おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

2015年12月

北習志野の麺処ゆきちでラーメンを食べた

Googleで近所のラーメン屋さんを検索していたら、見つけたのが北習志野の麺処ゆきち。まいぷれ船橋の「バランスを極めた淡麗醤油がクセになる『麺処ゆきち』」という記事によると、麺処ゆきちの店主はアイバンラーメンや麺処くるりで修行された方。そして、ラーメンには再仕込みしょうゆ、下総醤油、薄口醤油の3種類の醤油を使っているらしい。なんか旨そうな予感…。ということで、北習志野まで出かけてみることにした。

北習志野駅を出てふらふら歩くこと数分。駅前の雰囲気が消えて、ちょっと住宅地っぽい感じになってきたところに麺処ゆきちはあった。外観のぱっと見はスナックか何かのような…。ラーメン屋ではなかなか見かけない感じ。

麺処ゆきちの外観


店頭には小さな看板が出ていて、ランチ時にはたまごかけご飯がちょっと安くなっているようだ。

麺処ゆきちの店頭の看板


店内に入ってみると、L字型のカウンターがあって中年夫婦がラーメンを食べていた。ラーメンフリークばかりじゃなくて、地元の人達にも愛されているラーメンということだろうか。メニューを眺めてると、醤油ラーメンは「醤油A」「醤油B」という2種類あるらしい。「醤油A」にはトマトベースの野菜だしが入っているとのこと。ま、初めてだし、他のお店と比較しやすいオーソドックスな「醤油B」を選んでみた。他にも限定メニューとして「魚介と野菜だしの醤油そば」もあったし、冬季限定として味噌ラーメン、汁なし味噌ラーメンもあった。汁なし味噌ラーメン…なかなか珍しいかも。さすがは麺処くるりで修行した御主人の業が光っているのだろう。

この麺処ゆきち、前金制だった。つまり、ラーメンをオーダーするとお会計がなされて、お金を支払うことになる。よく考えてみたら、券売機を置いているラーメン屋は前金制なのだが、口頭でのオーダーと前金制の組み合わせは珍しいかも知れない。

ほどなくして「醤油B」の味玉入りが登場。いやー、スープが熱い。猫舌の人には悲劇かもしれないが、私はきっちりと熱い状態で出してくれるお店は美味しく感じる。まずはスープから。ずっと飲んでいたいような優しい味。醤油の風味が立つものの、具体的に何のダシが入っているかなかなか分からないような…でも、きっちり美味しい。この渾然一体感はいいなぁ。あと、麺は細め。ストレートな麺で食べやすい。チャーシューは大きいし、脂身と肉のバランスも良かったなぁ。青菜はおそらく小松菜だと思うけど、これもまたいいアクセントになっていた。

麺処ゆきちのラーメン


ついでに、オーダーしてみたのが、チャーシュウごはん。ブロック状のチャーシューがごろごろと乗っている。チャーシューがまとっているタレは煮詰められているのか、とても香ばしく、一瞬、鰻の蒲焼きを彷彿とさせる。

麺処ゆきちのチャーシュウごはん


先に麺をつるつると食べて、チャーシューご飯をラーメンのスープと一緒に食べ進めたが…なかなかいい相性。メニューに「無化調」と明記してあるだけあって、スープがしみじみと旨い。もちろん、スープを飲み干した。

麺処ゆきちのラーメンを完食


「麺処ゆきち」のラーメンはなかなか旨かったなぁ。北習志野の駅からちょっと離れたところにあることくらいが玉に瑕である気もするが、近くまで来ることがあったら、ちょっと北習志野に寄っていくかなぁと思えるラーメンだった。

ゆきちラーメン / 北習志野駅高根木戸駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




ラーメンを科学する おいしい「麺」「だし」「うまみ」の正体
川口友万
カンゼン (2017-12-18)
売り上げランキング: 13,932



三田のカレー屋さん「コロンブス」でベーコンエッグキャベツカレーを食べた

先日、三田界隈でランチを食べる機会があったが、三田のランチ事情に疎いため、ふらふらと慶応仲通りを歩いていたら、チェーン系のお店に混じって、直感的に旨そうな気がするカレー屋さんを見つけた。それが「カレーキッチン コロンブス」。

コロンブスの外観


外から覗いてみると、入り口には券売機が置いてあって、いくつかのテーブルとカウンターがあるので、ともすれば定食屋のようではあるが、席に座ってみるとらっきょが置いてあって、カレー屋さんであったと安心できた。

カレーの種類…というか、トッピングはいくつかあって、券売機のボタンもいくつもある。しかし、後からお客さんがやってきて待っていたりすると、券売機をじっくりと眺めて迷ってる時間も取れず、勢いで購入したのが「ベーコンエッグキャベツカレー」のチケット。

チケットを買った後で、どういうカレーがでてくるか不安になった。なんとなーく、キャベツが入ったカレーの上にベーコンエッグが乗ってる状況を想像していたが、出てきたのがこれ。

