おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

船橋

やはり船橋のピザ屋さん「キャメルピッツァ」のピザが旨かった

先日、ごぶさたしてしまっていた、船橋のピザ屋さん「キャメルピッツァ」にお邪魔してきた。お邪魔するのは何回目か数えるのはやめてしまったけれど、毎回、焼きたてのピザはこんなに旨いのかと感動することができる。哀しいのは私の帰宅する道程からすると、真逆の方向にお店があることだ(汗)

お店に到着して、ビールを飲みながら、オーダーしたのが「窯焼きキャベツ」。

camel5


石窯でキャベツを焼いて、アンチョビソースをかけたものだ。キャベツの甘みと、アンチョビの塩辛さの相性は素晴らしく、ビールが進む。

次にオーダーしたのが「石窯で焼く、ホンビノス貝のジェノベーゼ焼き」。船橋の漁港で絶賛売り出し中の「ホンビノス貝」にチーズを載せて、さらにジェノベーゼソースをかけて、石窯で焼いたものだ。

camel1


ホンビノス貝ははまぐりによく似ているけれど、はまぐりほどは貝自体の味が濃くないので、こういった料理にははまぐりよりホンビノス貝の方が合うような気がしないでもない。

camel2


食べ終わった後、ホンビノス貝の貝殻にホンビノス貝のジュースとバジルソースが混じったモノが残っていた。ホンビノス貝の旨みとバジルの香り。正直なところ、2度楽しめた(笑)

そして、ピザをオーダーしてみた。まずは、「マルゲリータにトッピングまさし」。マルゲリータという定番のトマトソースベースのピザだけど、それにトッピングが追加されていて、それが「まさし」。

もちろん、「まさし」という食材が載っているわけではなく(そりゃそうだ)、常連の「まさし」さんが考案した、ピザのトッピング「ホワイトソース」のことだ。トマトソースにホワイトソース。一見すると、ピザのクラストの上で何かが起きそうな組み合わせだけど、意外にもしっくり来る。これは、お店で手作りしているホワイトソースが"濃い"感じではなく、うまくトマトソースと合うように作られているからだろう。トッピング「まさし」のために、キャメルピッツァ足を運んでみるのもアリだと思う。

camel3


続いて、スペシャルきのこ。キノコたっぷり、チーズたっぷりの一枚。窯で焼かれた、エノキやシメジの食感がたまらなくいい。

camel4


そして、最後にジェノベーゼソースのピザ。キャメルピッツァのジェノベーゼソースは、おそらくはフレッシュバジルを使っているんだろうけれど、香りが豊か。あぁ、バジル食べてるって実感できる。

camel6


ピザといえば、宅配ピザを想起させるほど、宅配のピザは市民権を得ているし、確かにシーンによっては、手軽に味わえて美味しいなぁと思うこともあるけれど、でも、窯で焼き上がったばかりの焼けた香ばしさや、ピザのトッピングの香りが立っている感じは、簡単には宅配できないだろう。

なんせ宅配のピザは焼きたての蒸気を箱の中に閉じ込めるしかないわけだが、その蒸気がクラストやトッピングに返ってきてしまうからだ。要するに、窯で焼いたピザならではのおいしさはお店で焼きたてを味わう以外に術がないのではないだろうか。キャメルピッツァのピザは値段も手頃なので、ちょっと試しに"窯で焼きたて"のピザを試してみるにはちょうどいいお店だと思う。

あ、そういえば、キャメルピッツァのマスターが、毎月11日は生地を手ごねするって仰っていたような気がする。手でこねた生地が美味しいのは確かなんだけど、毎日、生地を手ごねするととても間に合わない…というジレンマがあって、でも、やっぱり美味しいピザを食べてもらいたいから、せめて月に1日くらいは頑張って生地を手ごねで用意するらしい。

…ってことを、15日頃に思い出したので私はまだ手ごね生地のピザを味わえていない(涙目)

船橋の「キャメルピッツァ」でピザを食べた

船橋にピザ屋さんが新規開店したという話を聞いたので、素直に食べに行ってみた。お店の名前は「キャメルピッツァ」。お店の場所は…正直、分かりづらい。

とりあえず、目指すべきは「吉光 船橋北口店」(他にわかりやすいランドマークを思いつかなかった…) 吉光の、道路を挟んで向かいにダイヤパレス(正式には、ダイヤパレス ステーションプラザって建物らしい)があるんだけど、そこの1階に飲食店がいくつか入っていて、その一番奥。故に、通りからは全く見えない。例えば、近所を歩いていて、ふらっと…という形でたどり着くのはほぼ不可能に近いと言っても過言ではない。故に、「キャメルピッツァ」を目指していかなくてはならないけれど、わざわざ目指して出かける価値は充分にある、と思う。「キャメルピッツァ」を目指していく場合は、この看板を目印に。…とはいえ、この看板はお店の前に行かないと見えないんだけども(汗)

