おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

ラーメン

下総中山駅近くの「4代目松屋食堂」でちょい飲みして醤油ラーメンを食べてきた。

JR下総中山駅の北口を出て、法華経寺の方向にしばらく歩くと…確か、昔ながらの食堂があったはずのお店が新しくなっているのを見つけた。お店の名前は「4代目 松屋食堂」だと書いてあった。夜、そんなに遅い時間って訳でもなかったのだが、周囲のお店は営業を終えていた。ちょうど夕食を食べようと思っていたので、「4代目 松屋食堂」にお邪魔してみることにした。

4代目松屋食堂
続きを読む

津田沼の「魚骨ラーメン 鈴木さん」でサンマを使ったラーメンを食べた

津田沼に用事があったので、ついでにラーメンでも食べてこようと思って探してみたら、JR津田沼駅の北口から少し行ったところに、サンマを使ったラーメンを提供する「魚骨らーめん 鈴木さん」というラーメン屋さんがあることがわかった。というわけで、行ってみることにした。

JR津田沼駅からふらふらと歩いていると、九十九ラーメン津田沼店が見えるけれど、ぐっと我慢して進んで、交差点を渡り、この辺にラーメン屋さんがあるんだろうか…と、ちょっと不安になってきた頃、こんな看板が見えた。確かに「鈴木さん」だ。

店頭の看板


続きを読む

北習志野の麺処ゆきちでラーメンを食べた

Googleで近所のラーメン屋さんを検索していたら、見つけたのが北習志野の麺処ゆきち。まいぷれ船橋の「バランスを極めた淡麗醤油がクセになる『麺処ゆきち』」という記事によると、麺処ゆきちの店主はアイバンラーメンや麺処くるりで修行された方。そして、ラーメンには再仕込みしょうゆ、下総醤油、薄口醤油の3種類の醤油を使っているらしい。なんか旨そうな予感…。ということで、北習志野まで出かけてみることにした。

北習志野駅を出てふらふら歩くこと数分。駅前の雰囲気が消えて、ちょっと住宅地っぽい感じになってきたところに麺処ゆきちはあった。外観のぱっと見はスナックか何かのような…。ラーメン屋ではなかなか見かけない感じ。

麺処ゆきちの外観


店頭には小さな看板が出ていて、ランチ時にはたまごかけご飯がちょっと安くなっているようだ。

麺処ゆきちの店頭の看板


店内に入ってみると、L字型のカウンターがあって中年夫婦がラーメンを食べていた。ラーメンフリークばかりじゃなくて、地元の人達にも愛されているラーメンということだろうか。メニューを眺めてると、醤油ラーメンは「醤油A」「醤油B」という2種類あるらしい。「醤油A」にはトマトベースの野菜だしが入っているとのこと。ま、初めてだし、他のお店と比較しやすいオーソドックスな「醤油B」を選んでみた。他にも限定メニューとして「魚介と野菜だしの醤油そば」もあったし、冬季限定として味噌ラーメン、汁なし味噌ラーメンもあった。汁なし味噌ラーメン…なかなか珍しいかも。さすがは麺処くるりで修行した御主人の業が光っているのだろう。

この麺処ゆきち、前金制だった。つまり、ラーメンをオーダーするとお会計がなされて、お金を支払うことになる。よく考えてみたら、券売機を置いているラーメン屋は前金制なのだが、口頭でのオーダーと前金制の組み合わせは珍しいかも知れない。

ほどなくして「醤油B」の味玉入りが登場。いやー、スープが熱い。猫舌の人には悲劇かもしれないが、私はきっちりと熱い状態で出してくれるお店は美味しく感じる。まずはスープから。ずっと飲んでいたいような優しい味。醤油の風味が立つものの、具体的に何のダシが入っているかなかなか分からないような…でも、きっちり美味しい。この渾然一体感はいいなぁ。あと、麺は細め。ストレートな麺で食べやすい。チャーシューは大きいし、脂身と肉のバランスも良かったなぁ。青菜はおそらく小松菜だと思うけど、これもまたいいアクセントになっていた。

麺処ゆきちのラーメン


ついでに、オーダーしてみたのが、チャーシュウごはん。ブロック状のチャーシューがごろごろと乗っている。チャーシューがまとっているタレは煮詰められているのか、とても香ばしく、一瞬、鰻の蒲焼きを彷彿とさせる。

麺処ゆきちのチャーシュウごはん


先に麺をつるつると食べて、チャーシューご飯をラーメンのスープと一緒に食べ進めたが…なかなかいい相性。メニューに「無化調」と明記してあるだけあって、スープがしみじみと旨い。もちろん、スープを飲み干した。

麺処ゆきちのラーメンを完食


「麺処ゆきち」のラーメンはなかなか旨かったなぁ。北習志野の駅からちょっと離れたところにあることくらいが玉に瑕である気もするが、近くまで来ることがあったら、ちょっと北習志野に寄っていくかなぁと思えるラーメンだった。

ゆきちラーメン / 北習志野駅高根木戸駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




ラーメンを科学する おいしい「麺」「だし」「うまみ」の正体
川口友万
カンゼン (2017-12-18)
売り上げランキング: 13,932



亀戸の「らーめん潤」で燕三条ラーメンを食べてきた。

頻繁に出張にでかけてる同僚から、燕三条の地元のラーメンが旨いと聞いたことがあって、いつか食べてみたいなぁと思ったけど、さすがに近所じゃ食べられないだろうなあと思っていた。とあるラーメンブログを眺めていたら、ひょんなことから亀戸にあるラーメン屋さんで燕三条ラーメンが食べられることがわかったので、早速、行ってみた。

