おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

2011年02月

北習志野駅西口の大勝軒でチャーシューメン食べてきた。

先日、北習志野に用事があったので、上司と一緒に北習志野駅に行ってきた。昼時だったので、思い立って「大勝軒」に行ってみることにした。北習志野は、大勝軒が2軒あって、ちょっとややこしいのだが、北習大勝軒じゃない方、というか、北習志野駅西口を出たところの「大勝軒」に行ってみた。

飲食店が何軒か並んでいるけれど、周囲は住宅街。そんなロケーションなのに、短いながらも行列が見える。しかも、ラーメン屋の行列というと「若者・男性」というイメージがあるが、どうもそんな感じでもなく、年配の女性も並んでいたというのが特徴的なのかもしれない。

大勝軒@北習志野の外観

こう言ってしまうと失礼なのかもしれないが、お店の外観は、駅前の中華料理屋風。最近のラーメン屋はなんだか内装に凝った感じのお店も少なくないだけに、かえって新鮮な感じ。で、それなりに行列に並んで、入店した店内は、カウンターと4人掛けのテーブルがいくつか。これまた、駅前の中華料理屋風。うーむ。

で、メニューを眺めてみたけれど、駅前の中華料理屋風の店構え、店内とは裏腹に、割と安くない。チャーシュー麺が900円くらい。うー。(…後で、安くない理由が少しわかるわけだが…)まぁ、初めて来たし…ということで、気合いを入れて、チャーシューメンを頼んでみた。

大勝軒@北習志野のチャーシューメン

スープは、魚介系と鶏ガラ(印象は薄いけど、豚骨も入ってるのかなぁ…)の合わせスープに、醤油ダレ。煮干し系の風味が豊かで、あっさりしてる感じだけど、しっかりコクもある…と、年配の方々も並んでまで食べに来るのもわかるような気がする。チャーシューは、脂身少なめの、がっちりしたチャーシューで、これまたなかなか好み。麺は丸い断面で、ぷっつりと切れる食感がいい。

あ、店主にラーメンを出してもらった時に、気がついたことがある。こちらの大勝軒、大盛りにしていないラーメンであるにも関わらず、かなりのボリュームなのだ。洗面器とまでは言わないけれど、かなりのサイズとボリューム。かなりお腹いっぱい。まさに、おなかがおきた状態だ。あ、ちなみに、上司は苦しそうにしてた(笑)が、まぁ、値段が安くないのもうなずける。先に年配の方も食べに来ていることを書いたが…年配の皆様もかなりの量のラーメンを完食してた。いや、すごい。

また、ふらりと食べに行こうかと思う。


ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣
牧田 幸裕
東洋経済新報社
売り上げランキング: 1491



大勝軒(北習志野西口) ラーメン / 北習志野駅習志野駅高根木戸駅

昼総合点★★★★ 4.0



「麺家 弘」@船橋で家系ラーメンを食べた。

同僚から船橋駅前に家系ラーメンのお店がオープンしたという話を聞いたので、素直にでかけてみた。JR船橋駅の南側に出て、中華料理の「栄華光」の隣にそのラーメン屋さんはあった。


麺家 弘@船橋の看板

普通、「麺屋」と書いたりすることが多いが、こちらの店は「麺家」。ということで、家系ラーメンなんだろうなぁということで勝手に了解してみた。

私が訪れたときは、オープンから間もなかったせいか、なんだかオペレーションがいまいちな感じだった。そのイマイチ感が極まって(…関係ないか)食券の券売機が動いてなかった。なんかもうバタバタしているわ、券売機で食券買えないわで、お店側は大変そうな感じ…だと思ったけど、ラーメンを作っているマスターらしき人は余裕そうな笑みを浮かべていた。

券売機で買えないということで、券売機を眺めながら、おじさんにオーダーしてお支払いをすると、手書きのチケットがもらえた。そして、席に案内されてしばらく待っていたら出てきたのが、この「もやチャ」。

麺家 弘@船橋のもやチャ

六角家だと「キャベチャ」だし、この「麺家 弘」@船橋にも「キャベチャ」はあるのだが、券売機を眺めていたら、「もやチャ」なる謎のメニューがあったので、とりあえず、オーダーしてみた。

要するに、きゃべつ+チャーシューの切れ端=「キャベチャー」だとすると、これは、ゆでたモヤシ+チャーシューの切れ端=「もやチャ」なわけで、味的にも、この足し算通りの味だった。ただ、ごまがかかってたのは意外と美味しかったような気がする。

「もやチャ」をつまみながら待っていると出てきたのが、このラーメン。

麺家 弘@船橋のラーメン

とんこつ醤油のスープに、ほうれん草。まさに家系ラーメンだ。ただ、なんとなくライトな感じというか、コクが薄いというか、でもまぁ、これも好みかなぁというか。なんとなく、このキーワードを並べた感じで分かって欲しい感じだ(…雑だな)私の感覚に過ぎないが、確かに食べやすいのだが、ガツンと来る何かが足りないような印象を受けた。うーむ、家系ってこんな感じだっただろうか。

なんとなく、この感覚をもう一回確認したいので、きっと再訪しそうな気がするなぁ。

そんな微妙な感覚を覚えてしまったが、JR船橋駅前兼京成船橋駅前という便利な立地なのでお客さんは次から次へとやってきていて、列は絶えない感じだった。







麺家弘 ラーメン / 京成船橋駅船橋駅東海神駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0




記事検索
スポンサーリンク