おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

2010年01月

づめかん@下総中山で立ち飲み。

先日、とりあえず近所の居酒屋も飽きたよね…ということで、とりあえず、下総中山へ。下総中山なら、餃子の王将って選択肢もあったけど、なんとなく餃子って気分じゃないしなぁってことで、寄ってみたのが「づめかん」。

「づめかん」は、下総中山駅から徒歩2分くらいの場所にある立ち飲みや。まぁ、店内にあるものは、とにもかくにも安い。例えば、チューハイが150円。一瞬、中身の焼酎は何だろう…という気もしてくるが、ま、安いからいいのだ。ホッピーも置いてあるが、その「ナカ」がなんと50円。ホッピーの中を頼むと、使い古した鏡月グリーンの瓶に入った焼酎(使い古しているので、おそらく中身は鏡月ではなさげ)を一定量注いでくれる。つまみもだいたい200円とか300円くらいで食べられる。量はさほど多くないが、2~3人でささっと飲みに行くにはちょうど良い量だと思う。

づめかん@下総中山のホッピー

づめかん@下総中山のおつまみ

お支払いの仕組みは、「ハブ(HUB)」なんかでも採用されている、キャッシュオンデリバリー。ただ、「づめかん」では、店員さんにオーダーして持ってきてくれて、お金も持っていってくれるので、楽だけど(支払い用の小銭を入れておくための小さい鉢が各テーブルにあるので、それに入れておけば店員さんが自動的に精算してくれる)

ただ、少し驚いたのは、お客さんが帰る度に店員さんが(キャッシュオンデリバリーなので会計がないのに)店の外まで見送って、「ありがとうございましたー」って大きな声で言ってくれるのは感じが良いような気がする。

立ち飲みで混み合ってると、ちょっと居心地悪いけど、客の回転も速いし、自分がさっさと飲んでしまえばいいわけで、それなりに満足度は高い。

きっと…というか、ほぼ間違いなく再訪するだろうなぁ。


東京立ち飲み案内
東京立ち飲み案内
posted with amazlet at 10.05.05
吉田 類
メディア総合研究所
売り上げランキング: 5599



づめかん (居酒屋 / 下総中山、京成中山、鬼越)
★★★☆☆ 3.5


糀や@堀切菖蒲園の饂麺を食べてきた。

堀切菖蒲園というには、元ラーメン二郎のラーメン大堀切店がある関係で、ちょくちょく立ち寄っていたが、その度に気になっていたのは、「糀や」という讃岐うどん屋さんだ。「糀や」は、京成の堀切菖蒲園駅からラーメン大に向かう途中にある。店先にうどんの写真を出していて、(当初の目的である)ラーメン大に行くべきか、ちょっと浮気してうどんを食べるか悩んだことがあった(その時は、浮気せずにラーメン大へ)

先日、ふと、そのことを思い出して、今度は「糀や」を目指して京成に乗ってみた。

ランチにしては、ちょっと遅めに到着したせいか、土曜日だったせいか、うどんを食べていたお客さんはひとりだけ。で、券売機でチケットを買おうとしたところ、「初めてのお客さんは饂麺」をみたいなことが書いてあったので、素直に従う。

「饂麺」というのは、麺がうどんで、スープがラーメンという…カレーうどんを邪道と考える人なら、絶対に邪道だと斬って捨てるような折衷メニュー。まぁ、きっと誰でも思いつくんだけど、だいたいは失敗しそうな印象もあるけれど、おすすめする(…かつ、それで店が継続する)ってことは自信があるんだろう。店員さんが着てるTシャツの背中には、この「糀や」だけじゃなくて、ラーメン大のロゴも入っていたし、他にもラーメン屋っぽいロゴが2~3個書いてあったので、みんな同じオーナーの経営なんだろう。だから、うどん屋だけど、うどんにラーメンスープを作り出せたんだろうな。

で、チケットを店員さんに渡すと、店員さんがおもむろにうどんの生麺を沸騰するお湯に投入…ということは茹でたてのうどんが食べられるということかー!なかなかバリューがあるじゃないですか。

で、ほどなくして出てきたのが、この「饂麺」。

糀や@堀切菖蒲園の饂麺

スープは動物系と魚介系のダブルスープ。そこに、太めでも細めでもないうどんが入っていて、ラーメンにつきもののチャーシューではなく、ゆでた鶏肉が載っている。で、なぜかネギが2種類。

