おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

やはり船橋のピザ屋さん「キャメルピッツァ」のピザが旨かった

先日、ごぶさたしてしまっていた、船橋のピザ屋さん「キャメルピッツァ」にお邪魔してきた。お邪魔するのは何回目か数えるのはやめてしまったけれど、毎回、焼きたてのピザはこんなに旨いのかと感動することができる。哀しいのは私の帰宅する道程からすると、真逆の方向にお店があることだ(汗)

お店に到着して、ビールを飲みながら、オーダーしたのが「窯焼きキャベツ」。

camel5


石窯でキャベツを焼いて、アンチョビソースをかけたものだ。キャベツの甘みと、アンチョビの塩辛さの相性は素晴らしく、ビールが進む。

次にオーダーしたのが「石窯で焼く、ホンビノス貝のジェノベーゼ焼き」。船橋の漁港で絶賛売り出し中の「ホンビノス貝」にチーズを載せて、さらにジェノベーゼソースをかけて、石窯で焼いたものだ。

camel1


ホンビノス貝ははまぐりによく似ているけれど、はまぐりほどは貝自体の味が濃くないので、こういった料理にははまぐりよりホンビノス貝の方が合うような気がしないでもない。

camel2


食べ終わった後、ホンビノス貝の貝殻にホンビノス貝のジュースとバジルソースが混じったモノが残っていた。ホンビノス貝の旨みとバジルの香り。正直なところ、2度楽しめた(笑)

そして、ピザをオーダーしてみた。まずは、「マルゲリータにトッピングまさし」。マルゲリータという定番のトマトソースベースのピザだけど、それにトッピングが追加されていて、それが「まさし」。

もちろん、「まさし」という食材が載っているわけではなく(そりゃそうだ)、常連の「まさし」さんが考案した、ピザのトッピング「ホワイトソース」のことだ。トマトソースにホワイトソース。一見すると、ピザのクラストの上で何かが起きそうな組み合わせだけど、意外にもしっくり来る。これは、お店で手作りしているホワイトソースが"濃い"感じではなく、うまくトマトソースと合うように作られているからだろう。トッピング「まさし」のために、キャメルピッツァ足を運んでみるのもアリだと思う。

camel3


続いて、スペシャルきのこ。キノコたっぷり、チーズたっぷりの一枚。窯で焼かれた、エノキやシメジの食感がたまらなくいい。

camel4


そして、最後にジェノベーゼソースのピザ。キャメルピッツァのジェノベーゼソースは、おそらくはフレッシュバジルを使っているんだろうけれど、香りが豊か。あぁ、バジル食べてるって実感できる。

camel6


ピザといえば、宅配ピザを想起させるほど、宅配のピザは市民権を得ているし、確かにシーンによっては、手軽に味わえて美味しいなぁと思うこともあるけれど、でも、窯で焼き上がったばかりの焼けた香ばしさや、ピザのトッピングの香りが立っている感じは、簡単には宅配できないだろう。

なんせ宅配のピザは焼きたての蒸気を箱の中に閉じ込めるしかないわけだが、その蒸気がクラストやトッピングに返ってきてしまうからだ。要するに、窯で焼いたピザならではのおいしさはお店で焼きたてを味わう以外に術がないのではないだろうか。キャメルピッツァのピザは値段も手頃なので、ちょっと試しに"窯で焼きたて"のピザを試してみるにはちょうどいいお店だと思う。

あ、そういえば、キャメルピッツァのマスターが、毎月11日は生地を手ごねするって仰っていたような気がする。手でこねた生地が美味しいのは確かなんだけど、毎日、生地を手ごねするととても間に合わない…というジレンマがあって、でも、やっぱり美味しいピザを食べてもらいたいから、せめて月に1日くらいは頑張って生地を手ごねで用意するらしい。

…ってことを、15日頃に思い出したので私はまだ手ごね生地のピザを味わえていない(涙目)

西船橋の磯丸水産にランチに行ってみた。

西船橋の商店街の元お茶屋さんという店舗に「磯丸水産」という居酒屋がオープンした。"水産"が店名に入っている位なので、磯丸水産は魚介類がウリのお店、でありながら、商店街の斜向かいに、京樽がやっている「すし三咲丸」が営業しているという立地。確かに金曜日の夜なんかは居酒屋の供給不足が置きがちなので、ビジネスチャンスがあったんだろうけど、強気な出店だなぁ、と(汗)

