おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

和牛

今年もセキグチ肉店さんの牛肉をいただいた。

長らくこっちのブログに何にも書いていなかったことを反省しつつ…先月に書くべきエントリーを今さらながら書いておこうかと思う(汗)

先月の私の誕生日に、会社の同僚から誕生日プレゼントを頂戴した。実は昨年も誕生日プレゼントを頂戴していて、そのときは、柏の「セキグチ肉店」さんの上州和牛の焼肉セット(ステーキ込み!)だった。

で、今年も私なんかの誕生日に、わざわざ柏の地域情報屋の社長がウチの会社にやってきてくれた時点でわかった。今年も、セキグチ肉店さんの焼肉セットだー!と。いただいた紙袋を開けてみるとこんな感じ。

セキグチ肉店さんの上州和牛

うーむ、今年も上州和牛だぁ!ということで、イソイソと会社から帰って上州和牛をいただくことにした。

セキグチ肉店さんの上州和牛を包んでいる竹の皮

今どき…という言い方は失礼だと自覚しているが、肉が竹の皮に包まれているのはちょっとした驚きだ。近頃は、スーパーのプラスチックのトレイに乗っかった肉しか見かけない。確か、竹の皮は、通気性や殺菌力などに優れているので合理的ではあるんだろうけれど、やはりプラスチックのトレイに比べればコストがかかっているに違いない。ここらへんがお肉屋さんのこだわりだったりするんだろう。(細かいことを書けば、お肉自体はフィルム状のビニールに包んであるので、直接、竹の皮に包まれているわけではない)

で、竹の皮とフィルム状のビニールからとりだしたら、こんな感じ。このサシの入り方は、さすが和牛って印象だ。オーストラリア産の牛肉もそれなりに美味しいと思うけれど、どちらかというと噛み締める旨みで、脂の旨みを味わうという点では劣るような気がする。その辺の背景が、絶妙なサシの入り方にあるんだろう。

セキグチ肉店さんの上州和牛の焼肉用

焼肉用の肉は少し下ごしらえしてみることにした。醤油や酒、ごま油を少しまぶしてみた。

セキグチ肉店さんの上州和牛の焼肉用に下ごしらえ

実は、ステーキ肉もいただいていたのだが…食べることを急いでしまった(…食欲に正直な人間なので…)ので撮影し忘れてしまった。申し訳ない。

もとい。ステーキ肉焼いているところは撮影してあった(焼きあがったときのことを想像して、注意散漫も甚だしい状況だったらしい)

セキグチ肉店さんの上州和牛のステーキ肉を焼く

ステーキ肉は一枚肉だったのだが、ウチのフライパンだとサイズ的に厳しかったので半分にカットして焼いてみた。ステーキ肉は、クレイジーソルトと黒胡椒だけで焼いてみた。

肉の焼き上がりと同時に缶ビールを開けて食べてみた。脂の融点が低いせいか、脂が軽いような気がする。フライパンで焼きながら、潤沢な脂が滲んできたときは、それはそれで驚いたものの…この脂なら多いほうがうれしい。エバラの「黄金の味」の具だくさんとか、馬路村のポン酢、柚子胡椒などなど、いくつかのソースをつかってみたけれど、どれも美味しかった。

さて、フライパンに残った、和牛の脂をどうするか。さすがに洗い流してしまうのは忍びないので、見よう見まねでガーリックライス風の焼き飯を作ってみることにした。ま、マズいわけがない。

肉を焼いた後の…焼き飯。

相変わらず、牛肉を食べるというと、もっぱらオーストラリア産あたりだったりするのだが、改めて和牛の旨さを垣間見られた気がする。あとは、牛肉の焼き方をどうにかすればもっとうまくなりそうな気もするけれど、これは何枚も牛肉を焼かないと身につかなさそうではあるので…かなり時間がかかりそうだ。

