おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

本八幡の一茶庵のそばは、さすが老舗の味だった

JR本八幡駅で降りて、シャポー側の改札から出て、そのまま駅の外に出たところのすぐ近く、昔は和菓子屋さん(とはいえ、店頭では鯛焼きを焼いていたので鯛焼き屋の印象だが…)の脇に石畳の小道があって、古い建物が奥に見える。ぱっと見ただけだと、なんだろうと思うわけだが、調べてみると、本八幡の老舗のそば屋さんであることがわかった。

本八幡の老舗「一茶庵」


こちらのWebサイトによれば、栃木県足利市の「足利一茶庵総本店」で修行した方が開いたお店とのことで、創業は昭和34年だそうだ。それに、本八幡の一茶庵で修行した人も独立してお店を持っているとのことで、「一茶庵」が広がっていく中で重要なポイントとなった老舗らしい。

謎の立ち食いコーナー


一茶庵の入り口はいかにも老舗のそば屋という感じだが、実は総武線の高架沿いに同じく一茶庵の屋号を出しているお店がある。ただし、こっちは看板に「立ち食いコーナー」と書いてある。老舗なんだから、落ち着いた雰囲気のなかでそばを出しているのかと思いきや、立ち食いコーナーを用意するとは…なかなかチャレンジングな老舗ではないだろうか。

というわけで、今回は本八幡の「一茶庵」の立ち食いコーナーを訪れてみた。

一茶庵の立ち食いコーナーの外観


どことなく既視感のある店内


ちょうど訪れたのが昼時で、混み合っていたこともあって店内の様子は撮れなかったが、「一茶庵」の立ち食いコーナーは、あぁ、どっかで見たことあるような感じだった。狭い店内に、厨房、そしてカウンターというか、机が少々。「一茶庵」の立ち食いコーナーからひなびた空気感を取り払って、券売機でも置けば富士そばとか小諸そばといった立ち食いそば屋のような感じだ。しかし、一茶庵の方は年配のお客さんが多いせいか、椅子が用意されていてなんとか腰掛けて食べることができそうだ。

メニューは多くないけれど…肉南蛮があった


まぁ、立ち食いそばだし、そんなに広い厨房ではないから、そんなにメニューはないだろうと思ったが、壁に書いてあるメニューにはレギュラーメニュー以外にも肉南蛮とか鴨汁そばも用意されていた。券売機でチケットを買いたくなるのをぐっと我慢して「肉南蛮そば」を店員さんに頼んだ。

待っている間、厨房を眺めていると、調理を担当されている店員さんが忙しそうにそばをゆでているのが見えた。さすがは老舗、ゆで置きのそばを出すようなことはしないんだろう。期待が高まる。ほどなくして、「お薬味」として渡されたのが、このねぎ。

お薬味のねぎ


リーズナブル系立ち食いそば屋だと、ちょっと厚めに刻まれていることもある薬味のねぎだが、かなり薄くというか、繊細に刻まれていた。あと、老舗なそば屋さんにありがちな、ちょっとだけよ感もなく、どさっと盛られているねぎがなんだかうれしい。

そして、登場したのが、この「肉南蛮」。

一茶庵の立ち食いコーナーの肉南蛮


老舗とはいえ、立ち食いコーナーなんだから、きっとなにかがアレなんだろうなぁ…と思っていたが、立ち食いコーナーの厨房のドアを開けると、すぐそこが一茶庵本店というだけあって(?)、ちゃんと老舗の味だった。特に、細く切られたそばと、そばつゆの相性は老舗の塩梅…のように思えた。濃すぎず、薄すぎず、それでいてダシの風味がしっかり立っている、そばつゆはリーズナブル系立ち食いそば屋では難しいかもしれない。これまではリーズナブル系立ち食いそば屋ばかりでそばを食べていたせいか、つゆそばって、どうも好きになれなかったんだけど、結局のところ、そばつゆが好きになれなかっただけかもしれない。

最後にゆっくりつゆを味わっていたら、年配の常連風のおじさんがいそいそとお店に入ってきて、ハートランドビールを飲みながら鴨汁そばが出来上がるのを待っているのを見て、…今度、一茶庵にそばを食べに来た時は、あの組み合わせにしようと確信した。



市川一茶庵 立食いコーナーそば(蕎麦) / 本八幡駅京成八幡駅鬼越駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

