おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

おでかけ。

やはり船橋のピザ屋さん「キャメルピッツァ」のピザが旨かった

先日、ごぶさたしてしまっていた、船橋のピザ屋さん「キャメルピッツァ」にお邪魔してきた。お邪魔するのは何回目か数えるのはやめてしまったけれど、毎回、焼きたてのピザはこんなに旨いのかと感動することができる。哀しいのは私の帰宅する道程からすると、真逆の方向にお店があることだ(汗)

お店に到着して、ビールを飲みながら、オーダーしたのが「窯焼きキャベツ」。

camel5


石窯でキャベツを焼いて、アンチョビソースをかけたものだ。キャベツの甘みと、アンチョビの塩辛さの相性は素晴らしく、ビールが進む。

次にオーダーしたのが「石窯で焼く、ホンビノス貝のジェノベーゼ焼き」。船橋の漁港で絶賛売り出し中の「ホンビノス貝」にチーズを載せて、さらにジェノベーゼソースをかけて、石窯で焼いたものだ。

camel1


ホンビノス貝ははまぐりによく似ているけれど、はまぐりほどは貝自体の味が濃くないので、こういった料理にははまぐりよりホンビノス貝の方が合うような気がしないでもない。

camel2


食べ終わった後、ホンビノス貝の貝殻にホンビノス貝のジュースとバジルソースが混じったモノが残っていた。ホンビノス貝の旨みとバジルの香り。正直なところ、2度楽しめた(笑)

そして、ピザをオーダーしてみた。まずは、「マルゲリータにトッピングまさし」。マルゲリータという定番のトマトソースベースのピザだけど、それにトッピングが追加されていて、それが「まさし」。

もちろん、「まさし」という食材が載っているわけではなく(そりゃそうだ)、常連の「まさし」さんが考案した、ピザのトッピング「ホワイトソース」のことだ。トマトソースにホワイトソース。一見すると、ピザのクラストの上で何かが起きそうな組み合わせだけど、意外にもしっくり来る。これは、お店で手作りしているホワイトソースが"濃い"感じではなく、うまくトマトソースと合うように作られているからだろう。トッピング「まさし」のために、キャメルピッツァ足を運んでみるのもアリだと思う。

camel3


続いて、スペシャルきのこ。キノコたっぷり、チーズたっぷりの一枚。窯で焼かれた、エノキやシメジの食感がたまらなくいい。

camel4


そして、最後にジェノベーゼソースのピザ。キャメルピッツァのジェノベーゼソースは、おそらくはフレッシュバジルを使っているんだろうけれど、香りが豊か。あぁ、バジル食べてるって実感できる。

camel6


ピザといえば、宅配ピザを想起させるほど、宅配のピザは市民権を得ているし、確かにシーンによっては、手軽に味わえて美味しいなぁと思うこともあるけれど、でも、窯で焼き上がったばかりの焼けた香ばしさや、ピザのトッピングの香りが立っている感じは、簡単には宅配できないだろう。

なんせ宅配のピザは焼きたての蒸気を箱の中に閉じ込めるしかないわけだが、その蒸気がクラストやトッピングに返ってきてしまうからだ。要するに、窯で焼いたピザならではのおいしさはお店で焼きたてを味わう以外に術がないのではないだろうか。キャメルピッツァのピザは値段も手頃なので、ちょっと試しに"窯で焼きたて"のピザを試してみるにはちょうどいいお店だと思う。

あ、そういえば、キャメルピッツァのマスターが、毎月11日は生地を手ごねするって仰っていたような気がする。手でこねた生地が美味しいのは確かなんだけど、毎日、生地を手ごねするととても間に合わない…というジレンマがあって、でも、やっぱり美味しいピザを食べてもらいたいから、せめて月に1日くらいは頑張って生地を手ごねで用意するらしい。

…ってことを、15日頃に思い出したので私はまだ手ごね生地のピザを味わえていない(涙目)

大阪の天神橋筋商店街にある自由軒で名物カレーを食べた。

夏休みに大阪に出かけてきた。特にこれといった目的もなく、ふらっと大阪をぶらぶらしてから、実家に帰ろうと思った次第だ。

まず、伊丹空港に到着して、ささっとモノレールに乗って蛍池で阪急に乗り換えて阪急梅田駅に到着した。まぁ、ちょっと残念な感じになっているJR大阪駅でも見てくるかーということで、JRの改札を通ったものの…適当にふらつく予定だったのでいきなりJRに乗ることになって戸惑ってしまった。