うどんをすすってみると、麺がちょっと固いような気がした。ちょっと失礼な言い方かもしれないが、うどんが固いこととコシがあることはちょっと違うんじゃないかと(汗)ま、私が固いうどんが苦手ってことだけなのかもしれないけれど…。でも、うどんとスープは不思議と合ってる感じがした。おそらく幾多のラーメン屋やうどん屋が挑んで失敗したであろうことを成功させている印象がある。上に乗ってるのも鶏肉というのがいい感じ。たぶん、チャーシューだと合わないような気がする。

この「饂麺」、思ったよりボリューム感があったらしく、大盛りにしたら、ちょっと休憩しながら食べないときつかった。


超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方&讃岐うどんの基礎知識
田尾 和俊
西日本出版社
売り上げランキング: 507



糀や (うどん / 堀切菖蒲園、堀切)
★★★☆☆ 3.5


らぁ麺三軒屋@ワンズモールで「がっつり野菜そば」食べてきた。

またもや、ちょっとした用事でワンズモールへ。

千葉北インターのすぐ近くという、ワンズモールのロケーションからして、車で5分でも行けば、食事をとれそうな店がいくつかあるので、その辺で…ということになりそうではある。しかし、車がない状態で昼飯を食べることになったら、とりあえず、「ラーメン劇場」で食べるかということになる。

…というわけで、ぼんやりとまたラーメン劇場へ。「戯拉戯拉」は船橋にあるから、いつでも食べにいけるしなぁ…なんて、非積極的な理由でラーメン屋さんを選んだ末にたどり着いたのが、「らぁ麺三軒屋」。

本店がいすみ市で、茂原に支店があるという店構えなので、車をもっていない私にとっては、ワンズモールで食べないと、、、おそらくは食べる機会がないラーメン屋さん。

券売機でメニューを眺めてみると、ベジポタスープ(野菜を溶かし込んでポタージュ状にしたスープらしい)というキーワードに惹かれつつも、結局、ラーメン二郎っぽい風貌の「がっつり野菜そば」を押してしまった。(…二郎こそ、いつでも食べられるだろうに…)で、「野菜増し」のオプション付き。

らぁ麺三軒屋@ラーメン劇場のがっつり野菜そば

とりあえず、見た目としては、薄ーくて炙ってるチャーシューが二郎と大きく違うところで、もやしで麺が見えないあたりは似てるかもしれない(汗)スープは醤油。スープが単純に豚だけじゃない(なんか豚以外の何かが入ってる気がしたけど)ような気がしたけれど、そんなに強烈なインパクトはなかった。

で、ニンニク。がっつり野菜そばは、券売機の写真にもあったけど、ニンニクがのってるのだ。ただ刻んだニンニクではなくて、ラーメン無限大のニンニクのような、刻みニンニクの醤油漬けが鎮座される。まぁ、二郎っぽいような気がしたけど、二郎はただの刻みニンニクだから、どっちかというと「角ふじ」っぽいといった方が正確なのかもしれない。また、麺は太めだったけれど、これまた印象がないんだよなぁ。。。太い割にはつるっとしてたかなぁ…みたいな。

結局、確かに普通のラーメンよりはがっつりと野菜が入っているけれど、「二郎」ほどパンチが効いてるわけでもなく、「角ふじ」ほどボリューミィでもなく…。でも、ニンニク醤油漬けがあるから、二郎とか角ふじっぽい雰囲気を味わいつつも、すんなり食べられるラーメン。

もし、今度食べることがあったら、ベジポタスープを試してみようかと。

アングル@阪急塚口で、カントリーカレーを食べた。

先日の尼崎出張の時の続き。

とりあえず、上司が「尼崎に行ったら、アングルでカントリーカレーを喰ってこい!」というので、素直に食べに行くつもりだったのだが、それが訪問先の会社の人にも伝わっていたようで、「じゃ、昼飯にアングル行きましょうか」ってことで、自動的にアングルへ(笑)

本題からはちょっとずれるけれど、なかなか興味深いなぁと思ったのは、尼崎では、自転車と傘は公共物となっているらしいこと。つまり、傘と自転車を置いておくということは、即ち、誰かに使ってくださいという意思表示になってしまう(笑)ようだ。まぁ、考えてみれば、すごい話だけども。また、自転車は、自転車本体だけではなく、サドルも立派な公共物とのこと。たしか、尼崎に存在する自転車の数に比べて、サドルの数が一個だけ足りないそうだ(笑)この話、尼崎に造詣の深い上司と、訪問先の会社の方が全く同じことを言っていたから、きっと本当なんだろう(汗)