市川の「ごはんや 元」に行ってきた。

しばらく前に、市川ウズマサが移転したことはブログで見かけたが、その後に、「ごはんや 元」ってお店がオープンしたことを見つけるの時間がかかってしまっていた。

市川ウズマサが営業していた店舗は、元々、松元飯店という中華料理のお店だったらしく、その松元飯店の娘さん二人が始めたお店らしい。というわけで、さっそく行ってきた。

お店のメニューは、ご飯中心ではあるけれど、お酒のメニューもいろいろありそうなので、とりあえず飲んでみることにした。レアものの日本酒が置いてあるとか、通好みのウィスキーが置いてあるという感じではなく(さすがに居酒屋として打ち出してないから当然か)、手作りの、一工夫してあるお酒があるという感じ。一杯目に頼んでみたのは、自家製ジンジャーハイボール。ハイボールに、手作りのジンジャージャムのようなものが加えてあって、生姜の風味に手作り感があって美味しい。

gen_1


レギュラーメニューの他にも、その日限定っぽいデリも何品か用意されていて、250円からオーダーできる。この手軽な感じは他のお店ではあまり見かけないし、個人的にはいいなと思った。というわけで、デリの中から「子あじのエスカベッシュ」をオーダーしてみた。小さいアジは丁寧に揚げられているせいか、骨は当たらないし、酢の塩梅がちょうど良く、酸っぱすぎないけれど、きっちり酢が利いているのがいい。

gen_5


「子あじのエスカベッシュ」を食べていたら、うっかり食欲が出てきてしまい、調子に乗って「鶏の唐揚げ」を単品で頼んでみた。唐揚げを揚げているのを待っている間に、もう1品何か…と思って悩んでいたら、オススメされたのが「厚揚げとカボチャの煮物」。オススメされただけあって、しつこくない、あっさりとした味付けなので、さくさく食べられた。旨い。

gen_3


ぼんやりと「厚揚げとカボチャの煮物」をつまんでいたら、揚げたての「鶏の唐揚げ」が出てきた。しっかりとした下味と、サクサクの衣が美味。ここのお店は、元々、松元飯店だったことを思い出させてくれるような、まさに中華料理屋の唐揚げで、これも美味しい。揚げたての唐揚げのおかげで口の中をやけどしそうになるけれど、ハイボールとの相性はかなりいい。

gen_2


そして、最後のシメとして頼んでみたのが、土日限定の麻婆豆腐丼。単品でもオーダーできるし、定食でもオーダーできるようだけど、ここは敢えて丼で。意外とボリューム感があって、お腹いっぱいになった。こちらも中華料理屋さんの味。近頃は、やたら辛かったりシビれる麻婆豆腐を見かけることもあるが、こちらの麻婆豆腐はそんな感じではなかった。

常連のお客さんがいて、店主さんが常連さん達と話しながら、オススメメニューを紹介されているのを見ていると、なんかちょっと羨ましいような気もするので、折に触れて食べに行ってみようと思う。

定食・食堂 / 市川駅市川真間駅菅野駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


西船橋の立ち飲み屋「ぴんきり」に行ってきた。

西船橋駅の南口を出て左側(船橋方面)に行くと、居酒屋が何件か集まっているエリアがある。串カツ屋とか、博多屋台風の居酒屋とか、バリエーションは多い。そんな居酒屋が集まっているエリアにあるビルの地下に立ち飲み屋"風"居酒屋「ぴんきり」はある。

ビルの入り口にはこんな看板があった。
punkiri_1


階段を降りていくと、ちょっと広い空間があった。身長の高い机があったけれども、ちゃんと椅子も置いてあった。座ってもOKということで、立ち呑み"風"になっているのだろう。

お会計の仕組みはコインでキャッシュオンデリバリー


立ち飲み屋というと、キャッシュオンデリバリー(飲み物や食べ物を持ってきてもらった時点で支払う方式)で提供されることが多く、「ぴんきり」もキャッシュオンデリバリーではあるんだけど、日本円で支払うのではなく、お店の入り口の自動販売機で購入できるコインで支払う。コインは1枚40円で、メニューの値段のところは、コインの枚数で書かれている。

コインはこんな感じ。使い切れなかったコインは、持って帰ってまた別の機会に使うことも出来る。

punkiri_2


オーダーしたメニューが届く度にコインを数えるのは面倒な気もするが、日常生活でコインを数える機会もないので、なんだか楽しいような気もしないでもない。

お酒はいろいろ


ハイボールやビールなど、お酒のメニューは一通り揃っていた。他の居酒屋だと、ハイボールはだいたい角かトリスだったりするが、「ぴんきり」では、デュワーズのスコッチを使っていて、ちょっと珍しいような気がした。チューハイ1杯でコイン4枚(160円)ってのは、なかなか安いよなぁ。

おつまみ、旨い


飲み物やおつまみは、立ち飲み屋"風"だけあってリーズナブル。多くのメニューはコイン数枚でオーダーできる。メニューに書いてあるレギュラーメニューだけでなく、期間限定メニューもあるようで、厨房の前あたりに書いてある。今回はいくつか頼んでみた。

punkiri_3


punkiri_4


punkiri_5


punkiri_6


値段がそれなりに安いので、ボリューム感はないけれど、逆にこれくらいのボリュームの方がいろんなメニューを楽しめるのでいいかもしれない。

お店は広いので、そうそう混雑することもなさそうな印象だし、ふらっと行ってさっと飲んでくるにはいいお店だと思う。料理が美味しいのもいい。


ピンキリ居酒屋 / 西船橋駅京成西船駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


記事検索
スポンサーリンク