そんなわけで、JR大阪環状線に乗って…一駅だけ移動してみた。それで、たどり着いたのがJR天満駅。駅前に商店街があったので、商店街を歩いてみることにした。この商店街は天神橋筋商店街という名前で、かなり長い距離にわたって商店街が続いていたし、かなり賑わっていた。

そんな商店街をふらふら歩いていたら、「自由軒」を見つけた。自由軒というと…カレー。ということで、名物カレーを頼んでみた。でも、店員さんが厨房にオーダーを通すときには、インディアンカレーとか言ってたかなぁ。

自由軒@天満の名物カレー

ちなみに、卵は半熟卵に変更することができるようだったので、半熟卵に変えてみた。

この自由軒のカレーは、いわゆる「混ぜてある」カレーとして認識していたが、実際に食べてみるとちょっと違っていた。まず、ルーは、よく見かけるカレーよりはさらっとしたルーであるような感じ。ご飯も少し固めになっていたような気がする。なので、スープっぽいカレーをご飯に絡めてあるので、印象としては、カレーリゾットのような感じ。普通に「カレー」として売られているカレーではないけれど、やっぱり混ぜてある状態に最適化したカレーなので、それはそれでしっかりとおいしい。

それに、カレーと一緒にソースが出てきて、味を調整してみてください、とのことだった。ソースをかけて混ぜてみると、酸味が加わって、またちょっと違った味になっておもしろい。

一応、自由軒の名物カレーが売り物ではあるみたいだけど、お店にあるメニューを眺めてみると、名物カレーの存在感が非常に薄い、と(汗)私のような観光客にすれば意外だけど、逆に、常連さんから見れば、そんなに名物カレーを食べ続けるわけにもいかないわけで、むしろ、普通のカレーに何種類ものトッピングの方が自然なんだろうな。


味の牛たん 喜助 東京駅八重洲北口店で牛たん焼きを食べた。

先日、東京駅の近くを通る予定があったので、ついでに八重洲北口の飲食店が集まっているエリア(どうやら、東京駅八重洲北口キッチンストリートというらしい)に立ち寄ってみた。時間は16時近くではあったものの、とりあえず、昼めしを食べるタイミングを逸していたので、空腹感はあったが、多くの店は休憩中な感じでお客さんもとてもすくなくふらっと入りづらい感じだった。

そこで、見つけたのが「味の牛たん 喜助」。お客さんがちらほらいるものの混んではいないし、一人でふらっと入りやすそうだ。牛たん焼きといえば、仙台名物。いつか仕事で仙台に出張した時に、利久で牛たん食べたことを思い出した。牛タン焼きはお財布へのインパクトは小さくなさそうだったけれど、震災の復興支援ということで覚悟を決めて、「味の牛たん 喜助」に入ってみた。

頼んだのは、牛タン焼き定食1500円。思ったよりも牛たんが薄いなぁとは思ったものの、枚数の観点からは、ボリューム感があったような気がする(笑)仙台で食べた時もなんとなく不思議だったけれど、焼肉屋で食べる牛たんとはなんだか微妙に味が違うような、麦ごはんにあう味付けになっているような気がする。喜助では、塩味とたれ味が選べるようになっているが、個人的には塩味が好みだ。

味の牛たん 喜助東京駅八重洲北口店の牛タン焼き

牛タン焼きに麦ごはんと味噌南蛮、あとテールスープが付いてくる。塩味の牛たんには、塩味のテールスープがよく合うような気がする。

…ただ、仙台の牛たんを食べた時もうっすら思ったのだが、仙台の牛たん屋(そして、東京駅の八重洲北口でもそうだった)では必ずと言っていいほど、みそ南蛮が付いてくる。あの味噌南蛮は必ず必要なのかと言われると、個人的にはちょっと考えてしまう。牛タンが塩が強い味付けなので、味噌南蛮の塩気と衝突して…ビールは飲みたくなるかもしれないが、ご飯と合わせることを考えると…うーむ、という印象がある。