キャメルピッツァの看板

もとい。ピザが焼けるまで…と思ったら、石窯でピザを焼くので、すぐ焼けるらしい。でも、ささっとピザ食べて帰るのはもったいないような気がする。というのも、天井近くに細かい文字で書かれたメニューがぶら下がっていて、アサリのワイン蒸しとか、チーズの盛り合わせ、プロシュートボンバーとか…一杯飲みたくなるようなメニューがずらっと並んでいる。これは食べずにいられない。…きっと、焼きたてのピザを食べ始めたら、際限なく食べてしまいそうなので、摂取カロリー調整のためにも、ビールやワインを飲んで調整しておくのがいいかもしれない…と、ちょっと思った(汗)

で、出してもらったのがこちら。

キャメルピッツァのハモンセラーノとか。

ハモンセラーノやサラミの盛り合わせ(…だったと思う)。これと、琥珀エビスを合わせるもよし、赤ワインと合わせるもよし。ピザ前のメニューも食べ過ぎそうで、これまたやばいような気がしてきた。そして、何品か出してもらって、満を持して窯でピザを焼いてもらった。

キャメルピッツァのピッツァ!

ピザというと、一般的には宅配ピザ。ま、アレはアレで美味しいし、温かいけれど、焼いてから時間が経っているものだということが、「キャメルピッツァ」のピザを食べるとわかる。なんせ、熱いのだ。焼きたてのピザが木のお皿に載ってくるんだけど、まず、木の皿が熱くなっている。焼きたてのピザってのはかなり高温になっているわけで、それを熱いまま食べたら…まずいはずがない。バジルの香りがさわやかで、何枚でも食べられそうな感じ。しかも、1枚のサイズが大きくないこともあって、さくっと次のピザをオーダーしてしまいそうになる。

電話やネットでピザをオーダーするのではなく、ピザを食べに行くというのはひとついいことかもしれない。


キャメルピザピザ / 船橋駅京成船橋駅東海神駅

夜総合点★★★★ 4.0


「四川火鍋専門店 みやま」で火鍋を食べた。

同僚に「火鍋」を食べに行かないかと誘われた。しかも、相当に辛くて痺れる火鍋らしい。思い出してみると、火鍋が日本人の食卓で市民権を獲得して久しいが、一回も食べたことがなかった。うーむ、ちょっと不安だけど、食べておいて損はないだろうくらいの軽い気持ちで食べに行くことにした。

で、船橋駅で降りて京成船橋駅の方に歩いて、京成船橋駅のすぐ近く、少し奥まったところに「四川火鍋専門店 みやま」があった。

同僚が予約しておいてくれたので(同僚によると、火鍋の人気店なので予約なしでお邪魔すると、入れないこともあるらしい)、机にカセットコンロと、赤いスープと白いスープの2つのスープが注がれた鍋がセットされていた。赤い方のスープは、凶悪な赤さのスープに、数本の鷹の爪がぷかぷか浮いていたのが印象的だった。

火鍋に投入する具は、セットもあれば、アラカルトで選べるようにもなっている。野菜やきのこ、豚肉といった鍋の具としてオーソドックスなものから、ホンビノス貝とか台湾ソーセージ(香腸?)といったちょっと他では見かけないメニューもちらほらと。ホンビノス貝というのは、そもそもは北米に生息してた貝で、海外からの船にくっついて東京湾にやってきたと言われていて、船橋港あたりでも採れるらしい。貝のサイズといい味といい、ハマグリによく似ていてて美味しい貝だ。

一通り、具をオーダーして、コンロに火を入れる。しばらくして、スープが沸き始める。これはいかにも凶悪な光景であった(汗)

四川火鍋専門店 みやま@船橋の火鍋

メニューを眺めてみると、だいたい500円/1人前くらいが平均だろうか。メニューを眺めていたら、ほどなくして具が運ばれてきた。具は1人前ずつオーダーしたのだが、かなりのボリューム感。さすがに、火鍋は1人では食べに行きづらいことを考えると、3、4人で火鍋を食べに行くことになるだろう。3,4人で食べに行っても1人前頼めば、その具について満足できるくらいのボリューム感というか、コストパフォーマンス高いなぁという位のボリューム感だった。

具を凶悪なスープに投入してしばらく待って、食べてみる。じーんと辛い。辛いだけじゃなくて、複雑な味がする。どことなく痺れるような感じもあるし…と。豚バラ、ハチノスなど、肉系の具は凶悪な赤いスープがよく合う。葉物の野菜やキノコは白いスープで煮て食べてみる。赤いスープのインパクトの鮮烈な辛さもいいけれど、ずっと食べ続けるのは辛いので、赤いスープと、白いスープの使い分けができて、また赤いスープで食べたいと思わせるのは、火鍋の仕組みの凄いところかもしれない。

ビールと赤いスープ、ときどき、白いスープを何回も繰り返して、気がついたらお腹いっぱいに。うまかったなぁ。で、食後、しばらく経って気がつくのは、赤いスープの強烈な辛さと痺れがすっと消えていること。変な話ではあるけれど、食後にも関わらず、また食べに来たくなっている。いや、お腹いっぱいなんだけど(汗)

