おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

居酒屋

西船橋の居酒屋「大衆割烹 喜久水」で飲み会してきた。

西船橋にはいろんな居酒屋がある。例えば、燻製などのちょっと凝った感じの料理を出してくれる「居酒屋 一九」とか、本格的な中華料理を食べさせてくれる「中華居酒屋 猿八 」などなど。

西船橋の居酒屋は概ね、どこも混雑しているし、いいんだけど、ちょっと物足りないところがないわけでもなかった。それは、年配のおじさん達が通うような、「老舗」感というか、「大衆割烹」感というか、「小料理屋」感というか。ちょうど、藤田まこと主演の刑事ドラマの「はぐれ刑事 純情派」で主人公の安浦刑事が通ってた小料理屋(…眞野あずさが店主やってる…)、ああいう感じである。カウンターがあって、奥に小上がりがあるような。

実は、西船橋にもそういうお店があることは知っていた。知ってはいたが、敷居が高いもの。その敷居を乗り越えて、ようやく辿りつけた。その名も「大衆割烹 喜久水」。西船橋駅を北口に出ると、ドトールコーヒーがあるが、その隣が「大衆割烹 喜久水」である。

手っ取り早く料理の写真を貼ると、こんな感じだ。

きっと、安浦刑事は刺身の盛り合わせなんて頼みはしないのだが、複数人でおじゃましたのと、「大衆割烹」というと刺身っていうイメージがあったので頼んでみた。ま、見た目はよくある刺身の盛り合わせだけど、一つ一つがフツーの居酒屋と違っている印象だった。マグロはしっかりした味だったし、タコも味が抜けてない。さすが、「大衆割烹」。上質だ。

大衆割烹 喜久水@西船橋の刺身の盛り合わせ

次は、唐揚げ。これがちゃんと浸け込まれていた鶏肉をカラッと揚げてあるので、ジューシーさとクリスピーな食感が一度に楽しめる逸品だった。

大衆割烹 喜久水@西船橋の唐揚げ

あと、玉子焼き。確か、「関西風」って名前に付いていたような気もするが、ダシがたっぷり使われていたが、形は崩れていなかった。これまた逸品。

大衆割烹 喜久水@西船橋の玉子焼き

最後に、里いも。こういう家庭料理がさらっとメニューにラインナップされているのがさすがだなと思った。で、少し若い頃はこういうメニューに目もくれなかったのだが、今となっては、こういうメニューがかなりありがたい。

大衆割烹 喜久水@西船橋の里芋

酔っぱらい気味になった頃、日本酒を飲み始めたので見事に写真を撮り忘れてしまったのだが、「大衆割烹 喜久水」@西船橋の日本酒のラインナップが意外と見逃せない。店の名前にもなっている「喜久水」は信州の地酒だったらしく(…うっかり知らなかった)、「喜久水」の吟醸や純米などは珍しい。あと、東北復興支援ってことで、いくつか東北の地酒が並んでいて、堪能できた。福島の二本松市の「奥の松」の純米酒、うまかった。

そんなこんなで「大衆割烹 喜久水」に飲みに行ってみようプロジェクトは見事に成功裡のうちに終了した。ちなみに、「大衆割烹 喜久水」はランチもやっていて、西船橋のランチとしてはかなりクオリティが高いことを最後に書いておく。


日本酒の教科書
日本酒の教科書
posted with amazlet at 12.01.03
木村 克己
新星出版社
売り上げランキング: 15374

肉屋鶏男@柏で鶏料理を食べてきた。

先日、柏に行く機会があったので、ついでに柏の駅前をうろうろしてみた。駅前から少し行ったところに、「肉屋鶏男」っていう居酒屋を見つけたので入ってみることにした。

お店の外観は、ちょうちんが飾ってあって、さらに、大きめに「肉屋鶏男」って書いてあるので、なんとなく派手なイメージだったが、内装は、派手なこともなく、落ち着いて飲める感じ。特に高級な感じでもなく、会社帰りに飲みに行くような、普段使いの居酒屋っていう印象。

