おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

ラーメン二郎

ラーメン二郎 環七一之江店でラーメン小を食べてきた。

そのラーメンに含まれている塩分とか脂とかで、年齢的には、ちょっと敬遠すべき「ラーメン二郎」ではあるけれど、なんかちょっとムシャクシャして「ラーメン二郎 環七一之江店」まで食べに行ってしまった。

現地に到着したのは日曜日の12時ちょっと前だったけど、すでに20人以上並んでいた。まぁ、日曜日やってる二郎って意外と少ないから仕方ないか。でも、最近、二郎に並んでいると、カップルとか家族連れとか増えてきてるような気がするけど、なんなんだろう…。

で、行列の前の方になってきたときに店員さんが店の中から出てきて、麺の量と豚の量を聞かれたので、素直に答える。答えてから、チケットを買ってなかったことに気がついて、いそいそと券売機で購入。購入して振り返ったら、「じゃ、あちらで」ってことで席に案内された。

で、席について待っていると、コールの時間ということで「ヤサイニンニクカラメ」でオーダして、出てきたのがこちら。

ラーメン二郎一之江店の小ラーメン

表面の脂が光を反射しているのが…考えてみたらすごいことだ。ラーメン二郎 京成大久保店だとカラメコールは必要ないことは実感したが、一之江店では「カラメ」コールがあった方がしっくりくる感じがした。

まぁ、小ラーメンだし、ヤサイも大変なことにはなってないってことで、ゆっくりと食べていたら…胃のあたりが妙な感じになってきて、なんかちょっとやばい。胃の収まりさえなんとかなれば楽勝で完食出来そうな気がするが、どうにも落ち着きが悪く、食べ進めづらい…。「二郎では油断したものが負けるのだ」と誰かがささやいたような気がした(汗)水を口にして休憩を取りながら、なんとか完食。

「ラーメン二郎 一之江店」のスープは、なんとなく軽い印象だった。固体の脂をあんまり見かけないような気がしたせいかな。で、豚は二郎で割と見かける、ネット入りの豚肉をカネシにつけたものを切ったものなので、歯ごたえがしっかりしているけれど、固くはない感じだろうか。ニンニクは刻み(フードプロセッサー?)なので、香りがしっかりしている。ヤサイコールしたけれど、そんなに増えることなく、平和な感じ(笑)普通に食べにこられる二郎って感じだろうか。

券売機でチケットを買いながら、ふと「汁なし」ってメニューがあることに気がついたので、次回、訪れるときには「汁なし」を食べてみようかと思う。


首都圏+全国のラーメン厳選300軒 ザ・ラーメン検定―ラーメンクイズ2&美味い店厳選ガイド
はんつ遠藤
駿河台出版社
売り上げランキング: 90999
おすすめ度の平均: 5.0
5 間口の広いらーめん本



ラーメン二郎 環七一之江店 (ラーメン / 一之江)
★★★☆☆ 3.5




ラーメン大@堀切菖蒲園でラーメンを食べた。

日曜日、都内で用事があったので、ふと思い立って、堀切菖蒲園の「ラーメン大」に行ってきた。「ラーメン大」と聞くと、普通のラーメン屋に聞こえてしまうが、元ラーメン二郎だったラーメン屋で、名前は変わっても出てくるラーメンをきれいさっぱりリニューアルしたわけではなく、普通に二郎が出てくる。まぁ、要するに、ラーメン二郎をささっと食べるために、堀切菖蒲園に向かったというのが正しい。

時間的には、14時過ぎくらい。ランチタイムというには遅く、おやつくらいのタイミングだったので、お店は空いていて、並ぶことなく入ることが出来た。

とりあえず、大盛りにする理由は特にないので、普通のラーメンに豚チケットを購入。ラーメン大には、魚粉をはじめとして、いろいろとトッピングあるんだなぁと思いつつスルー(汗)

ラーメンを作っていたのは、若いお兄さん。大音量のラジオがなんとなくうるさい感じだったが、お兄さんの意図だろうか…。

お、親切だなと思ったのは、野菜トッピングの「ヤサイオオメ」「ヤサイマシ」「ヤサイマシマシ」の違いが写真で説明されていることだ。ジロリアンでもない限り、この野菜トッピングのボリューム感の差を理解できるはずもないからなぁ(遠い目)とはいえ、「野菜マシマシ」の写真を見たら、食欲減退は必至なので、ちょっと微妙だと言えば微妙。

そのお兄さんから、ぼそっとトッピングどうするか聞かれたが、さすがに「ヤサイマシ」とか「ニンニク」は厳しいような気がして、「ヤサイオオメ」と答えた。実は、野菜を増やしたので「カラメ」を付けたかったのだが、ラーメン大ではカウンターの上にラーメンたれが置いてあるので、自分で「カラメ」ができるのだ。

程なくしてラーメンが出てこようとしたときに、離れたところに座ってた客がラーメンたれの瓶を持って行ってしまった…というわけで、セルフ「カラメ」ができなくなった。まぁ、取り返しに行ってもよかったんだけど、持って行った人ががんがん入れてたみたいなので…断念。

野菜の食感は、茹でたての野菜だったからか、概ね良好。歯ごたえが固すぎず、柔らかすぎずといったところか。スープは、野菜が入っている分少し薄かった(本当は、ラーメンタレ…というか、カネシで、パンチを効かせたかったが…って、しつこい(汗))麺はいつもの二郎の麺…よりは少し柔らかかったか。スープは、あっさりしていて悪くない気がしたけど、やっぱりパンチが弱い気がする。うーむ、なにか有効なトッピングでもあるんだろうか。

そういえば、隣に座っていた、二郎初級…というか、たまたまラーメン大を見つけて入ってきた感じのお客さんが、作ってるお兄ちゃんにトッピングをどうするか聞かれてうろたえてたら、お兄ちゃんに無愛想な応対されててかわいそうだった。

店員:どうぞ。
客:え?
店員:…。
客:…えーと、、、(汗)
店員:トッピング。
客:あぁ。じゃ、なしで。
店員:…。(無言で、カウンターにどんぶりを置く)

…まぁ、二郎系ラーメンの接客にホスピタリティを期待しちゃいけないんだろうな。



中国料理の迷宮 (朝日文庫)
勝見 洋一
朝日新聞出版
売り上げランキング: 5795

記事検索
スポンサーリンク