おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

うどん

神田の「香川一福」でうどんを食べてみた。

先日、高松にある「さぬきうどん 一福」で釜揚げうどんを食べたが、その一福が東京に進出してたことは聞いていたが、混んでそうな気がしてなかなか訪れる機会がなかった…が、意を決して神田に向かった。JR神田駅前の商店街を抜けた交差点の近くに、「香川一福」はあった。

きっと行列してるんだろうなぁと思ったけど、訪れたタイミングでは2,3人がお店の外で待っている程度だった…が、その後、うどんを食べてる時に店員さんが外で8人のお客さんが待ってることを話してたから、たまたまだったのかもしれない。

香川一福の店頭


店頭にはメニューが貼ってあった。かけ、ぶっかけ、釜玉…メニューのラインナップはオーソドックスな感じ…ではあるけれど、ざるうどんとか釜揚げうどんなどのつけうどん系のメニューは用意してないみたいだ。うどんの量が小、中、大の3段階ってのがうれしい。うどんのトッピングとして、うどんと合うかどうかは別としても、サイドメニューのてんぷらにある「金時豆」ってのはやっぱり香川のうどん屋さんならではって印象。しかし、おでんとビールも魅力的だけど、ばっちりランチ時なので長居することは気が引ける。下調べした感じだと、カレーうどんが人気らしいけれど、ここは限定メニューの肉うどんにしてみよう。あと、店内は撮影禁止だけど、料理は撮ってもいいらしい。

店頭に貼ってあったメニュー


店内に入って券売機でチケットを購入したら、店員さんにカウンター席に案内された。テーブル席いくつかと、カウンター席数席。そんなに広くない店内はうどんが出てこなければ、カフェでも通用するかもしれない(…が、写真は撮れなかった)

というわけで、肉うどん(大)の到着。かけうどんに軽く煮た牛肉と玉ねぎを乗せて、さらに鰹節をかけてあった。ダシはいりこの印象が強いわけでないけれど、バランスをとったダシといった感じだろうか。机の上にある天かすとしょうがを加えて、雰囲気を変えてみても美味しい。あと、関東でネギというと白ネギが主流なので、緑のネギが嬉しい。

肉うどん(大)


細かい天かすを追加


うどんの麺は細め。今回、オーダーしたのがかけうどんってこともあって、強烈なコシがあるわけではないけれど、香川のうどん屋さんで提供されているような普段着のうどんって感じだろうか。美味しい。関東で讃岐うどんを食べようとすると、茹で時間が少ない固い状態=コシとして提供しているお店にでくわすこともあるからなぁ。いやはや、香川に帰省することなく、このうどんを食べられるのはありがたいような気がする。

うどんの麺は太くない


続いて、鶏天と上天。鶏天は揚げたてでかじりつくと肉汁が溢れてくるし、胡椒が利いてて美味しい。。関東にいると、香川の"天ぷら"を見かけることがほとんどないので上天はただただ懐かしい。まぁ、単に揚げかまぼこだろと言われると、確かにそうなんですが。

鶏天


上天


名物のカレーうどんも食べてみたいし、冷たいぶっかけうどんでどこまでコシがあるのか試してみたい気がするし、また食べに来るしかないなぁ。もっと早く訪れるべきだった。


香川一福うどん / 小川町駅淡路町駅神田駅

昼総合点★★★★ 4.0



「さぬきうどん 一福」で釜揚げうどんを食べた。

久しぶりに高松の実家に帰省した。香川に帰ってきても、特にすることもないので、とりあえず、うどんを食べに行った。今回、行ってきたのは、ちょっと評判のうどん屋さんの「さぬきうどん 一福」。

高松駅から県道33号線を西へ向かうと、JR予讃線の端岡駅の少し手前、線路の近くに「さぬきうどん 一福」があった。さすがに評判のうどん屋さん、駐車場が一杯だった。並んでいる来る前のナンバーを見ても「なにわ」や「高知」など、県外ナンバーが目立つ。

店頭では何人か並んでいて、うどんの茹であがりを待っているのが見えた。つまり、茹でたてのうどんが食べられると言うことだ。

かけうどん(どうやら、冷やかけも選べるらしい)や、ざるうどんなど、オーソドックスなメニューが並ぶ中、今回は釜揚げうどんを選んでみた。サイズは、1玉から3玉まで選べるようになっていたので、3玉にしてみた。

