おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

本八幡

本八幡の一茶庵のそばは、さすが老舗の味だった

JR本八幡駅で降りて、シャポー側の改札から出て、そのまま駅の外に出たところのすぐ近く、昔は和菓子屋さん(とはいえ、店頭では鯛焼きを焼いていたので鯛焼き屋の印象だが…)の脇に石畳の小道があって、古い建物が奥に見える。ぱっと見ただけだと、なんだろうと思うわけだが、調べてみると、本八幡の老舗のそば屋さんであることがわかった。

本八幡の老舗「一茶庵」


こちらのWebサイトによれば、栃木県足利市の「足利一茶庵総本店」で修行した方が開いたお店とのことで、創業は昭和34年だそうだ。それに、本八幡の一茶庵で修行した人も独立してお店を持っているとのことで、「一茶庵」が広がっていく中で重要なポイントとなった老舗らしい。

謎の立ち食いコーナー


一茶庵の入り口はいかにも老舗のそば屋という感じだが、実は総武線の高架沿いに同じく一茶庵の屋号を出しているお店がある。ただし、こっちは看板に「立ち食いコーナー」と書いてある。老舗なんだから、落ち着いた雰囲気のなかでそばを出しているのかと思いきや、立ち食いコーナーを用意するとは…なかなかチャレンジングな老舗ではないだろうか。

というわけで、今回は本八幡の「一茶庵」の立ち食いコーナーを訪れてみた。

一茶庵の立ち食いコーナーの外観


どことなく既視感のある店内


ちょうど訪れたのが昼時で、混み合っていたこともあって店内の様子は撮れなかったが、「一茶庵」の立ち食いコーナーは、あぁ、どっかで見たことあるような感じだった。狭い店内に、厨房、そしてカウンターというか、机が少々。「一茶庵」の立ち食いコーナーからひなびた空気感を取り払って、券売機でも置けば富士そばとか小諸そばといった立ち食いそば屋のような感じだ。しかし、一茶庵の方は年配のお客さんが多いせいか、椅子が用意されていてなんとか腰掛けて食べることができそうだ。

メニューは多くないけれど…肉南蛮があった


まぁ、立ち食いそばだし、そんなに広い厨房ではないから、そんなにメニューはないだろうと思ったが、壁に書いてあるメニューにはレギュラーメニュー以外にも肉南蛮とか鴨汁そばも用意されていた。券売機でチケットを買いたくなるのをぐっと我慢して「肉南蛮そば」を店員さんに頼んだ。

待っている間、厨房を眺めていると、調理を担当されている店員さんが忙しそうにそばをゆでているのが見えた。さすがは老舗、ゆで置きのそばを出すようなことはしないんだろう。期待が高まる。ほどなくして、「お薬味」として渡されたのが、このねぎ。

お薬味のねぎ


リーズナブル系立ち食いそば屋だと、ちょっと厚めに刻まれていることもある薬味のねぎだが、かなり薄くというか、繊細に刻まれていた。あと、老舗なそば屋さんにありがちな、ちょっとだけよ感もなく、どさっと盛られているねぎがなんだかうれしい。

そして、登場したのが、この「肉南蛮」。

一茶庵の立ち食いコーナーの肉南蛮


老舗とはいえ、立ち食いコーナーなんだから、きっとなにかがアレなんだろうなぁ…と思っていたが、立ち食いコーナーの厨房のドアを開けると、すぐそこが一茶庵本店というだけあって(?)、ちゃんと老舗の味だった。特に、細く切られたそばと、そばつゆの相性は老舗の塩梅…のように思えた。濃すぎず、薄すぎず、それでいてダシの風味がしっかり立っている、そばつゆはリーズナブル系立ち食いそば屋では難しいかもしれない。これまではリーズナブル系立ち食いそば屋ばかりでそばを食べていたせいか、つゆそばって、どうも好きになれなかったんだけど、結局のところ、そばつゆが好きになれなかっただけかもしれない。

最後にゆっくりつゆを味わっていたら、年配の常連風のおじさんがいそいそとお店に入ってきて、ハートランドビールを飲みながら鴨汁そばが出来上がるのを待っているのを見て、…今度、一茶庵にそばを食べに来た時は、あの組み合わせにしようと確信した。



市川一茶庵 立食いコーナーそば(蕎麦) / 本八幡駅京成八幡駅鬼越駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

本八幡の「焼肉 栄」で焼肉を食べた

本八幡は密かに焼肉激戦区である。

南口のマクドナルドの角を曲がった先に、何件か焼肉屋がある。それに、地元密着系のホルモン焼きの「しちりん」もある。ま、そんな焼肉激戦区で見つけたのが「焼肉 栄」という焼肉屋さん。

