おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

2011年05月

半蔵門でランチしてみた。

先日、ちょっとした用事で半蔵門に行ってきた。半蔵門というと、皇居の近くでオフィスビルも多くて、the 都心というエリア。ランチを食べられる場所もそんなにないかなぁと思っていたら、意外とお店はあるんだけど、お店の数よりも働いている人が多いので、どこのお店も混雑していた。ま、お店の賃貸料とかも高そうなので、儲からない(=客が入らない)お店は存続できないか、と考えると、これは必然なのかもしれない。

で、なんとか入ったお店が、九州屋台劇場ってお店。牛スジカレーと、みずイカ丼で悩んだけれど、なんとなくイメージがつかなかったみずイカ丼をオーダーしてみた。

みずイカ丼@九州屋台劇場

みずイカ丼は、イカの刺身をヅケにして、それを丼飯に乗せて、卵の黄身を乗せたものだった。これが、なかなかうまい。イカの甘味と、食感がいい感じ。勢い良くがーっと完食。

まぐろなんかはヅケにしたことはあるけれど、これまでは、イカをヅケにする発想がなかった。ま、イカはスーパーで買ってきてもイカだろうから(汗)イカの刺身を買ってきて、ヅケにするだけで、近いものは再現できそうな気がする(ちょっと甘めのヅケダレは再現するのが少し難しそうな気がしたが、そこはアレンジで何とかしようかと…)

博多学 (新潮文庫)
博多学 (新潮文庫)
posted with amazlet at 11.05.29
岩中 祥史
新潮社
売り上げランキング: 248467

拉麺阿修羅@市川でごまらーめんを食べた。

市川駅南口近くの高層マンションの裏側。いつの間にか、そこに、"あのラーメン屋"ができてた。あのラーメン屋というのは、船橋市役所近くの「阿修羅」。阿修羅のラーメンは美味しいんだけど、船橋駅から歩くと、とても近いとは言えないので(汗)、正直なところ、かなり行きづらい。…というわけで、船橋の阿修羅には、しばらく行ってなかった(汗)

もとい。先日、市川駅の近くを歩いているときに、たまたま、その「阿修羅」を見つけて、ケータイで、阿修羅が市川にもできていたことを確認して…しばらくしてから行ってみた(爆)

店内はL字状にカウンターがあって、カウンターの角のところにある券売機で食券を購入するシステム。つけ麺もあったけれど、あえて、ごまラーメンを頼んでみた。程なくして出てきたのが、このごまらーめん。

阿修羅のごまラーメン

スープに練りゴマがたっぷり入っているんだろうなぁと思わせる、風味豊かなスープ。確かにゴマの印象は強いけれど、ラーメンのスープとして完成度が高いような気がする。魚介系と動物系のスープが渾然一体になっている(…そんな気がしたけど、実際に渾然一体なのでスープに何が使われているかは自信がない…)ところにゴマの風味が加わっているので、なかなかユニークだと思う。ただ、なんとなく、坦々麺から山椒系の香りとか辛味とか抜いた状態に近いような気もする。

多少、切ないのは、ごま風味の強いスープの前に、麺と具の印象がさほど強くないってところかも。このエントリーを書きながら、どんな具が乗ってたかなぁと思い出そうとしているけれど、ピンと来ない。でも、特段、不満を感じたわけではないし、きっちりスープまで完食して帰ってきた(しかも、最近、スープまで飲んでくることは少ないのにも関わらず)ということは、ひさしぶりに阿修羅のらーめんを食べたということで、ゴマのスープがかなり新鮮で、とても印象が強かったということかな、と。

また食べに行きたいと思う。

拉麺阿修羅 颯 ラーメン / 市川駅市川真間駅菅野駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0




東京大人の隠れ家レストラン154選 2011年版 (saita mook)

セブン&アイ出版 (2011-03-01)
売り上げランキング: 69326



記事検索
スポンサーリンク