肉屋鶏男@柏の外観 店内に入って、席に案内されてメニューを眺めていたら、店員さんがもってきてくれたのが「しじみ汁」。どうやら、突き出しがシジミ汁らしい。これは定常的な突き出しなのか聞き忘れてしまったが、ちょっと変わっているなぁと。ただ、飲む前のしじみ汁は悪くないんじゃないかという気がした。

肉屋鶏男@柏のしじみ汁 店内にあった張り紙で、「ハイボール」がウリらしいということに気がついた。「タワー」を置いているらしいのだ。一瞬、ピンと来なかったが、パブなんかに行った時に見かける、ビールを注ぐための「タワー」、アレのハイボール版のことだろうか。確かに、「ハイボールタワー」は、見かけない気がする。というわけで、ハイボールを頼んでみた。

なんとなくではあるけれど、炭酸が少々きついというか、二酸化炭素がたっぷり入っている感じ(笑)がする。十分に冷えてるし、これはこれで悪くないと思う。

肉屋鶏男@柏のハイボール
メニューは、がっつりと鶏料理が並んでいて、非・鶏肉メニューもちらほらとあった。ま、そもそもメニューの数が多いので、きっと飽きないだろうと思う。

また、メニューの後ろの方には、讃岐うどんのメニューもいくつか並んでいた。シメまできっちり食べていってもらおうというお店の戦略が透けて見えるが、これは客にとってもうれしいことだろう。たぶん、ラーメン屋のラーメンでシメるよりは、ヘルシーだろうし、移動する手間もないわけだし。

もとい。鶏料理の定番の焼き鳥を始めとしていくつかオーダーしたのだが、、、また、「食べる前に撮る」という基本を怠ってしまった。鶏料理を多くラインナップしているだけあって、鶏肉は上質。臭みがあるはずもなく、おいしかった。焼き加減も上々。

肉屋鶏男@柏の塩ごまキャベツ 肉屋鶏男@柏の唐揚げ もちろん、シメは讃岐うどん。どうやら、あの"池上製麺"の、るみばぁちゃんが監修したうどんを使っているらしい。シメに位置づけているせいか、麺の太さがそんなに太くないのはいいなぁと。茹でたてのうどんはやっぱりおいしい。



お店:
肉屋鶏男
柏市柏3-6-16 ワールドスタービルディング

Webサイト:
肉屋鶏男@まいぷれ柏市版


休日のカフェめぐり 千葉
休日のカフェ製作委員会
幹書房
売り上げランキング: 27043
おすすめ度の平均: 5.0
5 煮詰まったらカフェへ出かけましょう

肉屋鶏男 居酒屋 / 柏駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

中華居酒屋「蝦夷うさぎ」@船橋で飲んできた。

先日、同僚に誘われて、船橋駅北口からちょっと行ったところ(だいたい、雰囲気的にはイトーヨーカドーの裏あたり)にある、中華居酒屋 蝦夷うさぎに行ってきた。

新しい印象の内装の店内では、元気そうなマスターと女性2、3人で切り盛りしているが、店内が程よいサイズなので、オーダーもすんなり通る感じで、ホスピタリティはなかなか良好。

とりあえず、テーブルはこんな感じ。

蝦夷うさぎ@船橋の食卓風景

行った日のお通しは、懐かしい感じの赤いウィンナー。これもマスターの遊び心だろうなーと。

蝦夷うさぎ@船橋のお通し

料理は中華居酒屋だけあって中華のメニューが割と多い印象ではあるけれど、厚揚げや焼き明太子などもあって、中華に固執することもなく、いい感じに和洋折衷(和中折衷?)がなされている感じではあった。

蝦夷うさぎ@船橋の厚揚げ

蝦夷うさぎ@船橋のお料理いろいろ


で、洋風のメニューもあって、頼んでみたのは「コンビーフポテト焼き」。これがアツアツでなかかなかうまかった。

蝦夷うさぎ@船橋のコンビーフポテト焼き

お店のイチオシは、大きなエビチリということだったので、欲を出して、エビチリとエビマヨがセットになっているメニューをオーダーしてみた。

蝦夷うさぎ@船橋のエビマヨとエビチリ

確かに、エビチリのエビは大きかった!でも、辛すぎない、割とあっさりしたチリソースもなかなかうまかったような気がする。小さなエビのエビチリのおいしいけれど、大きなエビのぷりっと食感はやはり小さなエビでは味わえないなぁと。