場所は、本八幡の「Pub Jack」の上。少し雑な説明ではあるが、本八幡界隈で飲み食いしている人なら、なんとなくわかるんじゃないだろうか(…本当に雑だな…)故に、JR本八幡駅からしばらく歩くし、京成八幡駅からだとまぁまぁ歩くことになる。JR本八幡駅からだと、南口をまっすぐ出て、メガドンキの交差点を右折してまっすぐ進むと見つけられるだろう。

見事に外観の写真を取り忘れてしまった。代わりに、まいぷれ市川市版に掲載されている「焼肉 栄」のページを紹介しておこう。ま、夜だと少しちょっと違った感じになりそうではあるけれど。

お店は2階なので、入り口を入っていきなり階段を登る。レジの奥にはお座敷があるのが見える。道路側にはテーブルが何席かあって、落ち着いた感じの焼肉屋って感じの雰囲気であった。よく見ると、ロースターはガスの無煙ロースターだった。

で、出てきたお肉は、こんな感じ。ただ、少し量が少ないかなぁという印象があったけれど、お値段の割に上質な肉が並んでいる気がする。実にうまそうだ。

 本八幡の「焼肉 栄」の肉

 本八幡の「焼肉 栄」の肉 その2

タン塩はきめの細かい脂が入っていて柔らかい。タンってあっさりしている印象があるけれど、実際には脂がたっぷりということを体感できる、いい感じのタン塩。カリッと焼くのではなく、しっとりと食べたいようなそんなタンでございました。

 本八幡の「焼肉 栄」のタン塩

で、シメは冷麺。焼肉屋のオーソドックスなシメだけど、シコシコの麺はやはり焼肉屋で焼肉のシメで食べると格別な気がする。

 本八幡の「焼肉 栄」の冷麺

あと、「焼肉 栄」でメニューを眺めながら気がついたのは、ドリンクメニューが安いということ。ハイボールも白州と山崎を使ったハイボールだし、ビールもプレミアムモルツ。はっきりと覚えてないのが申し訳ないけれど、確か、ハイボールとビール、どちらも300円台のメニューだった気がする。コストパフォーマンスが高いのはありがたい限りだけど、周りは低価格のコストパフォーマンス追求系のお店が多いわけだから、その辺との差別化を考えると、もう少し、高級店っぽい感じになってもイイ感じじゃないかという気がした。充分に美味しいお肉が食べられるわけだから、充分に可能なんじゃないか、と思ったけれど、どうなんだろう。

栄 本八幡店焼肉 / 本八幡駅京成八幡駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



丸亀製麺@本八幡で釜揚げうどんを食べた。

ちょっと本八幡に用事があったので、本八幡駅に行ってきた。ちょうど昼時だったのでラーメンでも食べようかと思ってシャポーを抜けようとしたら、本八幡のシャポーのレストランゾーン(道路を越えたあたりですな)をちらっと見たところ、入口側に見慣れない店が出来ていた。

丸亀製麺@本八幡の店構え

おっと、これは丸亀製麺ではないですか!本八幡で讃岐うどんが食べられるのはありがたい…ということでラーメンを食べに行くのをキャンセルしてうどんを食べることにした。

釜玉にしようかと一瞬思ったけれど、ここはやっぱりベーシックなものを…ということで、釜揚げうどんをオーダー。オーダーしたものの…このお店がオープンして間もないせいか、店員さんがあんまり慣れていない(汗)釜揚げうどんのつけだしをこぼしてたし。

とはいえ、うどんはうどんだ。こだわり始めるとキリがないが、普通に茹でてあれば、それなりに食べられるうどんができるはずだ。

丸亀製麺@本八幡の釜揚げうどん

天ぷらに、かしわ天とちくわ天をチョイス。釜揚げうどんに天ぷらを
合わせるのはそんなにないことかもしれないが、うどんつゆに天ぷらをつけて食べるのが好きなので、個人的にはこれはあり。

関東に最初にやってきて巷を騒がせた、某讃岐うどんチェーンより丸亀製麺の方が美味しい気がするなぁ。ただ、釜揚げうどんのつけだしはあんまり好みじゃないのがちょっと残念。丸亀製麺で、釜揚げうどんで有名な長田のだしを期待するのも野暮か。天ぷらは、揚げたてだったのでやっぱりうまい。




変な給食
変な給食
posted with amazlet at 10.05.05
幕内 秀夫
ブックマン社
売り上げランキング: 7871


餃子の王将@本八幡で魔法の粉の謎に直面する。

先日、オープンしたばかりの「餃子の王将 本八幡駅前店」に行ってきた。会社帰りだったので同僚三人と訪れて、やっぱり新しい王将はいいよなぁなんてことをぼんやりと思いつつ、オーダーしたのがビールと餃子2人前と「鶏の唐揚げ」と「焼飯セット」。この「焼飯セット」は、焼飯と餃子と鶏の唐揚げが2個付いているセットで、単品で鶏の唐揚げを頼んだ人はきっと頼まないんだろうなぁと思うけれども、なんかコストパフォーマンスがよろしい気がして頼んでみた次第だ。

