会社に金沢からのお客さんが来てて、帰る前に昼飯を食べていくというので、営業からついでに来る?って誘われたのが「吉光船橋駅北口店」。もちろん素直に着いていく。

噂に聞くと、「吉光」の本店は夏見の方に本店がある寿司屋さんらしいのだが、「吉光船橋駅北口店」は、その「吉光」が、船橋駅の北口で営んでいる立ち食い寿司の店だ。立ち食い寿司のお店なので、カウンターの前には(お客さん側に)水道の蛇口がいくつかあって、手を洗えるようになっている…ので、割り箸はない。まぁ…結果としてはエコになってるか。

キャリーバッグをごろごろと転がしているお客さんにちょっと歩いてもらって申し訳なかったのだが、金沢で寿司を食べ慣れていると聞いていたので、吉光の寿司はどう評価されるんだろうと思いつつ、「吉光船橋駅北口店」へ。着いたのが14時前ではあったけれど、お店はお客さんで埋まっていて、すぐには入れなかったのでしばらく待つことになった。

で、ほどなくして入店。金沢からのお客さんは、回転寿司は食べ慣れているが、立ち食い寿司は初めてということなので、とりあえず、「おまかせ寿司」を握ってもらうことにした。

吉光寿司船橋駅北口店@船橋のおまかせ寿司

この内容でわずか1200円。その辺の回転寿司なんて軽く霞んでしまうくらいの驚きのコストパフォーマンスだと思うのだが、どうだろう。で、私が半分くらい食べて隣を見てみたら、一斉に食べ始めたにもかかわらず、金沢からのお客さんはほぼ完食してた。早い…。

その後、カキとかカワハギとか北寄貝とか赤貝ヒモとか…いろいろとアラカルトでいただいたが、これまたうまかった。シャリがほどよく小さいので、さくさくと頼んでしまう。…で、もちろん日本酒を飲みたいような気がしたのだが、時間かかりそうだったし、お客さんもいることだし、次回に持ち越し。やっぱり寿司には日本酒だよなぁ…。(種類は少ないけれど、なかなか渋い日本酒を置いてるんだな…これが)

一通り食べて、お会計をもらったら、2200円。いやはや、これだけものをこれだけのお値段で食べられるんだから、すごいよなぁ…。

ただまぁ、立ちっぱなしだし、お店も広いわけではないので「食事を楽しむ」という感じではなく「寿司を楽しむ」という雰囲気であるのはあしからずといったところか。

ちなみに、金沢からのお客さんの感想は「…うまいっす」とのこと。ふふ、船橋が金沢に勝った気がする(にやり)


また来よう。

すし手帳
すし手帳
posted with amazlet at 09.12.19
坂本一男/監修
東京書籍
売り上げランキング: 6688
おすすめ度の平均: 5.0
5 美味しそうです〜
5 こんな本が欲しかった
5 仕上がり、よすぎ
5 接待時のマストアイテム!



吉光 船橋北口店 (寿司 / 船橋、京成船橋、東海神)
★★★★ 4.0