飲み物については、マスターのこだわりなのか、日本酒は「黒龍」が置いてあったのでいただいた。あとは、焼酎がちらほらとラインナップがあって、ビールはハートランドも置いてある。

お店の規模的に大規模な宴会は難しいけれど、仲間でちょこっと集まってわいわいと愉しむにはオススメな居酒屋さんだった。

船橋駅の北口の周辺って、こういう感じの小さいけれど、居心地のいい飲み屋さんがあるので、ついつい足を向けてしまう。


中華居酒屋「蝦夷うさぎ」@船橋


中華美味紀行 (新潮新書)
南條 竹則
新潮社
売り上げランキング: 113422




蝦夷 うさぎ (居酒屋 / 船橋、京成船橋、東海神)
★★★★ 4.0



居酒屋 一九@西船橋で一寸一杯。

先日、一寸飲みに行くかってことで西船橋で居酒屋を探してみて、結局、辿り着いたのが西船橋駅から歩いて2分くらいの場所にある、居酒屋一九。駅から近いけれど、わかりにくい位置にあるのでふらっと立ち寄るのは難しいかもしれないが、これが料理のうまい居酒屋だった。

メニューはグランドメニューと季節メニューの2部構成になっている。季節メニューは紙一枚に書ききれるだけメニューを書いてみましたという勢いでところ狭しとメニューが並んでいる。私がお邪魔したときには、ホタルイカを使ったメニューやたけのこなど、季節感のあるメニューが並んでいた。

店内は、少し照明が暗めにしてあるので、写真がちょっとイマイチかもしれないが、ご紹介。

居酒屋 一九@西船橋のもつ煮

一九の一押しメニューがもつ煮。オプションで煮卵を追加できる。もつ煮は臭みがなく、どっちかというとあっさり仕上げてある。ただ、一方、煮卵の方はちょっと煮込みが足りないんじゃないかという印象があったけど、気のせいなのかもしれないし、あっさり味付けのもつ煮だしなぁ(汗)

居酒屋 一九@西船橋の燻製

メニューを眺めた感じでは、燻製もオススメらしいのでオーダーしてみた。チーズの燻製、うずらの卵の燻製、明太子の燻製の盛り合わせで、一緒に飲みに行った連れがうずらの卵の燻製をうまいと褒めていた。まぁ、居酒屋で燻製ってのは確かに珍しい。


居酒屋 一九@西船橋のたけのこの刺身

季節メニューに書いてあって春らしいメニューだなーということでオーダーしたのが、タケノコの刺身。小さいタケノコをスライスして、わさび醤油で食べるんだけど、これは春の味で堪能できた。

居酒屋 一九@西船橋のダイヤモンドポークのあぶり焼き

千葉県に住んでいながら知らなかったのだが、千葉県の銘柄豚に「ダイヤモンドポーク」ってのがあるらしい。そのダイヤモンドポークをあぶり焼きにして、粗塩で食べる。ぱっと見た感じから、ただ豚を焼いただけじゃんって思ったけど(塩で食べたせいか)脂がかなり旨かった。やっぱり違うんだなぁと思う。

他にも何品か頼んだけれど、どれも旨かった。まぁ、好みもあるのかもしれないけれど、味付けの塩梅がちょうどいいなぁという印象だった。焼酎のメニューも充実しているが、日本酒の神亀を置いてあるのが気に入ったなぁ。あと、なぜかドンペリも置いてた(汗)

西船橋には、割と居酒屋も多いけれど、なかなかいい感じの居酒屋だなーと思った。きっとまた行くと思う。

参考リンク:
西船橋の居酒屋といえば、「居酒屋 一九」



もう一軒 おつまみ横丁―さらにおいしい酒の肴185
瀬尾幸子
池田書店
売り上げランキング: 30388



居酒屋 一九 (居酒屋 / 西船橋、京成西船、東中山)
★★★★ 4.0



大衆ホルモン居酒屋「タツ屋」@西船橋でもつ鍋を食べてきた。

仕事の帰りに、西船橋で同僚と飲み会をやってきた。

今日のお店は、10月にオープンしたばかりの「大衆ホルモン タツ屋」さん。西船橋といえば、なんとなく加賀屋って感じがするが、その加賀屋(「まる福」じゃない方の加賀屋)の2階にある飲み屋だ。「タツ屋」さんは、メニュー構成といい雰囲気といい、加賀屋とよく似たお店ではあるし、店員さんも下の加賀屋さんで見かけた方がいらっしゃる感じだが、どうも別のお店らしい。