この「焼飯セット」に付いてくる鶏の唐揚げが大きな問題になろうとは、オーダーしたときには気づくよしもなかった。

ほどなくしてやってきたのは、鶏の唐揚げ。

鶏の唐揚げ

もちろん、小さな袋に入った魔法の粉がついてきた。それを小皿にあけて、鶏の唐揚げに付けて食べる。

というわけで、単品の鶏の唐揚げに付いている魔法の粉の写真を。

鶏の唐揚げ単品の魔法の粉

あとから、セットになった鶏の唐揚げがやってきた。こっちの鶏の唐揚げは、別添ではなくて、皿の脇にちょこっと魔法の粉が添えてあった。

セットに付いてる鶏の唐揚げの魔法の粉

さて、何かに気がついていただけるだろうか。同じ鶏の唐揚げに利用する魔法の粉ではあるけれど、別添になっている袋に入っているものと、皿の脇にちょこっと添えてあるものでは、ぱっと見た時の色が違う。

隣に並べて比較すると、こんな感じ。印象としては、別添の袋じゃない方(セットの鳥の唐揚げ)の方がコショウが多く入っているんだろうか、色が黒い。

魔法の粉比較

というわけで、実は餃子の王将の魔法の粉は、2種類存在しているのではないだろうか。別添の袋は、おそらく全国共通の王将仕様になっていそうである。で、一方、セットの鶏の唐揚げにちょこっと付いているのはお店で独自配合だったりしたら…おもしろいのになぁ(笑)


なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか? (プレジデントムック)
野地 秩嘉
プレジデント社
売り上げランキング: 7302

小笠原塩ラーメン海皇@本八幡で「とりそば」を食べた。

この前の日曜日。同僚とぶらぶら本八幡を歩いていたら、ふとラーメンが食べたくなたので、小笠原塩ラーメン海皇に行ってきた。

本八幡駅前の「餃子の王将」の誘惑に負けそうになりながらも、なんとか海皇まで歩いていったら、海皇の目の前に新しそうなラーメン屋があった。よーく見ると、魂麺まつい(…食べログを見てたら、「魂麺」になったらしいが…)のロゴが書いてある張り紙がしてたので、もしかすると「魂麺」の新店か。ちなみに名前は「新天地」。ちょっと悩んで、当初の目的の「海皇」に行くことにした。

11時半の開店直後だったせいか、客はまばらで、私と同僚が券売機の前であれこれ迷うことができた。で、頼んだのが「とりそば」。

「とりそば」は塩ラーメンらしく、塩ラーメンというと、どうしてもあっさりした味を想像してしまうし、実際に、あっさりした塩ラーメンが多いのも現実。でも、海皇のとりそばは、こってりらしい。塩ラーメンなのにこってりというのはどういうモノなのか、、、興味があった。

小笠原塩ラーメン海皇@本八幡のとりそば


澄んだスープに平打ちっぽい麺が沈んでいて、その上に鶏の胸肉をスライスしたもの(鶏チャーシュー)が乗っていた。まず、スープを飲んでみたけれど、鶏ダシと和風ダシの合わせ技ではあるんだろうけれど、それ以上の何か(店に貼ってあった案内によれば、豚骨らしいが…色がとんこつっぽくない)がこってり感を醸し出している。確かに、あっさりした塩ラーメンとは一線を画している印象がある。

ただ、なんとなくというレベルではあるが、「セミ平打ち麺」(=幅の狭い平打ち麺)との相性は、私の好みではなかったかもしれない。じゃぁ、どんな麺が…と言われても少し考えてしまう。太麺は違うし、細麺もなぁ…となるわけで、そうするとこのセミ平打ち麺がいいのかもしれない。

中川昭一氏の訃報をテレビのニュースで聞きながら、なんだかそんなことを考えているうちに完食してしまった。スープの完成度は高いような気がするんだけど、じゃあ、ラーメンとして渾然一体となっているかというと遠い目になってしまうような気がした。

ただ、ぼんやり考えながら「とりそば」をすすっていると、2組くらい家族連れがやってきたので、家族連れ御用達というか、ファミリー向けのラーメン屋なのかもしれない。

…また本八幡まで食べに行って考えてみよう。

ラーメンマップ千葉〈2〉
山路 力也
幹書房
売り上げランキング: 576844



小笠原塩ラーメン 海皇 (ラーメン / 本八幡、京成八幡、菅野)
★★★☆☆ 3.0



記事検索
スポンサーリンク