おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

喜平@下総中山でラーメンを食べた。

ランチに下総中山のラーメン屋「喜平」に行ってきた。下総中山の商店街にひっそりとあるお店なので、以前から、その存在は知っていたけれど、未だに訪れることが出来ていなかったお店。特に、看板らしい看板も出ていないので、ささっと通り過ぎ去ってしまいそうな(汗)お店だ。

お店は、カウンターのみで10席もないんじゃないかというくらいだから、正直、広くはないけれど、店主がひとりで切り盛りしている感じだったので、適当なサイズなのかもしれない。訪れた時は、カウンターの手前に何人かお客さんがいたので、奥の方にいそいそと進んでみたら、店の奥にある製麺機が見えた。自家製麺ということで、麺が楽しみだ。

メニューを眺めてみると、とりあえず、「つけ麺」か「ラーメン」かというシンプルなメニュー構成(あとは、それぞれに「特製」が選べるようになっていて、「特製」で、チャーシュー、味玉子、メンマ、のりが追加されるようだ)。で、自家製麺だけあって、麺の量が書いてあった。つけめん、らーめんは200g。で、つけめんは250gでも値段が変わらないようだ。あと、大盛は100g麺増し。

で、ざっとメニューを眺めながら、少し悩んだ結果、ラーメンをオーダー。一応、気合系のラーメン屋ではないので、オーダーが入る度に叫んだりしない…のが、本当はありがたい。いちいち、叫ばれると落ち着かないんだよなぁ。

そういえば、メニューの横に「太麺の為、茹る時間がかかります。」って張り紙がしてあったので覚悟はしていたけれど、さほど待たされた感覚を覚えないうちにラーメンが出てきた。

まずはやっぱり麺。さすが、喜平の自家製麺。ぷりっとした食感の麺ではあるけれど、近所の「麺屋あらき」ほどはぷりぷりしてないので、ちょっと太めの普通の麺ではあるが、食べてて飽きないし、疲れないし、風味も良質な印象を受けた。

で、スープは、なんとなく、麺屋あらきで見ているような魚介系と動物系のダブルスープっぽかった。しかし、豚骨は入っていないような気がしたんだけど、どうなんだろうか(汗)どちらかという鶏じゃないのかと妄想してみた。

そんな麺とスープではあるが、他の店のガツンとパンチの効いたラーメンを食べ慣れているせいか、どことなく物足りないような気がしてしまった。雰囲気的には、スープにあと大さじ一杯分くらいラーメンのタレをいれてもらえないでしょうかって感じで、麺がおいしいのはわかるんだけど、麺とスープが渾然一体となっていないというか、スープ側がちょっと遠慮してないかなぁ…みたいな。

でも、一応、喜平のことをネットで調べてみると、スープは無化調らしい。そういうことであれば、普段からラーメンを食べ慣れている私が化学調味料依存症になってるのかもしれないなぁと。もし、そうであれば、普通の人には意外とちょうどいいのかもしれない。


喜平 (ラーメン / 京成中山、下総中山、鬼越)
★★★☆☆ 3.0


麺屋あらき 竈の番人外伝でスタミナなんとかを食べる(汗)

仕事帰りに、西船橋の「麺屋あらき 竈の番人外伝」に寄ってみた。21時くらいだったけれど、お客さんは皆無。うーむ、こんなこともあるんだなーと思いつつ、券売機を眺めてみると、見たことのないメニューを発見。

スープのないラーメンなんだけど、スタミナなんとかって名前が付いていた(汗)。(うーむ、なんて名前だったか思い出せない)ま、とりあえず食べておくかということでぽちっとな…と。

スタミナなんとか@麺屋あらき竈の番人


店員さんに「にんにく入りますけど、いいですか?」って聞かれてOKと答えてみた。んで、やってきたスタミナなんとかは、暖かい麺の下に、少しスープがあって、麺の上には、野菜と味噌(肉味噌)と海苔とかつおぶし。あと、生卵が乗ってた。で、オーダー後に聞かれた「にんにく」は、刻んだにんにくの醤油漬けのようなもので、船橋や津田沼の無限大で出てくるにんにくだった。

とりあえず、にんにくを避けて混ぜてみて、混沌とした状態にしてみた。生卵のおかげで、するすると食べられるし、キャベツの食感もあって、なかなかいい食感。で、肉味噌との相性もいいし、油っぽい感じでもなく、時折、にんにくと一緒に食べてみると、それなりに「がつん」とくる風味も出て、個人的には好感触だった。ただ、にんにくは生にんにくなので…臭いは要注意だと思う。


ラーメンマップ千葉3
ラーメンマップ千葉3
posted with amazlet at 09.11.15
山路力也
幹書房
売り上げランキング: 242145



麺屋あらき竃の番人外伝 (ラーメン / 京成西船、西船橋、東中山)
★★★☆☆ 3.5


セキグチ肉店の「ミルフィーユカツバーガー」を食べる。

会社で仕事していたら、同僚がお土産を持って帰ってきてくれた。柏のセキグチ肉店で売っている「ミルフィーユカツバーガー」。

このミルフィーユバーガー、実は前も食べたことがあるけれど、いつ食べてもうまいなぁ…と。層をなした薄い肉を噛みきる食感と、あふれ出てくる肉汁、肉汁とソースの渾然一体となった風味には、食べながら食欲をそそられてしまって、今回もすぐに食べ終わってしまった。

まず、前回の写真。

セキグチ肉店のミルフィーユバーガー


ミルフィーユカツバーガー@セキグチ肉店



そういえば、某ハンバーガーチェーンがロースカツを使ったハンバーガーを売っていたけれど、このミルフィーユバーガーに比べると、どことなく芸がない気がするわけで、このミルフィーユカツバーガーの存在を、うっかり大手ハンバーガーチェーンが知ってしまったら、真似したりしないか…と、ふと、不安になってしまう。

まいぷれ柏市版:セキグチ肉店

別冊ライトニング 64ハンバーガーブック (エイムック―別冊Lightning (1689))
Lightning(ライトニング)編集部
エイ出版社
売り上げランキング: 43702
おすすめ度の平均: 5.0
5 全国のハンバーガーファンへ
5 びっくりしたー


参考Web:
柏の一店逸品の大賞に選ばれた「ミルフィーユバーガー」




セキグチ肉店 柏本店 (その他 / 柏)
★★★☆☆ 3.5



記事検索
スポンサーリンク