DSC_1269


…とりあえず、デカい。大きめの丼に並々と釜揚げうどん。これはかなりのボリューム。釜揚げうどん用のつけダシは2つ付いてきた。肝心のうどんは、細めの麺だけど、よじれているのでダシがよく絡む。うどんとして細い割にはちゃんとコシがあって、すいすい食べられる。細麺が好みなこともあって、旨い。

今度、行くことがあったらかけうどんを食べてみたいなぁ。どんなダシなんだろうか、かなり興味深い気がする。

追記:
「さぬきうどん 一福」が東京にオープンさせた「香川 一福」にうどんを食べに行ってきました

松下製麺所@高松にも行って讃岐うどんを食べた。

先の「さか枝に行ってきた」エントリーの続きというか、朝うどんを食べたついでに、近所の松下製麺所にも行ってうどんを食べてきた。

松下製麺所は、四国新聞社の裏側あたりにある製麺所タイプのうどん屋さん。てんぷらで有名な「竹清」が開店前にも関わらずすごい行列ができていたのとは対照的に、行列することもなく、店内で2,3人がうどんをすすっているという…ゴールデンウィークとは無縁の、いつもながらの光景だった。

松下製麺所@高松の外観

店内に入れば、両サイドにカウンターがあって、数席ずつ用意されていて、うどんの注文はお店の奥の方で。女将さんに「いくつ?」と聞かれるので、食べたいうどん玉の数(天ぷらを追加したい場合は、この際に天ぷらの数も答えておく、と)を答えると、どんぶりに入ったうどんを渡される。

それを手前にある、うどん温め用のお湯が張ってあるところで温めるのもよし、そのままぶっかけにして食べるもよし。天ぷらを申告しておけば、近くにある天ぷらを乗っけることもできる。そして、冷水器があるので、お冷やを汲んで、空いてる席にてうどんを食べる。

余談ではあるが、席に着くと謎の胡椒を見つけることになる。うどんに胡椒?と思うかもしれないが、外観の写真をよく見て欲しい。お店の入り口の上の方に「うどん・そば・中華そば」と書いてある。確か、店内でも中華そばを食べられたはずだ…ただし、中華そば用のスープが用意されているわけではなく、うどんダシで食べることになるような気がするけど。

そんなわけで、松下製麺所のうどん。麺は茹でたてではなかったけれど、伸びきっているわけではなく、これも普段着のうどん(だいたい、うどん県の人が常にゆでたてのうどんばかりを食べているわけでもないのだ)十分、おいしい。ただ、ダシは(うどんを温めた時のお湯が混じることを考慮してか)少し塩分が強いような気がするし、醤油が多めに入っているせいか、ダシの色も濃いような気がする。これもまた、うどん屋ごとの個性というか、なんというか。

「讃岐うどん」は、何か権威的な、または、標準的なものがあるわけではなく、それぞれのうどん屋が(工夫を凝らして?)作っているわけだが、一方で、各うどん屋が競っているわけでもない(なんせ、商売っ気ないから)ので、うどん屋ごとの違いも大きい。そんな、うどん屋ごとの麺、ダシの違いもまた讃岐うどんの魅力と言えるだろう。

松下製麺所@高松のうどん

天ぷらにしょうが、さらにネギ。もうさっき食べた「さか枝」と同じ感じ(汗)同じ感じのモノを食べた方が、違いが明らかになっていいじゃん…というか。ま、基本的にお店に用意されているものが、うどん、ダシ、天ぷら、ネギ、ショウガ、天かす…という、オーソドックスなものしか用意されてないことが多いので、食べ歩きをやると飽きる。ま、これまた、商売っ気ない讃岐うどん屋だから、仕方ない。

ちなみに、残り少ないゴールデンウィークではあるが、一応、下記のような営業予定らしい。「さか枝」よりはアグレッシブな営業のようで…(笑)

松下製麺所@高松の2012年のゴールデンウィーク営業予定


麺通団と週刊!超うどんランキング 第2巻 讃岐うどん・伝説の逸品篇 [DVD]
ポニーキャニオン (2012-05-16)
売り上げランキング: 1407




松下製麺所うどん / 栗林公園北口駅瓦町駅栗林駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


高松の「さか枝」でうどんを食べた。


実家に帰省しているということで、近所の讃岐うどんの名店「さか枝」に朝うどんを食べに行くことにした。「さか枝」はうどんを製麺所でもあるせいか、朝5:30から営業しているらしい。というわけで、朝食にうどんを食べに行く人も多いらしい。