今年も謹んでリンクを張らせていただくことにしよう。
和牛のセキグチ肉店




寺門ジモンの「取材拒否の店」
寺門 ジモン
扶桑社
売り上げランキング: 146631

誕生日プレゼントに肉をもらったので、鉄板焼風で食べてみた。

…突然だけれども、先日、誕生日を迎えてしまった。私個人は、特段、感慨もなく普通に仕事をしていたが、同僚から誕生日プレゼントってことで謎の箱(笑)を渡された。

その箱はなんとなくリッチな包装紙で包んであり、ちょっと重みがあった。なんだろうなぁーと思って箱を眺めてみると、こんなシールが貼ってあった。

上州和牛の丁寧な包装。

「上州和牛」

誕生日プレゼントにもらったのは…まさかの和牛。まぁ、たまに、焼肉に行っても、オーストラリアとかアメリカとかの牛肉だから(汗)これはありがたい。

誕生日ってことでいそいそと会社を後にして、近所のスーパーでちょこっと買い物して、帰宅。で、和牛箱(笑)を開けてみると、こんな感じ。

いただきもの焼肉は竹の皮で包まれてた

しかも、わざわざ「上州和牛」を紹介するリーフレットまで同梱されてたのが、なんだかすごい。

上州和牛のリーフレット入り

箱などに貼ってあったシールによると、この肉は同僚が柏のセキグチ肉店で買ってきてくれたものらしい。ハラミとカルビとサーロインステーキが入っていたけれど、どのお肉にも「セキグチ肉店」のシールが貼ってあった。しかも、竹の皮で包んであって、これは高級感があるなぁと。スーパーでも肉は買えるけれど、やっぱり肉屋さんで買った肉はやっぱり違うな。

で、いいお肉をもらったけれど、それに見合うような調理器具を持ち合わせていないのが一人暮らしのつらいところ。とりあえず、引っ張り出してみたのは、T-FALのフライパン(汗)

T-FALのフライパン

フライパンだと温度が下がりやすいので、1切れずつ、和牛を焼きながら、焼肉風というか、鉄板焼き風というか…とりあえず、そんな雰囲気で食べることにした。

さて、肉を焼く前に、タレを準備した。ベースとなるのは、近所のスーパーでひっそりと売られていた、叙々苑の焼肉のタレ。この焼肉のタレがまぁ良い値段だったけど(汗)このお肉のクオリティなら後悔しなさそうだ。

叙々苑の焼肉のたれ!

ただ、期待したよりは甘めだったので、ニンニクを砕いたもの(個人的には、にんにくは擦っちゃいけないと思っています)を投入して、風味を出してみたら、これが良い感じだった。甘さ対策ということで、ポン酢を少し追加してみた。

というわけで、準備は完了。

いただきもの焼肉用のにんにく

叙々苑の焼肉のたれとにんにく

というわけで、焼き開始。

いただきものカルビ

なんかもうサシの入り方がすばらしい。こんな牛肉を食べるのはいつぶりだろうということで、キッチンで遠い目になってしまった。これだけサシが入っているせいか、食感は柔らかい。簡単にかみ切れてしまう。しかも、脂がうまい。どちらかというと「脂をがっつり」は卒業したと思っていたけれど、この脂ならぜんぜん食べられる。

いただきものカルビは美しい

ほどなくしてひっくり返す。レア目に焼いた1切れを食べた後、じっくり焼いてみるかと思った。

いただきもの焼肉

最初はレアっぽく焼いたものを食べてみたが、じっくりと焼くのもなかなかよかった。しっかり温度が伝わってたし、脂も少し落ちてて、これはこれでうまい。(写真をよく見ると、焼かれたお肉の周りに脂がしっかり染み出してる)

あと、鉄板焼きということで、調子にのって買ってきたホタテとか焼いてみたりして(汗)いただいた和牛とは全く関係ないけれど、フライパンでもったいぶってホタテを焼いてみるのも意外と悪くないかも。

いただきものカルビをホタテと焼いてみた

さすがに、この日は和牛の脂まみれになってしまったので、サーロインステーキについては、後日に仕切りなおしていただいた。これまた贅沢にかじりついてしまったのだが、写真を記録したSDカードが壊れてしまったので、残念ながら写真が掲載できない…。

いやはや、久しぶりに食べた和牛はやっぱり旨かった。海外で和牛がうけたりするのもやはり理由があるな、と。オージービーフのように噛み締めるウマさも牛肉の旨さだけど、和牛の脂もやはり牛肉の旨さだ。


…また、食べたい。
記事検索
スポンサーリンク