おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

稲毛

らぁ麺三軒屋@ワンズモールで「がっつり野菜そば」食べてきた。

またもや、ちょっとした用事でワンズモールへ。

千葉北インターのすぐ近くという、ワンズモールのロケーションからして、車で5分でも行けば、食事をとれそうな店がいくつかあるので、その辺で…ということになりそうではある。しかし、車がない状態で昼飯を食べることになったら、とりあえず、「ラーメン劇場」で食べるかということになる。

…というわけで、ぼんやりとまたラーメン劇場へ。「戯拉戯拉」は船橋にあるから、いつでも食べにいけるしなぁ…なんて、非積極的な理由でラーメン屋さんを選んだ末にたどり着いたのが、「らぁ麺三軒屋」。

本店がいすみ市で、茂原に支店があるという店構えなので、車をもっていない私にとっては、ワンズモールで食べないと、、、おそらくは食べる機会がないラーメン屋さん。

券売機でメニューを眺めてみると、ベジポタスープ(野菜を溶かし込んでポタージュ状にしたスープらしい)というキーワードに惹かれつつも、結局、ラーメン二郎っぽい風貌の「がっつり野菜そば」を押してしまった。(…二郎こそ、いつでも食べられるだろうに…)で、「野菜増し」のオプション付き。

らぁ麺三軒屋@ラーメン劇場のがっつり野菜そば

とりあえず、見た目としては、薄ーくて炙ってるチャーシューが二郎と大きく違うところで、もやしで麺が見えないあたりは似てるかもしれない(汗)スープは醤油。スープが単純に豚だけじゃない(なんか豚以外の何かが入ってる気がしたけど)ような気がしたけれど、そんなに強烈なインパクトはなかった。

で、ニンニク。がっつり野菜そばは、券売機の写真にもあったけど、ニンニクがのってるのだ。ただ刻んだニンニクではなくて、ラーメン無限大のニンニクのような、刻みニンニクの醤油漬けが鎮座される。まぁ、二郎っぽいような気がしたけど、二郎はただの刻みニンニクだから、どっちかというと「角ふじ」っぽいといった方が正確なのかもしれない。また、麺は太めだったけれど、これまた印象がないんだよなぁ。。。太い割にはつるっとしてたかなぁ…みたいな。

結局、確かに普通のラーメンよりはがっつりと野菜が入っているけれど、「二郎」ほどパンチが効いてるわけでもなく、「角ふじ」ほどボリューミィでもなく…。でも、ニンニク醤油漬けがあるから、二郎とか角ふじっぽい雰囲気を味わいつつも、すんなり食べられるラーメン。

もし、今度食べることがあったら、ベジポタスープを試してみようかと。

東京背脂 福たけセブン@ワンズモールで煮干しラーメン食べてきた。

ちょっとした用事で、千葉市稲毛区のワンズモールへ。

ま、ワンズモールは、普通のショッピングセンターだけれども、、「ラーメン劇場」という、ラーメン屋集積(汗)がある。ここに千葉県のラーメン屋が次々と出店していて、しばらく経つと閉店するため、久しぶりに行ってみるときれいさっぱりお店が入れ替わっていたりするから、なかなか興味深い。

ラーメン劇場@ワンズモールの看板

ワンズモール内の看板を見てみると、以下のような感じ。6店舗くらいのラーメン屋があるようだ。よく見てみたら、やっぱり前回来た時とは別のお店が入っていた。どこのラーメン屋で食べたものかと悩んでいたが、意を決してチケットを購入したのが、「東京背脂 福たけセブン」ってお店。

まぁ、「戯拉戯拉」は船橋にあるから、いつでも食べられるし、魂麺系も元八幡に行けばなんとかなりそうではあるわけだから、食べたことのない千葉市のラーメン屋「東京背脂 福たけセブン」をチョイス。

で、店の看板で「東京背脂」と銘打っているのに、私が買ったチケットは煮干ラーメン。まぁ、あっさりしたものを食べたかったんだから、仕方がない(笑)で、ほどなくして出てきたのがこのラーメン。

福たけセブン@ラーメン劇場の煮干しラーメン

煮干系のラーメンスープと言えば、赤坂味一@船橋を思い出すけれど、どちらかと言えば、「福たけセブン」の方が、まったりとしたコクを感じる。うーむ、なんだろう。赤坂味一ほど煮干しが効いていないせいだろうか。麺は細めで、スープとの相性は上々。…で、ほどなく完食。

赤坂味一の大盛はヘビーだけど(汗)福たけセブンでは大盛りにした方がよかったかもしれないなぁと。



野武士のグルメ
野武士のグルメ
posted with amazlet at 09.12.19
久住 昌之
晋遊舎
売り上げランキング: 19289
おすすめ度の平均: 3.5
5 「食」にまるわる宝珠の物語
3 ちょっと残念かも…
2 要注意
4 活字版『孤独のグルメ』
3 泉昌之というコンビの素晴らしさを再認識

栄家@稲毛でラーメンを食べてきた。

この前の日曜日。稲毛サティに用事があったので、ついでに昼飯でもと思って、ラーメン屋を探してみたら、見つかったのが「栄家」。「栄家」というと、なんとなく家系ラーメンなのかと思って身構えてしまったが、そうではなくて、昔ながらの醤油ラーメンがいただけるらしい。

「栄家」はJR稲毛駅から歩くと、ちょっと時間がかかるし、途中でいくつかラーメン屋とか他の飲食店があったので、その誘惑に負けそうになりながら、なんとか到着。

店内は、いたって普通のラーメン屋風で、店主っぽい男性と、その奥さんとお手伝いのおばさんという感じの3人で営業していた。で、とりあえず、空腹だったのでラーメンとミニチャーシュー丼のセットをオーダー。ラーメンを待っている間に周囲を見回してみると、おじさん率高し。やっぱり、昔懐かしい系ラーメンにはおじさんが来やすいのだろうか。

ほどなくしてラーメンが出てきたけれど、速攻で食べ始めてしまい、うっかり写真を取り忘れてしまったので割愛(汗)

スープはなんだかとてもすっきりしている醤油味。ダシ成分がごちゃごちゃ入っていない感じがかえって、食欲をそそられてしまう。うーむ、おじさんはうまいものを知ってるなぁ。表面に浮いている脂がなんだか軽い感じではあるんだけれど、コクを生んでいる気がする。麺は細麺。スープとの相性がいいというか、バランスがしっくり来てる。匠の技って印象。個人的には、醤油ラーメンってそんなに好きじゃない…というか、塩と醤油なら塩を選ぶ感じなんだけど、この醤油ラーメンだったら醤油ラーメンでもいいかなぁ…と。

稲毛って割とラーメン屋が多いけれど、これは生き残るだろうなぁと思えるラーメン屋さんだ。

アフィリエイト:

ラーメンwalker(千葉 2009)


栄家 (ラーメン / 稲毛、京成稲毛)
★★★☆☆ 3.5


記事検索
スポンサーリンク