おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

品川

えらく久しぶりに多賀野@荏原中延でラーメンを食べてきた

ちょっと目黒区に用事があったので、そのついでに多賀野@荏原中延によってラーメンを食べてきた。

…実は、荏原中延は私にとって思い出の土地だったりする。というのも、荏原中延は、学生時代に住んでいた街であり、しかも、この多賀野から徒歩5分くらいの場所に住んでいたこともあって、かなりの頻度で多賀野に通っていた。

とはいえ、それから時間が経って、引っ越したこともあって、残念ながら多賀野が縁遠くなってしまっていた。

閑話休題。

訪れたのは、夜の部の開店30分くらい前だったので、仕方なく荏原中延の商店街(スキップロード)を記憶を頼りに「変わってないなぁ…」なんて思いながら、ぶらぶらして時間を潰した。程よい頃だろうと思って、多賀野に戻ったら既にお客さんが座ってた(汗)

…とはいえ、ファーストロットには間に合ったので、いそいそと券売機でチケットを購入。つけ麺にするか、中華そばにするか、塩ラーメンにするか悩んだあげくに、久しぶりだからということで、オーソドックスな中華そばを選択。

また脱線するが、私の記憶によれば、店内の音楽はかなりのボリュームでサザンが掛かっていたような気がするが、訪れた日は宇多田ヒカルだった。しかも、ファーストアルバムじゃないかなぁ…これ、みたいな感じ。なんだか懐かしい。

で、出てきたのが、この中華そば。

多賀野@荏原中延の中華そば

スープには煮干しが効いているんだけど、煮干が自己主張せずに、他のスープと渾然一体となっている感じはやっぱりうまい。麺の湯切りがしっかりしているのも関係している気がする。

麺は麺で、他にない食感であるような気がしたのは気のせいか。多賀野の中華そばの麺を噛み切った時のぷっつりと切れる感触はなんだか心地いい。具のメンマや卵もしっかり手間をかけてる感じがする。

個人的に、ここ最近で一番のラーメンじゃないかと思う(…懐かしさもあるので…)スープを飲み干しちゃったのも久しぶりのような気がするし。

ま、ちょっと遠いのが残念だけど、機会があれば是非とも訪れたい。





「せたが屋」@品達でつけ麺食べた。

ちょっと品川界隈に用事があったので、品川へ出張。船橋あたりから品川はやっぱり遠いなぁと実感してるうちに、品川に到着して早々に用事を終えて、昼食を取ることにした。

品川駅から少し歩いたところにある、「丸亀製麺」が相当に混雑していたので、視界の端にとらえつつもパス。で、しばらく歩いているうちに、品達が見えてきた。


品達の看板。

まずは、どんぶり五人衆が見えてきたけど、ちょっと暑いのでスタ丼はパスだし、海鮮丼もなぁ…と思って歩いているいるうちにラーメン屋が見えてきた。

個人的に興味を持ったのは「せたが屋」。豚骨はちょっと重たいなぁと思っていたので、行ってみたいと思いつつも、いまだ行けていなかったことをいいことに行ってみた。



店の入り口に、券売機が置いてあって、チケットを購入するシステム。こういう券売機の前でフリーズしているおじさんをよく見かけるが、、、案の定、私もフリーズしてしまった。

迷ったあげくに購入したのは、つけ麺と、肉めし(…記憶が怪しいけれど、券売機にはなんか別の名前が書いてあったような…)。きわめて、普通のメニューではあるけれど、ラーメンにご飯の組み合わせって、炭水化物のパレード(汗)

オーダーして待ってたら、とりあえず「肉めし」が出てきた。

せたが屋のにく飯。

この手のサイドメニューは、個人的には、アタリ/ハズレの格差が結構大きくて覚悟はしていたんだけど、「せたが屋」はアタリだった。肉がとってもジューシーなんだけど、しつこくないのがさすが。ご飯と良く合う。

せたが屋のつけ麺。

肉めしを食べてたら、つけ麺が到着。麺はストレート。太くもなく、細くもない…という印象の麺だった。食感もしゅっとしてて、歯触りが心地よい。

つけ汁は、魚(煮干し?)の印象が強いけれど、「ガツン汁」なるラーメンタレを机の上に置いてあるせいか、味が薄めだし、ちょっと温度が低いのが個人的に微妙な感じがした。麺との相性が悪くないだけに、ちょっと残念だった。スープに沈んでいる肉とメンマはうまかった。

つけ麺やラーメン以外にもいくつかメニューがあるようなので、また近くを通りかかったら食べに来たい。
噂のつけめん〈2009〉―噂のラーメン特別編 首都圏版

日本出版社
売り上げランキング: 123128

せたが屋 (ラーメン / 品川、北品川、高輪台)
★★★☆☆ 3.5

記事検索
スポンサーリンク