でも、牛タンの満足感はしっかりと確実なものがあったことは最後に書いておきたいし、また食べに行きたい。

余談ではあるが、東京駅には改札の中に仙台発の牛たん屋の「利久」ができていて、帰る途中にちらっとみに言ってみたが、「利休」は行列ができていた。そういえば、利久の牛たんのカットの仕方は特徴的で、アレはアレで美味しかったような気がしたが…。利久に並んでいる人が喜助と比較して並んでいるような気はしないし、歩いていてたまたま利久を見つけたんだろうなぁという感じだった。行列の有無は業績に直結しそうだし、やっぱり飲食店にとっては立地は大事なんだな、と改めて思った。とはいえ、調べてみると、喜助は、東京駅の八重洲北口キッチンストリートだけでなく、丸の内パークビルや芝大門、あと、みなとみらいにもあるらしいし、利久も進出してきているらしい。仙台の牛タン焼きを首都圏で堪能できるのは実に素晴らしいことだ。



半蔵門でランチしてみた。

先日、ちょっとした用事で半蔵門に行ってきた。半蔵門というと、皇居の近くでオフィスビルも多くて、the 都心というエリア。ランチを食べられる場所もそんなにないかなぁと思っていたら、意外とお店はあるんだけど、お店の数よりも働いている人が多いので、どこのお店も混雑していた。ま、お店の賃貸料とかも高そうなので、儲からない(=客が入らない)お店は存続できないか、と考えると、これは必然なのかもしれない。

で、なんとか入ったお店が、九州屋台劇場ってお店。牛スジカレーと、みずイカ丼で悩んだけれど、なんとなくイメージがつかなかったみずイカ丼をオーダーしてみた。

みずイカ丼@九州屋台劇場

みずイカ丼は、イカの刺身をヅケにして、それを丼飯に乗せて、卵の黄身を乗せたものだった。これが、なかなかうまい。イカの甘味と、食感がいい感じ。勢い良くがーっと完食。

まぐろなんかはヅケにしたことはあるけれど、これまでは、イカをヅケにする発想がなかった。ま、イカはスーパーで買ってきてもイカだろうから(汗)イカの刺身を買ってきて、ヅケにするだけで、近いものは再現できそうな気がする(ちょっと甘めのヅケダレは再現するのが少し難しそうな気がしたが、そこはアレンジで何とかしようかと…)

博多学 (新潮文庫)
博多学 (新潮文庫)
posted with amazlet at 11.05.29
岩中 祥史
新潮社
売り上げランキング: 248467

銚子電鉄に乗ってみた。

この前のエントリーの続き。

銚子に着いて、することもなかったので、JR銚子駅のホームの奥の方にある銚子電鉄に乗って犬吠埼まで出かけてみることにした。

銚子電鉄に乗るためには、JRの改札を通る必要があるが、JRの券売機では銚子電鉄の切符は売ってなくて、有人改札に近寄って「銚子電鉄に乗りたいんですけど…」とつぶやけば、通してもらえるシステム。なんともレトロな感じだ。

で、JRのホームの隅っこが銚子電鉄のホームになっていて、ちょうど電車が止まっていた。

0908_choshi_2

0908_choshi_1

一瞬、「桃太郎電鉄」って書いてあるのかと思いきや、実はよく似たフォントで「銚子電鉄」って書いてあった。車内もかなり「桃鉄」風で、ハドソンが1両スポンサーやってるんだろうか…というくらいに、桃太郎電鉄な銚子電鉄だった。

詳しくは覚えていないので間違っているかもしれないが、桃太郎電鉄な銚子電鉄はどうやら銀座線を走っていた電車らしい。鉄分高いみなさま(汗)には垂涎の光景なのかもしれない。電車の天井に着いていたのは、エアコンではなく、巨大な扇風機だった。

0908_choshi_3

房総半島の向こう側の太平洋は穏やかそうに見えて、かなり波が立っていた。風が相当強くて、犬吠埼灯台の上では目も開けられないほどだった(汗)

…で、帰りに電車を待っていたら、ホームから見える線路に草が生えてた。無機質な石ころだらけの線路を見慣れているだけに、なんだか珍しいモノを見た気がする。

0908_choshi_4

…で、降りたときと反対方面からやってきた電車は、やっぱり桃太郎電鉄な銚子電鉄だった(汗)

0908_choshi_5

記事検索
スポンサーリンク