おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

2012年05月

ラーメン山村@さぬき市でラーメンを食べた。

徳島の眉山に遊びに行った帰り、母が「津田のあのラーメンを食べたい」とか言い出すので、スマートフォンでいろいろと調べてみたところ、さぬき市の鴨部のあたりに、「ラーメン山村」というラーメン屋があるらしいことがわかった。

実際に現地に行ってみると、こんな外観。確か、ここって昔は喫茶店だったような…そんな居抜きな感じのラーメン屋さん。

ラーメン山村@さぬき市の外観

店内はテーブル席を中心に、カウンターが数席用意されていて、カウンターからはラーメンができていく様子を眺めることができる。店主らしき男性が黙々とラーメンを作り、奥さんらしき人ともう1人の女性がアシストとラーメンの提供を行っていた。また、おしぼりとお冷やはセルフサービスという、讃岐うどんのセルフの店を彷彿とさせる合理的なシステム。

ラーメンのスープが、醤油、塩、味噌といったオーソドックスな味が用意されていて、それらと、ベースとなるスープの組み合わせでメニューが成り立っている。例えば、「あっさり」スープは、鶏ガラと海産物がメインのスープで、醤油と塩のいずれかの味と組み合わせられる。また、「こってり」スープは豚骨スープで、「豚骨しょうゆ」や「豚骨味噌」といったスープになる。スープのバリエーションに加えて、ネギやチャーシューなどのトッピングのバリエーションがあるので、ラーメン屋にしてはメニューが多いように見える。

とりあえず、こってりの「とんこつ醤油」のネギラーメンをオーダーしてみた。

ラーメン山村@さぬき市のラーメン

とんこつ醤油スープは、一見すると博多ラーメン風の色合いではあるけれど、臭みは全くなく、むしろ、とんこつのコクは残しながらも、意外とあっさりしていたような気がする。極端な言い方をしてしまうと、「天下一品」のこってりのスープにとんこつの風味を加えて、普通のラーメンのスープの濃度にした感じだろうか。

また、麺はストレートな中太麺。とんこつスープというと、博多ラーメンのような極細の麺が合うような気がするが、こちらの中太麺も悪くない。ただ、美味しいスープではあるが、どうしてもパンチに欠けるのと、中太麺であるせいか、中盤戦に少し飽きが来てしまうので、卓上の高菜を入れると、また雰囲気が変わって食べ進められる。

そして、ラーメン屋のサイドメニューの定番はぎょうざ。この餃子も、一見すると、オーソドックスな餃子だが、餡に春雨が入っていて、しかも、その春雨にはスープを染みこませてあるのか、心地いい食感と、旨みが感じられた。


ラーメン山村@さぬき市のぎょうざ

帰り際にちらっと厨房を眺めてみたが、お湯の中にラーメンどんぶりが沈んでいて、ラーメンを提供するまでの温度に気を遣っていたことが分かるし、店主らしき男性がおもむろに濃度計らしきものを取り出して、スープの何かを測っていた。きっと、品質管理の一環なんだろう。

オプションを追加していないラーメンの値段が500円からなので、首都圏のラーメンと比較すると、安いなぁという印象ではあるが、一方で、きっちり作ってあるなぁと印象は強く、美味しいラーメンだった。





野武士のグルメ
野武士のグルメ
posted with amazlet at 12.05.06
久住 昌之
晋遊舎
売り上げランキング: 46464




ラーメン山村 本店ラーメン / 讃岐津田駅神前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

松下製麺所@高松にも行って讃岐うどんを食べた。

先の「さか枝に行ってきた」エントリーの続きというか、朝うどんを食べたついでに、近所の松下製麺所にも行ってうどんを食べてきた。

松下製麺所は、四国新聞社の裏側あたりにある製麺所タイプのうどん屋さん。てんぷらで有名な「竹清」が開店前にも関わらずすごい行列ができていたのとは対照的に、行列することもなく、店内で2,3人がうどんをすすっているという…ゴールデンウィークとは無縁の、いつもながらの光景だった。

松下製麺所@高松の外観

店内に入れば、両サイドにカウンターがあって、数席ずつ用意されていて、うどんの注文はお店の奥の方で。女将さんに「いくつ?」と聞かれるので、食べたいうどん玉の数(天ぷらを追加したい場合は、この際に天ぷらの数も答えておく、と)を答えると、どんぶりに入ったうどんを渡される。

それを手前にある、うどん温め用のお湯が張ってあるところで温めるのもよし、そのままぶっかけにして食べるもよし。天ぷらを申告しておけば、近くにある天ぷらを乗っけることもできる。そして、冷水器があるので、お冷やを汲んで、空いてる席にてうどんを食べる。