ただ、磯丸水産は24時間営業(!)らしいので、23時に早々と閉店してしまう「三崎丸」とは、魚介類をウリにしているところは共通しているが、狙っている客層は微妙に違うのかもしれない。しかし、金曜日の夜の需要に応えたとして、残りの営業日の、しかも24時間分のコストって賄えるんだろうかって少し心配になった。

…と、そんなことを考えながら、とりあえず、磯丸水産の外観の写真を撮って、その日は撤収。

isomaru_1


で、日曜日の昼時。たまたま西船橋の磯丸水産の前を通りがかったので、ふらっと24時間営業の居酒屋にランチを食べに行ってみた。メニューを見ると、寿司や丼もの、あと、なぜか、つけ麺とチャーハンもあった。とりあえず、1何種類かあった丼モノの中から、サーモンといくらの丼を頼んでみた。

isomaru_2


意外といくらがたっぷり入っていたなぁという印象はあって、斜向かいの三崎丸よりも少し安いけど、似たような値段でボリューム感があった気がする。ま、海鮮丼で劇的に差が付くとも思えないので、日常のランチにいいかもしれない。

少々、フロアのアルバイトの皆さんのオペレーションに不安を感じたけれど、オープン直後はこんなもんだろうな、ということで、今後に期待したいな、と。

有楽町のガード下なら「もつ焼き ふじ」

有楽町の駅を出て、山手線の線路を新橋方面にしばらく行くと、ガード下の狭いスペースで居酒屋が営業宇しているのをご存じだろうか。

ドイツ料理の名店の「バーデンバーデン」の近くに、線路の下を通行できるようにトンネル上のガード下が存在しており、その両側に、もつ焼きを売りにしている居酒屋が1軒ずつある。

そのうち、有楽町側の「もつ焼き ふじ」は学生時代の恩師の行きつけの店であり、学生の頃は何回も通ったお店だ。どういうわけか、てっきり土曜日が休みだと思い込んでおり(…今思えば、なんの根拠もない…)しばらくお邪魔していなかったが、先日、土曜日も営業していることがわかり、伺ってみた。

「もつ焼き ふじ」の看板

この看板、なかなか味があって「The ガード下」の趣である。

ホッピーの赤提灯


そして、赤提灯には「ホッピー」の文字が!「もつ焼き ふじ」も、お隣のお店も店先の焼き台でもつ焼きを焼いているので、お店が混雑しているとき、ガード下はかなり煙が充満して、たまたま通りがかった人がとても煙たそうな表情で通り過ぎていく。

「もつ焼き ふじ」のつくねの塩

正直、「もつ焼き ふじ」のもつ焼きは、どれもクオリティが高いと思う。臭みのない、ジューシーなモツを焼き上げて、あっさりとしたタレを付けたモノはビールによく合うし、チューハイやハイボールとの相性も最高だ。ただ、串の種類はさほど多くないので、「もつ焼き、全部」ってオーダーも可能だし、もしかすると、そういうオーダーがこのお店の醍醐味かもしれない(笑)

…そして、ここだけの話だが、特に「つくね」がすごい。「つくね」というと、タレのイメージではあるが、「もつ焼き ふじ」では、敢えての「塩」がオススメだ。

つくね、というと、例えば、噛みしめるつくねというのもあるかもしれないが、「もつ焼き ふじ」の塩つくねは、串から外して口に放り込んで、自然にほどけていく感じがの「つくね」を体験できるのである。「エアインつくね」と命名したくらいに絶妙な空気感というか、食感なのである。手作りなので、本数があまり作れないような気もするので、ファーストオーダーで「塩つくね」を頼みたいところだ。

「もつ焼き ふじ」の煮込み

さて、「もつ焼き ふじ」のもう1つの名物が「煮込み」。もつ焼きが美味しいお店で、煮込みがハズレることはほぼないというのが個人的なジンクスだが、こちらの煮込みもそのジンクス通り。味が濃すぎるでもなく、薄すぎるでもなく、きっちりとつまみとして成立していて、次々と箸が進んでしまう。「もつ焼き ふじ」の煮込みは人数分のオーダーが基本とも言える。

ただ、惜しむらくはお店の面積が広くないので簡単に混んでしまうところ、かもしれない。

もつ焼 ふじ居酒屋 / 日比谷駅有楽町駅銀座駅

夜総合点★★★★ 4.0




二十世紀酒場(二) 東京・さまよいはしご酒 (Tabistory Books)
多田 欣也
旅と思索社 (2016-09-01)
売り上げランキング: 745,257

記事検索
スポンサーリンク