で、発見当日はこれから夕食ってタイミングだったのでとりあえずスルー。帰宅して、ネットで調べてみると「ぎらぎら」と読むらしいことと、船橋界隈で急成長している「麺屋あらき」の新店であることがわかったが、その後もずっとスルーし続けていたので(汗)先日、改めて、行ってみた。

店内の席数は7席くらいで、非常に狭い。券売機が入り口にあるので、そこで食券を購入する方式だが、同じメニューで複数のボタンが設定されているせいか、思わず迷ってしまう。

で、とりあえず、「極旨ラーメン」と「もやきゃべ」を選んでみた。

後からやってきたおばあちゃんがチャーシュー麺的なものを頼んでいたようだが、チャーシューは、バラ肉とロース肉が用意されているらしく、どちらかを選ぶことができるようだ(おばあちゃんはしばらく考えた末に、あっさりした方ってことでロース肉のチャーシューを選んでいた)

そういえば、「麺屋あらき」のお店だからだろうか、「麺屋あらき 竈の番人外伝」@西船橋のどんぶりと同じどんぶりだった気がする。

で、出てきたのが写真のラーメン。上に乗ってるきゃべつともやしが「もやきゃべ」(…ってことに後から気がついたんだけど)

20091009123200

麺は「麺屋あらき」と共通なんだろうか、丸い断面で歯触りの良い麺。スープはとりあえず濃い。濃いと言っても辛いわけではなくて、濃度が高いというのが正確な表現なんだろうか。「竈の番人」とは違って、スープには魚介系のスープが入ってる感じがあんまりしない。行徳の「葫」とか、本八幡とか津田沼の「なりたけ」とか、あんな感じのスープを濃くしたような感じ。

なかなかおいしいような気がしたけれど、食べ進めているうちに、スープの「濃さ」が「飽き」を招いてしまうような気がした。「もやきゃべ」でアクセントを付けたのは正解だったかもしれない。味はともかく、この「濃さ」は好みが分かれるかもしれない。

ラーメン以外にもつけ麺があったと思うので、今度はつけ麺を試してみようかと思う。


最新ラーメンの本 Vol.5 首都圏版 (CARTOP MOOK)

交通タイムス社
売り上げランキング: 47552


麺屋あらき 竈の番人外伝でスタミナなんとかを食べる(汗)

仕事帰りに、西船橋の「麺屋あらき 竈の番人外伝」に寄ってみた。21時くらいだったけれど、お客さんは皆無。うーむ、こんなこともあるんだなーと思いつつ、券売機を眺めてみると、見たことのないメニューを発見。

スープのないラーメンなんだけど、スタミナなんとかって名前が付いていた(汗)。(うーむ、なんて名前だったか思い出せない)ま、とりあえず食べておくかということでぽちっとな…と。

スタミナなんとか@麺屋あらき竈の番人


店員さんに「にんにく入りますけど、いいですか?」って聞かれてOKと答えてみた。んで、やってきたスタミナなんとかは、暖かい麺の下に、少しスープがあって、麺の上には、野菜と味噌(肉味噌)と海苔とかつおぶし。あと、生卵が乗ってた。で、オーダー後に聞かれた「にんにく」は、刻んだにんにくの醤油漬けのようなもので、船橋や津田沼の無限大で出てくるにんにくだった。

とりあえず、にんにくを避けて混ぜてみて、混沌とした状態にしてみた。生卵のおかげで、するすると食べられるし、キャベツの食感もあって、なかなかいい食感。で、肉味噌との相性もいいし、油っぽい感じでもなく、時折、にんにくと一緒に食べてみると、それなりに「がつん」とくる風味も出て、個人的には好感触だった。ただ、にんにくは生にんにくなので…臭いは要注意だと思う。


ラーメンマップ千葉3
ラーメンマップ千葉3
posted with amazlet at 09.11.15
山路力也
幹書房
売り上げランキング: 242145



麺屋あらき竃の番人外伝 (ラーメン / 京成西船、西船橋、東中山)
★★★☆☆ 3.5


記事検索
スポンサーリンク