お店のWebサイトに地図が載っていたので、それを見ながら行ってみて…ここ、いつか来たことあるなぁと思ったら、先日、散歩したときに「らーめん潤」亀戸店の前を素通りしていたことに気がついた(汗)ま、しょうがないか。とりあえず、「らーめん潤」亀戸店の店構えはこんな感じ。

「らーめん潤」の店頭


"一麺入魂"って、なかなか気合いが入っているなぁと思いつつ、お店の中へ。店内はカウンターだけのお店で、全部で10席くらいだったような気がする。お店の入り口の脇にある券売機でチケットを購入してカウンター越しに店員さんに渡す仕組み。券売機を眺めるかぎり、いわゆるラーメンに加えて、つけ麺や油そばも食べられるみたいだったけれど、ここは敢えてラーメンにすることにした(ま、燕三条ラーメンを食べに来たんだし)。ただし、トッピングがいろいろと載っている「特製中華そば」にすることにした。

麺がお湯に投入されてからしばらく経っても出てこないってことは、麺が太いってことか…と思っていたら、出てきたのがこのラーメン…あ、いや、中華そばか。

「らーめん潤」の特製中華そば


燕三条ラーメンを食べるのは初めてだけど、スープに煮干しを感じる。これは問答無用で好み。醤油が強いといいうか、ちょっと塩分が濃いような気もしないでもないけれど、こういう感じであることがわかったら、背脂をもっと多めに入れてもらえばよかったような気がする。ちょっと太めの麺もぷりっとした食感だし、このスープとの相性も悪くない。

しかし、特製中華そばに追加されていたトッピングの中で印象的だったのは、岩のり。ラーメンに乗っかっているのを見ると、「え、岩のり?」って感じだったけど、フツーの海苔と比べて風味が強く、この力強いスープと合うような気がする。燕三条ラーメンには岩のりを入れるって感じではなさそうなので、「らーめん潤」流のアレンジだろうけれど、正直、旨い。しつこくスープ飲んじゃったもんなぁ(汗)

今回、お邪魔した際には、遅い朝食後の14時くらいだったので小腹が空いているくらいの腹具合だったせいか、麺が多いような気がしたけれど…帰り際に券売機を見たら、麺少なめでもオーダーできたらしいので、そっちにすればよかったかもしれない。

いやはや、今回、燕三条ラーメンを食べてみて、かなり好みだってことが分かったし、亀戸も近所なので、また今度、食べに行ってみようと思う。つけ麺、油そばも食べられていないし!

らーめん潤 亀戸店ラーメン / 亀戸駅西大島駅亀戸水神駅

昼総合点★★★★ 4.0


駒込の「酸辣湯麺 もり田」で酸辣湯麺を食べた。

特段、駒込に用事があったわけではないのだが、なんとなく駒込から散歩を始めてみようという気になって、駒込で山手線を降りてみた。そして、なんとなく商店街を歩いているときに見つけたのが「酸辣湯麺 もり田」。自分でも不思議だけど、なんとなく美味しいラーメンが食べられるような気がして入ってみた。

店内はV字のカウンター(汗)。入り口側にVのとがったところがあって、さらに券売機も入り口辺りに設置されているせいか、なんだか狭いなぁという印象。券売機には酸辣湯麺や、あんかけご飯などのメニューが並んでいた。酸辣湯麺のあんの部分をご飯にかけたものなのかなぁと思いつつ、「もりた豚の酸辣湯麺」のチケットを買ってみた。

しかし、普通に「中華そば」ってメニューがあったのが妙に気になった。結局、ラーメンの麺にかければ酸辣湯。酸辣湯麺の「あん」をご飯にかければ、あんかけご飯だし、揚げた麺にかければ、揚げそばになるのだが、中華そばって、その「あん」と無関係な気がするわけで「なんで中華そば…?」という気がした。

もとい。麺が茹でられ、中華鍋で温められた「あん」がかけられて、出てきたのがこちら。

酸辣湯麺 もり田@駒込の「もりた豚の酸辣湯麺」

とりあえず、ラーメンの上に「あん」が乗っかったというよりは、「あん」だけって感じで、スープの量が少ないような印象。ぐいぐいと混ぜてから食べた方がいいかもなぁと思いつつ、混ぜながら麺を食べてみた。麺は幅広な麺で「あん」との絡みはすごく良い。

「あん」は、酸っぱさよりも辛みが勝っていて、食べ進めると汗が出てくる。自家製のラー油でも使っているのかなぁ、と(ただ、卓上に置いてある調味料の中にあるラー油は普通のモノのようだったけど)酢の追加も好みによってはありだろうなぁと。酸辣湯麺に追加するべきものなのか聞いていないけれど、花椒入りのミルもあった。辛いモノ好きな人は、ラー油追加に花椒追加するんだろうか。あと、すこしだけ入っている豆腐の食感がなかなかおもしろい(普通に食べてると、気づかないかもしれないけれど…)

しかし、酸辣湯麺って中華料理屋さんのメニューでちらっと見かけることはあっても、専門店ってのはあんまり見かけないから、食べ慣れてないせいか、やっぱり「もり田」の酸辣湯麺は美味しい気がする。確かに、流行のラーメンはいくつもあったけど、酸辣湯麺ってのは盲点だったかもなぁと思うし、これはこれで、まるで油そばみたく、専門店が成立するんだなぁというのは新鮮だった。

…しかし、酸辣湯麺のお店の中華そば、どんな中華そばだろうなぁ、気になる(汗)





酸辣湯麺 もり田ラーメン / 駒込駅西ケ原駅上中里駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


記事検索
スポンサーリンク