おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

東京駅

麺や 七彩@東京ラーメンストリートで喜多方らーめん(塩)を食べた。

八重洲で友人たちと飲んだ帰り、危険なパターンだとは知りつつも、シメのラーメンへ。八重洲のあたりにも山頭火もあるし、中華料理店のラーメンも捨てがたいなぁ、なんて思いつつも、そういえば、改装後に未だ訪れたことのなかった東京ラーメンストリートのことを思い出して、東京ラーメンストリートに行ってみることに。

八重洲からは一旦、地下街に降りると、あとは歩いて東京ラーメンストリートまで行くことができた。

東京ラーメンストリートにたどり着いてみると、六厘舎には行列ができていた(汗)ざっと、30人くらいは並んでいただろうか。六厘舎は相変わらずの人気だなぁと思いつつ、周囲のお店を眺めてみたが、どの店もそれなりに客が入っている。東京ラーメンストリートの人気は相変わらずといったところだろうか。

で、飲んだあとなのであんまり並びたくないなぁと思いつつ、すんなり入れそうな感じだったのが「麺や 七彩」どうやら喜多方ラーメンらしいので、飲んだ後には悪くない、と思った。(視線の脇に「ジャンクガレッジ」が見えたけれど、ジャンクガレッジに向かう勇気はなかった…汗)で、適当に喜多方ラーメン(塩)のチケットを買ってから、大事なことを思い出した。…喜多方ラーメンって醤油じゃん(汗)

とりあえず、出てきたのがこちら。

麺や 七彩@東京ラーメンストリートの喜多方らーめん(塩)

すっきりとした色のスープに、太めで縮れている感じの麺。それに、細いメンマ、チャーシュー、ねぎ。ぱっと見た感じはオーソドックスな感じのラーメン。この太くて縮れている麺はスープと絡むし、表面のツルッとした感じとか、噛んだ時の不均等な食感とか…悪くない。スープに浮いている脂も少なめで、あっさりしたような印象。

ただ、おそらくは飲んだ後だからだと思うけれど、スープの塩分が少し物足りないように思えた。きちんと取られたダシというか、スープ自体はおいしいんだけど、タレが少し足りないので、ラーメンのスープとして見たときに、インパクトが少しかけるし、どことなくぼやけた味になっているような印象だった(もしかすると、麺の湯切りが甘かっただけなのかもしれないけど)

タレが物足りなかっただけど、スープはしっかりしているし、麺もおいしかった。他にも担々麺や味噌ラーメンもラインナップされていることだし、また訪れてみたい。

宮城のラーメン170杯
宮城のラーメン170杯
posted with amazlet at 12.01.03
S-style編集部
プレスアート
売り上げランキング: 52525



麺や 七彩 東京駅ラーメン / 東京駅京橋駅二重橋前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


味の牛たん 喜助 東京駅八重洲北口店で牛たん焼きを食べた。

先日、東京駅の近くを通る予定があったので、ついでに八重洲北口の飲食店が集まっているエリア(どうやら、東京駅八重洲北口キッチンストリートというらしい)に立ち寄ってみた。時間は16時近くではあったものの、とりあえず、昼めしを食べるタイミングを逸していたので、空腹感はあったが、多くの店は休憩中な感じでお客さんもとてもすくなくふらっと入りづらい感じだった。

そこで、見つけたのが「味の牛たん 喜助」。お客さんがちらほらいるものの混んではいないし、一人でふらっと入りやすそうだ。牛たん焼きといえば、仙台名物。いつか仕事で仙台に出張した時に、利久で牛たん食べたことを思い出した。牛タン焼きはお財布へのインパクトは小さくなさそうだったけれど、震災の復興支援ということで覚悟を決めて、「味の牛たん 喜助」に入ってみた。

頼んだのは、牛タン焼き定食1500円。思ったよりも牛たんが薄いなぁとは思ったものの、枚数の観点からは、ボリューム感があったような気がする(笑)仙台で食べた時もなんとなく不思議だったけれど、焼肉屋で食べる牛たんとはなんだか微妙に味が違うような、麦ごはんにあう味付けになっているような気がする。喜助では、塩味とたれ味が選べるようになっているが、個人的には塩味が好みだ。

味の牛たん 喜助東京駅八重洲北口店の牛タン焼き

牛タン焼きに麦ごはんと味噌南蛮、あとテールスープが付いてくる。塩味の牛たんには、塩味のテールスープがよく合うような気がする。

…ただ、仙台の牛たんを食べた時もうっすら思ったのだが、仙台の牛たん屋(そして、東京駅の八重洲北口でもそうだった)では必ずと言っていいほど、みそ南蛮が付いてくる。あの味噌南蛮は必ず必要なのかと言われると、個人的にはちょっと考えてしまう。牛タンが塩が強い味付けなので、味噌南蛮の塩気と衝突して…ビールは飲みたくなるかもしれないが、ご飯と合わせることを考えると…うーむ、という印象がある。

でも、牛タンの満足感はしっかりと確実なものがあったことは最後に書いておきたいし、また食べに行きたい。

余談ではあるが、東京駅には改札の中に仙台発の牛たん屋の「利久」ができていて、帰る途中にちらっとみに言ってみたが、「利休」は行列ができていた。そういえば、利久の牛たんのカットの仕方は特徴的で、アレはアレで美味しかったような気がしたが…。利久に並んでいる人が喜助と比較して並んでいるような気はしないし、歩いていてたまたま利久を見つけたんだろうなぁという感じだった。行列の有無は業績に直結しそうだし、やっぱり飲食店にとっては立地は大事なんだな、と改めて思った。とはいえ、調べてみると、喜助は、東京駅の八重洲北口キッチンストリートだけでなく、丸の内パークビルや芝大門、あと、みなとみらいにもあるらしいし、利久も進出してきているらしい。仙台の牛タン焼きを首都圏で堪能できるのは実に素晴らしいことだ。



記事検索
スポンサーリンク