余談ではあるが、席に着くと謎の胡椒を見つけることになる。うどんに胡椒?と思うかもしれないが、外観の写真をよく見て欲しい。お店の入り口の上の方に「うどん・そば・中華そば」と書いてある。確か、店内でも中華そばを食べられたはずだ…ただし、中華そば用のスープが用意されているわけではなく、うどんダシで食べることになるような気がするけど。

そんなわけで、松下製麺所のうどん。麺は茹でたてではなかったけれど、伸びきっているわけではなく、これも普段着のうどん(だいたい、うどん県の人が常にゆでたてのうどんばかりを食べているわけでもないのだ)十分、おいしい。ただ、ダシは(うどんを温めた時のお湯が混じることを考慮してか)少し塩分が強いような気がするし、醤油が多めに入っているせいか、ダシの色も濃いような気がする。これもまた、うどん屋ごとの個性というか、なんというか。

「讃岐うどん」は、何か権威的な、または、標準的なものがあるわけではなく、それぞれのうどん屋が(工夫を凝らして?)作っているわけだが、一方で、各うどん屋が競っているわけでもない(なんせ、商売っ気ないから)ので、うどん屋ごとの違いも大きい。そんな、うどん屋ごとの麺、ダシの違いもまた讃岐うどんの魅力と言えるだろう。

松下製麺所@高松のうどん

天ぷらにしょうが、さらにネギ。もうさっき食べた「さか枝」と同じ感じ(汗)同じ感じのモノを食べた方が、違いが明らかになっていいじゃん…というか。ま、基本的にお店に用意されているものが、うどん、ダシ、天ぷら、ネギ、ショウガ、天かす…という、オーソドックスなものしか用意されてないことが多いので、食べ歩きをやると飽きる。ま、これまた、商売っ気ない讃岐うどん屋だから、仕方ない。

ちなみに、残り少ないゴールデンウィークではあるが、一応、下記のような営業予定らしい。「さか枝」よりはアグレッシブな営業のようで…(笑)

松下製麺所@高松の2012年のゴールデンウィーク営業予定


麺通団と週刊!超うどんランキング 第2巻 讃岐うどん・伝説の逸品篇 [DVD]
ポニーキャニオン (2012-05-16)
売り上げランキング: 1407




松下製麺所うどん / 栗林公園北口駅瓦町駅栗林駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


高松の「さか枝」でうどんを食べた。


実家に帰省しているということで、近所の讃岐うどんの名店「さか枝」に朝うどんを食べに行くことにした。「さか枝」はうどんを製麺所でもあるせいか、朝5:30から営業しているらしい。というわけで、朝食にうどんを食べに行く人も多いらしい。

そんなわけで、歩いて「さか枝」まで出かけた。

香川県としては、要潤を使ってポスターまで作って「讃岐うどん」をアピールしようとしているものの、もともと商売っ気のない、うどん屋がゴールデンウィークにまでフル営業するところは意外と多くないような印象もあるが…どうなんだろう。ちなみに、「さか枝」も3日は営業していたものの、4日、5日はカレンダー通りに休業するらしいし。

今日、行ったときには「さか枝」はさほど混雑しておらず、すぐに食べられた。ま、混んでいても、お客さんはさっさとうどんをオーダーして、さっさと食べて、さっさと帰るので、行列が進むスピードは割と早いほうだと思う。

ま、そんなことを考えつつも、オーダーしたのは「だいてん」(かけうどんの大に天ぷら)。うどんを大盛りにして、さらに天ぷらを乗せても310円(写真だとわかりづらいが、ねぎの下に、小エビのかき揚げが潜んでいる)。すごい安いなぁと改めて思う。

さか枝@高松で天ぷらうどんを食べた。

今回、オーダーした「だいてん」は、適当な感じでうどんを温めて、てんぷらをチョイスして、うどんの上に乗せる。さらに、薬味コーナーでネギとショウガを乗せて、ダシを温めるタンクから工業用蛇口からかけダシを注ぐ。こういった、うどんを作る工程を体験できるのも「さか枝」ならでは。

「さか枝」のうどんは普段着のうどんというか、毎日食べても飽きないような、そんな印象のあるうどん。うどんの麺も、特段、コシが強いわけでもないが、まさにつるっと食べられるような麺。ダシもきっちりとダシが効いているけれど、特に特徴がないようなというか、オーソドックスなダシであるような気がする。でも、こういう味が飽きない味なんだろうなと思える味だった。帰省すると必ず食べに行きたくなるのも改めて納得させられる。

また帰省したときに、さか枝にかけうどんを食べに行こうと思う。


麺通団と週刊!超うどんランキング 第1巻 讃岐うどん・珠玉の名店篇 [DVD]
ポニーキャニオン (2012-04-18)
売り上げランキング: 463



さか枝うどん / 栗林公園北口駅昭和町駅瓦町駅

昼総合点★★★★ 4.0



記事検索
スポンサーリンク