実家に帰省しているということで、近所の讃岐うどんの名店「さか枝」に朝うどんを食べに行くことにした。「さか枝」はうどんを製麺所でもあるせいか、朝5:30から営業しているらしい。というわけで、朝食にうどんを食べに行く人も多いらしい。

そんなわけで、歩いて「さか枝」まで出かけた。

香川県としては、要潤を使ってポスターまで作って「讃岐うどん」をアピールしようとしているものの、もともと商売っ気のない、うどん屋がゴールデンウィークにまでフル営業するところは意外と多くないような印象もあるが…どうなんだろう。ちなみに、「さか枝」も3日は営業していたものの、4日、5日はカレンダー通りに休業するらしいし。

今日、行ったときには「さか枝」はさほど混雑しておらず、すぐに食べられた。ま、混んでいても、お客さんはさっさとうどんをオーダーして、さっさと食べて、さっさと帰るので、行列が進むスピードは割と早いほうだと思う。

ま、そんなことを考えつつも、オーダーしたのは「だいてん」(かけうどんの大に天ぷら)。うどんを大盛りにして、さらに天ぷらを乗せても310円(写真だとわかりづらいが、ねぎの下に、小エビのかき揚げが潜んでいる)。すごい安いなぁと改めて思う。

さか枝@高松で天ぷらうどんを食べた。

今回、オーダーした「だいてん」は、適当な感じでうどんを温めて、てんぷらをチョイスして、うどんの上に乗せる。さらに、薬味コーナーでネギとショウガを乗せて、ダシを温めるタンクから工業用蛇口からかけダシを注ぐ。こういった、うどんを作る工程を体験できるのも「さか枝」ならでは。

「さか枝」のうどんは普段着のうどんというか、毎日食べても飽きないような、そんな印象のあるうどん。うどんの麺も、特段、コシが強いわけでもないが、まさにつるっと食べられるような麺。ダシもきっちりとダシが効いているけれど、特に特徴がないようなというか、オーソドックスなダシであるような気がする。でも、こういう味が飽きない味なんだろうなと思える味だった。帰省すると必ず食べに行きたくなるのも改めて納得させられる。

また帰省したときに、さか枝にかけうどんを食べに行こうと思う。


麺通団と週刊!超うどんランキング 第1巻 讃岐うどん・珠玉の名店篇 [DVD]
ポニーキャニオン (2012-04-18)
売り上げランキング: 463



さか枝うどん / 栗林公園北口駅昭和町駅瓦町駅

昼総合点★★★★ 4.0