そんなわけで、歩いて「さか枝」まで出かけた。

香川県としては、要潤を使ってポスターまで作って「讃岐うどん」をアピールしようとしているものの、もともと商売っ気のない、うどん屋がゴールデンウィークにまでフル営業するところは意外と多くないような印象もあるが…どうなんだろう。ちなみに、「さか枝」も3日は営業していたものの、4日、5日はカレンダー通りに休業するらしいし。

今日、行ったときには「さか枝」はさほど混雑しておらず、すぐに食べられた。ま、混んでいても、お客さんはさっさとうどんをオーダーして、さっさと食べて、さっさと帰るので、行列が進むスピードは割と早いほうだと思う。

ま、そんなことを考えつつも、オーダーしたのは「だいてん」(かけうどんの大に天ぷら)。うどんを大盛りにして、さらに天ぷらを乗せても310円(写真だとわかりづらいが、ねぎの下に、小エビのかき揚げが潜んでいる)。すごい安いなぁと改めて思う。

さか枝@高松で天ぷらうどんを食べた。

今回、オーダーした「だいてん」は、適当な感じでうどんを温めて、てんぷらをチョイスして、うどんの上に乗せる。さらに、薬味コーナーでネギとショウガを乗せて、ダシを温めるタンクから工業用蛇口からかけダシを注ぐ。こういった、うどんを作る工程を体験できるのも「さか枝」ならでは。

「さか枝」のうどんは普段着のうどんというか、毎日食べても飽きないような、そんな印象のあるうどん。うどんの麺も、特段、コシが強いわけでもないが、まさにつるっと食べられるような麺。ダシもきっちりとダシが効いているけれど、特に特徴がないようなというか、オーソドックスなダシであるような気がする。でも、こういう味が飽きない味なんだろうなと思える味だった。帰省すると必ず食べに行きたくなるのも改めて納得させられる。

また帰省したときに、さか枝にかけうどんを食べに行こうと思う。


麺通団と週刊!超うどんランキング 第1巻 讃岐うどん・珠玉の名店篇 [DVD]
ポニーキャニオン (2012-04-18)
売り上げランキング: 463



さか枝うどん / 栗林公園北口駅昭和町駅瓦町駅

昼総合点★★★★ 4.0



丸亀製麺@本八幡で釜揚げうどんを食べた。

ちょっと本八幡に用事があったので、本八幡駅に行ってきた。ちょうど昼時だったのでラーメンでも食べようかと思ってシャポーを抜けようとしたら、本八幡のシャポーのレストランゾーン(道路を越えたあたりですな)をちらっと見たところ、入口側に見慣れない店が出来ていた。

丸亀製麺@本八幡の店構え

おっと、これは丸亀製麺ではないですか!本八幡で讃岐うどんが食べられるのはありがたい…ということでラーメンを食べに行くのをキャンセルしてうどんを食べることにした。

釜玉にしようかと一瞬思ったけれど、ここはやっぱりベーシックなものを…ということで、釜揚げうどんをオーダー。オーダーしたものの…このお店がオープンして間もないせいか、店員さんがあんまり慣れていない(汗)釜揚げうどんのつけだしをこぼしてたし。

とはいえ、うどんはうどんだ。こだわり始めるとキリがないが、普通に茹でてあれば、それなりに食べられるうどんができるはずだ。

丸亀製麺@本八幡の釜揚げうどん

天ぷらに、かしわ天とちくわ天をチョイス。釜揚げうどんに天ぷらを
合わせるのはそんなにないことかもしれないが、うどんつゆに天ぷらをつけて食べるのが好きなので、個人的にはこれはあり。

関東に最初にやってきて巷を騒がせた、某讃岐うどんチェーンより丸亀製麺の方が美味しい気がするなぁ。ただ、釜揚げうどんのつけだしはあんまり好みじゃないのがちょっと残念。丸亀製麺で、釜揚げうどんで有名な長田のだしを期待するのも野暮か。天ぷらは、揚げたてだったのでやっぱりうまい。




変な給食
変な給食
posted with amazlet at 10.05.05
幕内 秀夫
ブックマン社
売り上げランキング: 7871


記事検索
スポンサーリンク