店員さんの様子を見ていると、周囲は常連さんばかりのようだった。結局は、常連さんで予約が一杯のお店ということだろうか。食後に、また食べたくなっているあたりからしても頷ける。また、予約して食べに来ようと思う。



四川火鍋専門店 みやま中国鍋・火鍋 / 京成船橋駅船橋駅東海神駅

夜総合点★★★★ 4.5


「麺家 弘」@船橋で家系ラーメンを食べた。

同僚から船橋駅前に家系ラーメンのお店がオープンしたという話を聞いたので、素直にでかけてみた。JR船橋駅の南側に出て、中華料理の「栄華光」の隣にそのラーメン屋さんはあった。


麺家 弘@船橋の看板

普通、「麺屋」と書いたりすることが多いが、こちらの店は「麺家」。ということで、家系ラーメンなんだろうなぁということで勝手に了解してみた。

私が訪れたときは、オープンから間もなかったせいか、なんだかオペレーションがいまいちな感じだった。そのイマイチ感が極まって(…関係ないか)食券の券売機が動いてなかった。なんかもうバタバタしているわ、券売機で食券買えないわで、お店側は大変そうな感じ…だと思ったけど、ラーメンを作っているマスターらしき人は余裕そうな笑みを浮かべていた。

券売機で買えないということで、券売機を眺めながら、おじさんにオーダーしてお支払いをすると、手書きのチケットがもらえた。そして、席に案内されてしばらく待っていたら出てきたのが、この「もやチャ」。

麺家 弘@船橋のもやチャ

六角家だと「キャベチャ」だし、この「麺家 弘」@船橋にも「キャベチャ」はあるのだが、券売機を眺めていたら、「もやチャ」なる謎のメニューがあったので、とりあえず、オーダーしてみた。

要するに、きゃべつ+チャーシューの切れ端=「キャベチャー」だとすると、これは、ゆでたモヤシ+チャーシューの切れ端=「もやチャ」なわけで、味的にも、この足し算通りの味だった。ただ、ごまがかかってたのは意外と美味しかったような気がする。

「もやチャ」をつまみながら待っていると出てきたのが、このラーメン。

麺家 弘@船橋のラーメン

とんこつ醤油のスープに、ほうれん草。まさに家系ラーメンだ。ただ、なんとなくライトな感じというか、コクが薄いというか、でもまぁ、これも好みかなぁというか。なんとなく、このキーワードを並べた感じで分かって欲しい感じだ(…雑だな)私の感覚に過ぎないが、確かに食べやすいのだが、ガツンと来る何かが足りないような印象を受けた。うーむ、家系ってこんな感じだっただろうか。

なんとなく、この感覚をもう一回確認したいので、きっと再訪しそうな気がするなぁ。

そんな微妙な感覚を覚えてしまったが、JR船橋駅前兼京成船橋駅前という便利な立地なのでお客さんは次から次へとやってきていて、列は絶えない感じだった。







麺家弘 ラーメン / 京成船橋駅船橋駅東海神駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0




六角家@船橋で家系ラーメンを食べてきた。

ふと思い立って、JR船橋駅の奥にある、船橋シャポーの奥にある「六角家」に行ってきた。

ここの「六角家」は、店の外にある券売機でチケットを買うシステム。定番の「ラーメン中」チケットと「キャべチャー」チケットを購入。店内は、ほとんどカウンターだけど、4人がけのテーブル席が2つだけある。ま、一人だったので、カウンターに案内された。

店員さんに好みを聞かれるのだが、これが常連と非常連を見分ける最も簡単なポイントになる(いや、見分けたからって何にもないんだけども…)私は常連らしく、何にも見ずに「アジコメカタメ」とつぶやいておいた。

ほどなくして、キャべチャーが登場。WikiPediaによると、家系ラーメンにはいろんなキャべチャーが存在するらしいが、六角家@船橋のキャべチャーは、生のキャベツに、刻んだチャーシュー(というか、きっとチャーシューを切ったときのきれっぱし)を乗せて、ラーメンたれをかけた…簡単なもの。食べ方はいろいろありそうだけど、私はラーメンが来るまでにぱりぱりとつまむことにしている。

六角家@船橋のラーメン

六角家のラーメンは、時と場合によって濃度に差があるものの、そんなに濃い感じではない家系ラーメン…だと思っている。…ので、割とささっと食べられる。太い麺と豚骨スープ、あと、ほうれん草のトッピングの相性はやっぱりいい。

…また近々やってくるんだろうな。


ラーメン王・石神秀幸のラーメン鑑定団 完全版 (小学館C&LMOOK)
久部 緑郎 河合 単
小学館 (2011-02-26)
売り上げランキング: 13765



六角家 船橋店ラーメン / 船橋駅京成船橋駅東海神駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



記事検索
スポンサーリンク