おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

2010年03月

居酒屋 一九@西船橋で一寸一杯。

先日、一寸飲みに行くかってことで西船橋で居酒屋を探してみて、結局、辿り着いたのが西船橋駅から歩いて2分くらいの場所にある、居酒屋一九。駅から近いけれど、わかりにくい位置にあるのでふらっと立ち寄るのは難しいかもしれないが、これが料理のうまい居酒屋だった。

メニューはグランドメニューと季節メニューの2部構成になっている。季節メニューは紙一枚に書ききれるだけメニューを書いてみましたという勢いでところ狭しとメニューが並んでいる。私がお邪魔したときには、ホタルイカを使ったメニューやたけのこなど、季節感のあるメニューが並んでいた。

店内は、少し照明が暗めにしてあるので、写真がちょっとイマイチかもしれないが、ご紹介。

居酒屋 一九@西船橋のもつ煮

一九の一押しメニューがもつ煮。オプションで煮卵を追加できる。もつ煮は臭みがなく、どっちかというとあっさり仕上げてある。ただ、一方、煮卵の方はちょっと煮込みが足りないんじゃないかという印象があったけど、気のせいなのかもしれないし、あっさり味付けのもつ煮だしなぁ(汗)

居酒屋 一九@西船橋の燻製

メニューを眺めた感じでは、燻製もオススメらしいのでオーダーしてみた。チーズの燻製、うずらの卵の燻製、明太子の燻製の盛り合わせで、一緒に飲みに行った連れがうずらの卵の燻製をうまいと褒めていた。まぁ、居酒屋で燻製ってのは確かに珍しい。


居酒屋 一九@西船橋のたけのこの刺身

季節メニューに書いてあって春らしいメニューだなーということでオーダーしたのが、タケノコの刺身。小さいタケノコをスライスして、わさび醤油で食べるんだけど、これは春の味で堪能できた。

居酒屋 一九@西船橋のダイヤモンドポークのあぶり焼き

千葉県に住んでいながら知らなかったのだが、千葉県の銘柄豚に「ダイヤモンドポーク」ってのがあるらしい。そのダイヤモンドポークをあぶり焼きにして、粗塩で食べる。ぱっと見た感じから、ただ豚を焼いただけじゃんって思ったけど(塩で食べたせいか)脂がかなり旨かった。やっぱり違うんだなぁと思う。

他にも何品か頼んだけれど、どれも旨かった。まぁ、好みもあるのかもしれないけれど、味付けの塩梅がちょうどいいなぁという印象だった。焼酎のメニューも充実しているが、日本酒の神亀を置いてあるのが気に入ったなぁ。あと、なぜかドンペリも置いてた(汗)

西船橋には、割と居酒屋も多いけれど、なかなかいい感じの居酒屋だなーと思った。きっとまた行くと思う。

参考リンク:
西船橋の居酒屋といえば、「居酒屋 一九」



もう一軒 おつまみ横丁―さらにおいしい酒の肴185
瀬尾幸子
池田書店
売り上げランキング: 30388



居酒屋 一九 (居酒屋 / 西船橋、京成西船、東中山)
★★★★ 4.0



ビアホール ランチョン@神保町でビールを飲む。

先日の土曜日、神保町の丸香で讃岐うどんを食べた帰りに、前から気になっていたビアホールに行ってきた。確か、東海林さだおのエッセーだったと思うけれど(詳細は失念しちゃった)このお店が紹介されていてお店の名前だけがやたらと頭に残っていた(汗)

で、現地は靖国通り沿いのビルの2階。入り口から2階に上がる階段に古い写真がかかっていたので、ランチョンは相当に歴史があるビアホールらしい(メニューの裏によると、創業100年を超えてるそうだ)店内を見渡してみると、お客さんの年齢層は比較的高めだけれど、女性も思ったより多い。で、昼下がりなのに割とお客さんがいたし、グループで来てるお客さんもいたような気がする。

とりあえず、席について、ビールをオーダー。

[神保町][ビアホール]

で、ビールだけってのもアレなので「盛り合わせオードブル」もオーダー。

[神保町][ビアホール]

オードブルは、味が濃いめに付けてあるのでビールに良く合う。これはいい感じだ。でも、ビール1杯では食べきれないのが困ったところだ(笑)というわけで、さらにビールをオーダー(汗)

[神保町][ビアホール]

真っ昼間から酒を飲むなんてけしからんという…よくわからん考え方を気にしなくなってしばらく経つが、やっぱり昼間から飲むビールはうまい。

…そうしているうちにオードブルがなくなった。で、「ランチョン風ポテト料理」っていう謎のメニューを注文。なんとなーく、このままビールとつまみがきっちりなくなるまで、何かを注文し続けるハメになりそうな気がする(汗)

[神保町][ビアホール]

この「ランチョン風ポテト料理」は、雰囲気としてはじゃがいもが主役のポトフっぽいんだけど、塩味がじゃがいもにしっかり染みこんでいる。うー、地味だけど、うまい。溶けたチーズもジャガイモに合うけれど、ちょっと食べにくい(汗)で、何でエビが乗ってるんだろう?

