先日、柏に行く機会があったので、ついでに柏の駅前をうろうろしてみた。駅前から少し行ったところに、「肉屋鶏男」っていう居酒屋を見つけたので入ってみることにした。

お店の外観は、ちょうちんが飾ってあって、さらに、大きめに「肉屋鶏男」って書いてあるので、なんとなく派手なイメージだったが、内装は、派手なこともなく、落ち着いて飲める感じ。特に高級な感じでもなく、会社帰りに飲みに行くような、普段使いの居酒屋っていう印象。

肉屋鶏男@柏の外観 店内に入って、席に案内されてメニューを眺めていたら、店員さんがもってきてくれたのが「しじみ汁」。どうやら、突き出しがシジミ汁らしい。これは定常的な突き出しなのか聞き忘れてしまったが、ちょっと変わっているなぁと。ただ、飲む前のしじみ汁は悪くないんじゃないかという気がした。

肉屋鶏男@柏のしじみ汁 店内にあった張り紙で、「ハイボール」がウリらしいということに気がついた。「タワー」を置いているらしいのだ。一瞬、ピンと来なかったが、パブなんかに行った時に見かける、ビールを注ぐための「タワー」、アレのハイボール版のことだろうか。確かに、「ハイボールタワー」は、見かけない気がする。というわけで、ハイボールを頼んでみた。

なんとなくではあるけれど、炭酸が少々きついというか、二酸化炭素がたっぷり入っている感じ(笑)がする。十分に冷えてるし、これはこれで悪くないと思う。

肉屋鶏男@柏のハイボール
メニューは、がっつりと鶏料理が並んでいて、非・鶏肉メニューもちらほらとあった。ま、そもそもメニューの数が多いので、きっと飽きないだろうと思う。

また、メニューの後ろの方には、讃岐うどんのメニューもいくつか並んでいた。シメまできっちり食べていってもらおうというお店の戦略が透けて見えるが、これは客にとってもうれしいことだろう。たぶん、ラーメン屋のラーメンでシメるよりは、ヘルシーだろうし、移動する手間もないわけだし。

もとい。鶏料理の定番の焼き鳥を始めとしていくつかオーダーしたのだが、、、また、「食べる前に撮る」という基本を怠ってしまった。鶏料理を多くラインナップしているだけあって、鶏肉は上質。臭みがあるはずもなく、おいしかった。焼き加減も上々。

肉屋鶏男@柏の塩ごまキャベツ 肉屋鶏男@柏の唐揚げ もちろん、シメは讃岐うどん。どうやら、あの"池上製麺"の、るみばぁちゃんが監修したうどんを使っているらしい。シメに位置づけているせいか、麺の太さがそんなに太くないのはいいなぁと。茹でたてのうどんはやっぱりおいしい。



お店:
肉屋鶏男
柏市柏3-6-16 ワールドスタービルディング

Webサイト:
肉屋鶏男@まいぷれ柏市版


休日のカフェめぐり 千葉
休日のカフェ製作委員会
幹書房
売り上げランキング: 27043
おすすめ度の平均: 5.0
5 煮詰まったらカフェへ出かけましょう

肉屋鶏男 居酒屋 / 柏駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5