閑話休題。

アングルに着いたら、予想通り、待つことになった。

アングル@塚口のディスプレイ

でも、5分くらい待ったら、店内に入って座ることができた。一緒に行った訪問先の会社の方からは、(とりあえず、一番高かった)特選ビーフカレーを勧められたが、上司に忠実な私は迷わずに「カントリーカレー」を注文。せっかくなので、大盛りにしておいた。

ほどなくして出てきたのが、このカントリーカレー。

アングル@塚口のカントリーカレー大盛

メニューによれば、カントリーカレー=野菜カレーだろうと思っていたけど、しっかり肉も入っていた。カレーのルーには、酸味と苦味が複雑に混じり合っているけれど、明確に主張するわけではなく、渾然一体となっている感じで、これはなかなか見かけないカレーだ。それに、具もごろごろと入っていて、カレー食べたなぁという満足感を味わえる。某カレーチェーン店のカレーも悪くないけれど、このカントリーカレーに比べると、なんか単調な気がする。上司に某カレーチェーンのカレーの話をする度に「アングルのカントリーカレー食べたいなぁ」とつぶやくのもわかる気がする。

すごい勢いで食べ終わった時に、ふと気がついた。テーブルの奥にこんなおもしろ調味料がさりげなく置いてあった。

アングル@塚口で見つけたカレーリッチ

カレーリッチって!

少なくとも某カレーチェーン店では見かけたことないし、他のカレー屋さんでも見かけた事がない。あのー、これ、アングルで初めて見かけたんですけど…ということで、カレーにかけてみようと思ったんだけど、そのカントリーカレーはすでに完食してて…(汗)

なんかすさまじく後悔してしまった。


日本一の変人経営者
日本一の変人経営者
posted with amazlet at 10.01.03
宗次 徳二
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 5346





アングル (カレーライス / 塚口)
★★★★ 4.0


阪急そば@阪急塚口駅で「きざみうどん」を食べた。

先日、尼崎に出張することになった。羽田空港から伊丹空港に飛んで、伊丹空港でちょっと迷って(汗)、伊丹市営バスにのって、阪急伊丹市駅まで出て、そこから阪急で阪急塚口駅へ。

で、阪急塚口駅に到着。

適当に、出口を目指して歩いたら、反対側のホーム方面の地下道へ。で、反対側のホームに出てみたら、北口はあっちって書いてる案内板を発見。確か、目的地は北口側だったことを思い出して、そっちに歩く。そしたら…また線路をくぐった(汗)結局、同じホームを反対側に歩くだけだったんじゃん…orz

途方に暮れながら見つけたのが「阪急そば 塚口店」。

阪急そば@阪急塚口駅の看板

JR東日本の駅構内にある立ち食いそば屋は「あじさい茶屋」とかであって、決して「JR東日本そば」ではない。また、「都営地下鉄そば」なんてのも聞いたことはない。ま、「めとろ庵」by 東京メトロって事例はあるけれど、これとて「東京メトロ庵」ではない。そんなわけで、「阪急」だから「阪急そば」とは、、、なかなかユニークなネーミングではないかと思う。

#…と書いてみたが、調べてみたところ、「阪神そば」もあった。orz

ま、前置きはさておいて、アポの時間が決まってなかったことをいいことに、阪急そばで遅い朝飯を食べることにした。で、いつも立ち寄る立ち食いそばにはないメニューがなんかないかなぁと思って探してみたら、「きざみうどん/そば」ってのがあった。

「きざみうどん/そば」チケットを持って、オバちゃんのいるところに持っていったら、「ちょっと待ってなぁ~」と言われる。お、本物の関西弁だぁ…なんてちょっと感動してると、かけうどんに冷蔵庫から出てきた刻んだ油揚げがどっと載せられた。

で、ほどなくして「きざみうどん」が出てきた。

阪急そば@阪急塚口駅のきざみうどん

関東の立ち食いそばで出てくるだしよりは、色が薄いけれど、だしはしっかり効いてる感じだけど、なんとなく、だしの成分がちょっと違うような気がした。讃岐うどんほどではないけれど、いりこが少し入ってたのかなぁ(確証なし)しかし、刻んだ油揚げ、うまいなぁ…と感動してたら、あっさり完食してしまった。




「駅そば」読本
「駅そば」読本
posted with amazlet at 10.01.03
鈴木 弘毅
交通新聞サービス
売り上げランキング: 228425
おすすめ度の平均: 3.0
5 駅そば参考書の決定版!
1 具材のない巨大たぬき

記事検索
スポンサーリンク