ベーコンエッグキャベツカレーのライス


ベーコンエッグキャベツカレー



想像と違うカレーが出てきたが(笑)、食べ始めてみると、スパイスが効いているけるど、意外とさわやかな(カレーにさわやかって形容詞も変かもしれないが…)カレー。ベーコンエッグキャベツカレーは、トッピングがたっぷりで、歯触りのいいピーマンと炒り卵っぽい感じの卵もなかなかいい相性。机に置かれている付け合わせの中に、刻んだ玉ねぎがあって、それも合わせると色々な変化を楽しめた。…しかし、コロンブスを訪れた方のレビューを拝見する限りでは、私はベーコンエッグキャベツカレーだと思ってチケットを買ったけど、ピーマンや茄子も入っていたので、実はベーコンエッグキャベツピーマンなすカレーだったかもしれない。慌てて食事をしようとすると色々とダメだなぁ…。


普段、食べているカレーとは、ひと味もふた味も違ったカレーを食べられて満足して店を後にしたが、ただ、ぼんやりと、もうちょっと安いと気軽に食べられるんだけどなぁと思ったが…ま、三田という立地とか、ふんだんにスパイスを使ってそうな感じもあるし、値段を安くして欲しいなんて望むべくもないか…。


コロンブスカレーライス / 三田駅田町駅芝公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


本八幡の一茶庵のそばは、さすが老舗の味だった

JR本八幡駅で降りて、シャポー側の改札から出て、そのまま駅の外に出たところのすぐ近く、昔は和菓子屋さん(とはいえ、店頭では鯛焼きを焼いていたので鯛焼き屋の印象だが…)の脇に石畳の小道があって、古い建物が奥に見える。ぱっと見ただけだと、なんだろうと思うわけだが、調べてみると、本八幡の老舗のそば屋さんであることがわかった。

本八幡の老舗「一茶庵」


こちらのWebサイトによれば、栃木県足利市の「足利一茶庵総本店」で修行した方が開いたお店とのことで、創業は昭和34年だそうだ。それに、本八幡の一茶庵で修行した人も独立してお店を持っているとのことで、「一茶庵」が広がっていく中で重要なポイントとなった老舗らしい。

謎の立ち食いコーナー


一茶庵の入り口はいかにも老舗のそば屋という感じだが、実は総武線の高架沿いに同じく一茶庵の屋号を出しているお店がある。ただし、こっちは看板に「立ち食いコーナー」と書いてある。老舗なんだから、落ち着いた雰囲気のなかでそばを出しているのかと思いきや、立ち食いコーナーを用意するとは…なかなかチャレンジングな老舗ではないだろうか。

というわけで、今回は本八幡の「一茶庵」の立ち食いコーナーを訪れてみた。

一茶庵の立ち食いコーナーの外観


どことなく既視感のある店内


ちょうど訪れたのが昼時で、混み合っていたこともあって店内の様子は撮れなかったが、「一茶庵」の立ち食いコーナーは、あぁ、どっかで見たことあるような感じだった。狭い店内に、厨房、そしてカウンターというか、机が少々。「一茶庵」の立ち食いコーナーからひなびた空気感を取り払って、券売機でも置けば富士そばとか小諸そばといった立ち食いそば屋のような感じだ。しかし、一茶庵の方は年配のお客さんが多いせいか、椅子が用意されていてなんとか腰掛けて食べることができそうだ。

メニューは多くないけれど…肉南蛮があった


まぁ、立ち食いそばだし、そんなに広い厨房ではないから、そんなにメニューはないだろうと思ったが、壁に書いてあるメニューにはレギュラーメニュー以外にも肉南蛮とか鴨汁そばも用意されていた。券売機でチケットを買いたくなるのをぐっと我慢して「肉南蛮そば」を店員さんに頼んだ。

待っている間、厨房を眺めていると、調理を担当されている店員さんが忙しそうにそばをゆでているのが見えた。さすがは老舗、ゆで置きのそばを出すようなことはしないんだろう。期待が高まる。ほどなくして、「お薬味」として渡されたのが、このねぎ。

お薬味のねぎ


リーズナブル系立ち食いそば屋だと、ちょっと厚めに刻まれていることもある薬味のねぎだが、かなり薄くというか、繊細に刻まれていた。あと、老舗なそば屋さんにありがちな、ちょっとだけよ感もなく、どさっと盛られているねぎがなんだかうれしい。

そして、登場したのが、この「肉南蛮」。

一茶庵の立ち食いコーナーの肉南蛮


老舗とはいえ、立ち食いコーナーなんだから、きっとなにかがアレなんだろうなぁ…と思っていたが、立ち食いコーナーの厨房のドアを開けると、すぐそこが一茶庵本店というだけあって(?)、ちゃんと老舗の味だった。特に、細く切られたそばと、そばつゆの相性は老舗の塩梅…のように思えた。濃すぎず、薄すぎず、それでいてダシの風味がしっかり立っている、そばつゆはリーズナブル系立ち食いそば屋では難しいかもしれない。これまではリーズナブル系立ち食いそば屋ばかりでそばを食べていたせいか、つゆそばって、どうも好きになれなかったんだけど、結局のところ、そばつゆが好きになれなかっただけかもしれない。

最後にゆっくりつゆを味わっていたら、年配の常連風のおじさんがいそいそとお店に入ってきて、ハートランドビールを飲みながら鴨汁そばが出来上がるのを待っているのを見て、…今度、一茶庵にそばを食べに来た時は、あの組み合わせにしようと確信した。



市川一茶庵 立食いコーナーそば(蕎麦) / 本八幡駅京成八幡駅鬼越駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

記事検索
スポンサーリンク