おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

独り言。

西船橋にココイチができるらしい。

まいぷれ船橋版を眺めてたら、2010年1月に西船橋にココイチができるらしいという書き込みを見つけた。

まいぷれ船橋版:2010年1月 カレーハウスCoCo壱番屋 オープン

まぁ、ココイチなんてどこにでもあるんだけど、ココイチのカレーは、ふとした瞬間に食べたくなるので近所のココイチは押さえておきたい。

養老ビールの謎。

ふとしたことから、「養老乃瀧」に行くことになった。

まぁ、基本的には安い居酒屋なので、メニューを一瞥して適当に飲み物とつまみをオーダーするつもりだったが、思わず、謎のビールに視線を奪われてしまった。

その名も「養老ビール」である。

ここは確かに「養老乃瀧」ではあるが、それにちなんだビールが存在していいのだろうか。ちょっと凝ったレストランがレストランの名前を冠したビールを作っちゃったりすることもあるのかもしれないが、ここは「養老乃瀧」ではないか。そんなことが可能なのか。しかも、瓶ビールとしては、きわめて普通の値段であって、エビスビールよりも少し安いというリーズナブルといっていい値段であった。

…というわけで、生ビールを我慢して「養老ビール」をオーダーすることにした。

で、ほどなくして到着したのは、このビール。

養老ビールという名の黒ラベル

ぱっとみた印象は、ただのサッポロ黒ラベルである。

はっきり言って、肩すかしを食らったような感覚だ。しかし、瓶をよーく見てみるとわかるのだが、大きく「SAPPORO」と書いてる、その上に小さな文字で、控えめに「養老ビール」と書いているではないか。

…つまり、まぁ、「養老ビール」というのは、きっと「サッポロ黒ラベル」なのだ。

で、ラベルの一番上にはこんなことが書いてある。「FIVE THOUSAND FRANCHISEES IS OUR GOAL」。なんとなく雰囲気で訳すと、「フランチャイズ5000件が私たちの目標です」といったところか。なんとなくビール瓶に書くようなことでもないような気がしないでもないが、これは「養老乃瀧」の決意表明である。

養老ビールという名の黒ラベル

いや、だからどうしたというわけではないが…とりあえず、「養老ビール」を見つけたってことで(汗)


ビールの教科書 (講談社選書メチエ)
青井 博幸
講談社
売り上げランキング: 57777
おすすめ度の平均: 5.0
5 醸造家らしい分りやすいビールの解説書
5 まとまっていて分かりやすい
5 まさに教科書! わかりやすい
4 ビールに関する実用的な情報。
4 ビールに関する基本的知識が短時間で手にはいる良書


西船橋の中華居酒屋

「かつ工房和幸」は、なかなかいい感じ。

いつもどおりの散歩でたどり着いたのは、流山おおたかの森SC。昼飯時は外していたけれど、昼飯を食べ忘れていたので、レストラン街を眺めて、和幸に決定。

和幸に行ってみて、いつもの和幸と少し違うことに気がついた。

まず、米を売っていた。トンカツ屋の和幸で米を売っているのは多少の違和感があったが、どうやら店内で精米している、うまい米ということらしい。

次に、和幸定番のおかわり自由なものが、キャベツ、おしんこ、ごはんになっていた。味噌汁がないのだ!…いや、その前に「おしんこ」ってなんだろう。和幸の定食でもお新香が付いていたような気がしないでもないが、おかわり自由になっているのを見たことはない。

なんだこれは!と思ったら、店の名前が「かつ工房和幸」だった。いつも行ってるのは「とんかつ和幸」だから、別業態の和幸だったのだ。

とりあえず、カキフライの盛り合わせの定食をオーダーしてみた。1500円。いつもの「とんかつ和幸」と変わらないくらいの値段だ。

で、しばらく待っていたらやってきたのがこちら。

かつ工房和幸のカキフライ盛り合わせ

まず、お味噌汁が豚汁であった。「とんかつ和幸」のおかわり自由なシジミの味噌汁ではない。まぁ、豚汁であれば、おかわりするのは気が引けてしまう。

加えて、「とんかつ和幸」ファンの方なら、気がついてもらえるのかもしれないが、奥に妙な箱が2つ置かれている。これが、「とんかつ和幸」と「かつ工房和幸」の相違点だ。それぞれの箱に2つずつ器が入っていて、そこにごまをまぶした大根やキャベツの浅漬けなど、4種類のお新香が入っていた。おかわり自由なおしんことは、これのことであったのだ。

さて、揚げ物に関しては「とんかつ和幸」と遜色ない仕上がりで、カキフライからはジュースがあふれ出てこぼしかけてしまった(汗)まぁ、要するに、普通にうまいのである。

トンカツ屋で飯を食ったにも関わらず、こんなことを書いてしまうのは恐縮だが、業態の相違点である「おしんこ」が妙にうまかった。4種類もあって飽きなかったせいもあるが、妙に味付けがよかったのだ。カツも食べながらではあったが、あっという間に1膳目のご飯がなくなった。(思い出してみれば、ご飯も炊き加減が好みな、うまいご飯だった)カツをさっさと食べて(汗)お新香でご飯を食べてしまった。帰宅して調べてみると、このおしんこも自家製らしい。なるほどなぁ。このおしんこを携えて、とんかつ茶漬けの店でもやればヒットするんじゃないかと思った。

近くに、かつ工房和幸が出来れば行くんだけどなぁと思ったけど、千葉県内は、流山おおたかの森SCだけらしく、あとは、六本木ヒルズ、晴海トリトン(…と神奈川)らしい。うー、残念だ。

とんかつ奇々怪々 (文春文庫)
東海林 さだお
文藝春秋
売り上げランキング: 387924
おすすめ度の平均: 4.5
5 日常茶飯事に何かを見つけたい方へ
4 男の分別学、からの文庫


なんとなく開設してみた。

livedoor Blogってどんなのかなぁと思いつつ、こっちにも開設してみた。何を書くのかは、とりあえず開設してから決めようってことで。

ただ、Blogを作りすぎて、わけわからなくなりつつあることは…とりあえず忘れておこう(汗)
記事検索
スポンサーリンク