これ以上、ビールとつまみのループを繰り返すとやばそうだということで、お茶を頼んでみた(ランチョンのメニューを見てみると、コーヒーは置いていないことを明記していたのと、隣の席のおばあちゃんが飲んでたので)

[神保町][ビアホール]

厚手のグラスに、濃いお茶ってのがなんとも渋い感じだ。お茶でシメられるってところが歴史のあるビアホールって感じがするなぁ…。


吉田類の酒場放浪記
吉田類の酒場放浪記
posted with amazlet at 10.05.05

TBSサービス
売り上げランキング: 4214





ランチョン (ビアホール・ビアレストラン / 神保町、新御茶ノ水、小川町)
★★★★ 4.0


丸亀製麺@本八幡で釜揚げうどんを食べた。

ちょっと本八幡に用事があったので、本八幡駅に行ってきた。ちょうど昼時だったのでラーメンでも食べようかと思ってシャポーを抜けようとしたら、本八幡のシャポーのレストランゾーン(道路を越えたあたりですな)をちらっと見たところ、入口側に見慣れない店が出来ていた。

丸亀製麺@本八幡の店構え

おっと、これは丸亀製麺ではないですか!本八幡で讃岐うどんが食べられるのはありがたい…ということでラーメンを食べに行くのをキャンセルしてうどんを食べることにした。

釜玉にしようかと一瞬思ったけれど、ここはやっぱりベーシックなものを…ということで、釜揚げうどんをオーダー。オーダーしたものの…このお店がオープンして間もないせいか、店員さんがあんまり慣れていない(汗)釜揚げうどんのつけだしをこぼしてたし。

とはいえ、うどんはうどんだ。こだわり始めるとキリがないが、普通に茹でてあれば、それなりに食べられるうどんができるはずだ。

丸亀製麺@本八幡の釜揚げうどん

天ぷらに、かしわ天とちくわ天をチョイス。釜揚げうどんに天ぷらを
合わせるのはそんなにないことかもしれないが、うどんつゆに天ぷらをつけて食べるのが好きなので、個人的にはこれはあり。

関東に最初にやってきて巷を騒がせた、某讃岐うどんチェーンより丸亀製麺の方が美味しい気がするなぁ。ただ、釜揚げうどんのつけだしはあんまり好みじゃないのがちょっと残念。丸亀製麺で、釜揚げうどんで有名な長田のだしを期待するのも野暮か。天ぷらは、揚げたてだったのでやっぱりうまい。




変な給食
変な給食
posted with amazlet at 10.05.05
幕内 秀夫
ブックマン社
売り上げランキング: 7871


ガトーフェスタ・ハラダのラスクをいただいた。

前エントリーに続いて、お菓子ネタを連発(笑)

群馬県高崎市に「ガトーフェスタ・ハラダ」という洋菓子屋さんがあるらしく、そこのラスクがかなりうまいというのが社内で話題になっていたら…翌日、おすそ分けでいただいた!実は、JR船橋駅の近くの船橋東武の、いわゆるデパ地下に「ガトーフェスタ・ハラダ」のお店があるとのことで、そこで購入されたものだった。完全に余談ではあるが、船橋にある船橋東武と船橋西武でデパ地下の充実度を比べると、明らかに船橋東武に軍配があがるような気がするなぁ。いやはや。

このラスク、正式名称は「グーテ・デ・ロワ」というらしく、なんだか敷居の高いラスクだなーと思っていたら、パッケージは意外と普通(汗)なんかフランス国旗を思い出させるトリコロールカラーなパッケージ自体はそう珍しいものでもない気がする。

ガトーフェスタ・ハラダのグーテ・デ・ロワ

でも、中身はさすが評判がいいラスクだった。まず、食感が硬すぎない。パン屋さんで見かけるような、売れ残りのフランスパン使ってるラスクはうっかり固くなっていて閉口してしまうことがあるが、このラスクはそんなこともなく、心地良い硬さ。バターの量および砂糖の量も適切で、脂っぽくなく、甘すぎず、甘さ控えめすぎず。いい塩梅とはこのことか。ずっとぱりぱりと食べていたくなるようなハマリ系の味付けが絶妙だった。甘すぎないので、軽めのワインと一緒に食べてもいいかなぁと仕事中にうっかり思ってしまった。

…船橋東武に仕入れに行こうとやや本気で思う(汗)

「グーテ・デ・ロワ」、ごちそうさまでした。





神戸のお土産「観音屋のチーズケーキ」をいただいた。

…あ、うっかり書き忘れていた(汗)上司が関西出張に行った帰りに買ってきてくれたお菓子を食べた。観音屋@神戸元町のチーズケーキ。

ちなみに、観音屋のチーズケーキは、こんな箱に入っていたりする。赤に金文字って、なんだか化粧品のパッケージみたいだな(笑)

観音屋@神戸のチーズケーキの外箱

思い出せば、数回は神戸に訪れている気がするんだけど、三宮あたりでお腹いっぱいになっていて、元町あたりはノーチェックだったかもしれず…(汗)うー。

で、箱の中身はこんな感じ。

観音屋@神戸のチーズケーキ


ちなみに、このチーズケーキはちょっと変わった食べ方が必要。チーズ面を上にして、オーブントースターで焼いて、チーズをとろりと溶かして食べる。チーズはデンマーク産らしく、これがいい感じにとろけてくれる。それに、チーズから実にチーズらしい香りがして食欲をそそられる。ケーキの部分のほどよい甘さと、チーズの塩気の相性がなかなかいい感じ。

オーブントースターでチーズ部分を焼いて食べてたら、チーズ部分がしわしわになってきた…の図。

観音屋@神戸のチーズケーキ

ごちそうさまでした。



【続】 東京 五つ星の手みやげ
岸 朝子
東京書籍
売り上げランキング: 10395

記事検索
スポンサーリンク