おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

讃岐うどん

讃岐直送うどん「さいた川」で、讃岐うどんを食べた。

ぼんやりと、新小岩から船堀街道を通って西葛西まで散歩した帰り、西葛西の団地のあたりを歩いていたら、偶然にも発見したのが、讃岐直送うどん「さいた川」という、讃岐うどん屋さん。

「さいた川」というと、香川県の西讃地方を流れる、財田川から来てると思われる。店主が西讃の出身なんだろうか、なんてことを考えつつ、お店に入ってみた。

団地の1階、商店が並んでいる、その端っこにあって、そんなに大きなお店ではないものの、日曜の昼下がりにしてはお客さんが入っているのが見えた。店内は、カウンターが数席、テーブル席が数卓。そして、カウンターには一人客が2,3人。テーブル席は空いている席の方が少ない感じだった。

メニューは、かけうどんとぶっかけうどんが中心。それに天ぷらを載せるかどうかというオプションがある感じ。ランチメニューでご飯が付いてるメニューも用意されていたが、昼下がりの時点で品切れてたから、お客さんが多かったのか、用意が少ないのか…とりあえず、ランチメニューを食べたいのであれば、普通に昼にたどり着く必要があるということだろう。

オーダーしたのは、ちくわの天ぷらが載った、冷たいぶっかけうどん。それに、かしわ天を載せて、大盛り(麺1.5倍)にしてみた。これでちょうど1000円。ま、香川ならもう少し安い気もするが、ここは西葛西なわけで…と。

「さいた川」@西葛西のぶっかけうどんにちくわ天とかしわ天

天ぷらも揚げたてだし、麺も茹でたて。これで外れるなんてことはそうないはず。個人的な好みを言えば、あと1分くらい茹でてもらった方がいいような気もするが、香川でうどんを食べたことがない人たちがコシらしいコシを楽しみたい向きにはこれくらいがいいのかもしれない。

特にアップで撮る意味もないけれど、アップの写真。割と細めのうどんだった。

讃岐直送うどん「さいた川」@西葛西のうどん


ぶっかけうどんに、讃岐のてんぷらが2切れほど入ってた。なんとなく懐かしい。

讃岐直送うどん「さいた川」@西葛西のうどんに付いてた

「讃岐直送うどん」というのは、香川県でうどんを打って、それを使っているということらしい。あと、ゆで時間が多少かかるものの、オーダーのたびに、茹でたてを提供しようということのようで、好感が持てる。

さいた川@西葛西の張り紙

ただ、ゆで時間がかかるということならば、香川のうどん屋では、おでんを用意していてたりするのだが、残念ながらおでんは見当たらなかった。それに、せっかく、うどんを茹でているのだから、釜揚げうどんを用意してくれてもうれしいなぁと思うのだが、かけうどんとぶっかけうどんの用意のようだ。

とはいえ、西葛西の、しかも、駅から近いところで讃岐うどんが食べられるというのはありがたい。また、時間を見つけて食べに行こうと思う。

讃岐直送うどん「さいた川」@西葛西のはし袋


さいた川うどん / 西葛西駅

昼総合点★★★★ 4.0




麺通団と週刊!超うどんランキング 第1巻 讃岐うどん・珠玉の名店篇 [DVD]
ポニーキャニオン (2012-04-18)
売り上げランキング: 4414



麺通団と週刊!超うどんランキング 第2巻 讃岐うどん・伝説の逸品篇 [DVD]
ポニーキャニオン (2012-05-16)
売り上げランキング: 4803

丸香@神保町で、冷たい肉うどん食べた。

先日、神保町の讃岐うどん屋さん「丸香」に行ってきた。

土曜日の昼時だから、多少の行列は覚悟していたが、行列は隣のブラッセルズの看板の前を通り越して伸びていた。まぁ、うどんなので回転は速い。とりあえず、並ぶことにした。

ちょっとずつ列の前方に進んでいく途中で店員さんからメニューを手渡された。まぁ、たいして変わってないだろうから、いつものように「ひやかけ」にしようと思っていたら、新メニューが目にとまった。

「冷たい肉うどん」

メニューによれば、かけだしと赤ワインと和讃盆のカラメルを加えたダシで牛肉を煮込んだらしい。これがひやかけの上に乗っかっているイメージだろうか。これは食べねばなるまいということでオーダー決定。「冷たい肉うどん」の2玉に、げそ天とかしわ天だ(…まぁ、食べ過ぎは明らかだが、讃岐人はうどんを納めるための胃があるのだ…うそ。)オーダーが決まったのに、しつこくメニューを眺めていたら、写真撮影禁止って書いてあったので、うどんの写真を撮ることを諦めた。

ほどなく店内に案内されて席についた。席に着く前にオーダーしておいたせいか、すぐにうどんが届いた。おぼんにペッパーミルが乗っかっていた。どうやら、肉うどんの牛肉にはペッパーがあうということらしい。うどん屋でペッパーミルなんて珍しい。しかも、牛肉には、にんにくチップと鷹のつめが加えてあって、なんだか凝ってる感じがある。ネギはやっぱりこのネギじゃないとねって感じのネギ。香川だと西讃のうどん屋に多いタイプのネギかなぁと。

凝った牛肉とさっぱりしたダシの相性はいい感じ。うどんはいつもどおりの申し分ない麺だった。ただ、ダシに浸かった、凝った牛肉がとってもうまいせいか、うどんと牛肉、ダシの三者できっちり相性がいいかというと、、、うーむ。結局、(忘れてて)胡椒を入れなかったけど、胡椒を入れるとまたちょっと変わったのかもしれない。

ゲソ天のボリューム感とクリスピーな感じもいい感じだったし、かしわ天のしっとりした食感も私の好みだった。その天ぷらを冷えたダシに浸して食べてみても、やっぱりうまかった。

やはり、うどん屋としての満足度は高いなぁ。というわけで、また来よう。


超麺通団3 麺通団のさぬきうどんのめぐり方
田尾 和俊
西日本出版社
売り上げランキング: 8337
おすすめ度の平均: 4.5
5 うどん巡礼ツアーに
5 うどん好きには大変な参考書
5 うどんを軸に香川を楽しむ本
4 うどんだけで高松に行けるか?
4 うどん巡りに行く人も、行かない人も楽しめる




丸香 (うどん / 神保町、新御茶ノ水、御茶ノ水)
★★★★ 4.0


記事検索
スポンサーリンク