「タツ屋」さんの店内には、4人掛けのテーブルが4つと、カウンターがいくつかあるので、お一人様も安心して入れる(笑)のがうれしい。

…ま、そんなことはさておいて、飲み会だ。

まずは、「焼酎ハイボール」から。下の加賀屋だと「特製ハイボール」って名前だった気がするけれど、これまた別の名前ではあるが240円。なまじ信じがたいお値段ではあるが、これがクセになる。

大衆ホルモン「タツ屋」@西船橋の焼酎ハイボール

で、これまた下の加賀屋さんと同じなんだけど、今日のオススメメニューがある。今日のオススメで目が止まったのが「生海苔」。居酒屋では生海苔ってメニューはあんまり見かけないけれど、これが旨かった。干してない、生の海苔を醤油タレに漬けたもので、海苔の磯の風味がなんともうまい。タツ屋さんのオススメもかなり期待できそうな感じだ。

あと、頼んだのは、豚の唐揚げ。これまた、あまり見かけないメニューだったけれど、豚肉を唐揚げにしても焼酎ハイボールと合う。臭みがないのは、肉が新鮮だからだろうか。

大衆ホルモン「タツ屋」@西船橋の豚のからあげ

今日の飲み会は4人で押しかけたので、鍋を頼むことにした。

下の加賀屋だと、テーブル毎にコンロってのはないんだけど、タツ屋だと、ガス管がテーブルまであるので、焼肉も焼けるし、鍋も食べられる。これは大きな差別化要素だと思う。

で、タツ屋の鍋はかなり安くて、醤油味の「もつ鍋」だと1人前がわずかに350円。で、今回は醤油味とは書いてない「スタミナ鍋」にしてみた。ニラがぎっしり乗っていても1人前480円だ。

大衆ホルモン「タツ屋」@西船橋のスタミナ鍋

この値段とは裏腹に、これがうまい。トッピングというか、追加で鍋の中身を個別にオーダーできるんだけど、スタミナ鍋に「もつ鍋」の肉(「もつ鍋」と「スタミナ鍋」で肉が違うようだ)を入れたりすることが出来たりするので、なかなか面白い。しかも、もつ肉の追加は、わずか250円。思わず申し訳なくなってしまう。で、シメに、ご飯と卵を頼んで、おじやにすることも忘れてはいけない。もつに臭みがないから、おじやにしてもうまかった。

箸休めに頼んだのが「ガッチャン」というメニュー。名前から察するに、ガツだろう。ガツをキムチ風味に味付けしたもので、この味と食感がクセになってしまう。「ガッチャン」でちびちび飲んでたら、あっという間に時間が経ってしまった。

大衆ホルモン「タツ屋」@西船橋のガッチャン

で、一通り、食べて飲んで酔っぱらったけれど、お勘定をもらって割り勘してみると1人1500円。居酒屋にも関わらず、この驚愕のコストパフォーマンスはなんだろう…。余計なお世話だと思うが、この値段で大丈夫なのだろうか…と。でも、この不景気の中、この激安なお勘定がお財布に優しいのは間違いない。

そういえば、思い返してみると、このお店、「大衆ホルモン タツ屋」なので、きっとホルモン焼きが売りなのに、寒かったせいで、ひたすら鍋を食べてしまった。うーむ、そんなわけで、今度は、ホルモンを焼いてみよう。西船橋にも良い店があるもんだ。

下の加賀屋は混んでて入れないことが多いので、2階に選択肢があるのもありがたい。


大衆ホルモン タツ屋 (ホルモン / 西船橋、京成西船、東中山)
★★★★ 4.0




記事検索
スポンサーリンク