おなかおきた日記。

「お腹おきた」は讃岐弁でお腹がいっぱいという意味なのです。

小笠原塩ラーメン海皇@本八幡で「とりそば」を食べた。

この前の日曜日。同僚とぶらぶら本八幡を歩いていたら、ふとラーメンが食べたくなたので、小笠原塩ラーメン海皇に行ってきた。

本八幡駅前の「餃子の王将」の誘惑に負けそうになりながらも、なんとか海皇まで歩いていったら、海皇の目の前に新しそうなラーメン屋があった。よーく見ると、魂麺まつい(…食べログを見てたら、「魂麺」になったらしいが…)のロゴが書いてある張り紙がしてたので、もしかすると「魂麺」の新店か。ちなみに名前は「新天地」。ちょっと悩んで、当初の目的の「海皇」に行くことにした。

11時半の開店直後だったせいか、客はまばらで、私と同僚が券売機の前であれこれ迷うことができた。で、頼んだのが「とりそば」。

「とりそば」は塩ラーメンらしく、塩ラーメンというと、どうしてもあっさりした味を想像してしまうし、実際に、あっさりした塩ラーメンが多いのも現実。でも、海皇のとりそばは、こってりらしい。塩ラーメンなのにこってりというのはどういうモノなのか、、、興味があった。

小笠原塩ラーメン海皇@本八幡のとりそば


澄んだスープに平打ちっぽい麺が沈んでいて、その上に鶏の胸肉をスライスしたもの(鶏チャーシュー)が乗っていた。まず、スープを飲んでみたけれど、鶏ダシと和風ダシの合わせ技ではあるんだろうけれど、それ以上の何か(店に貼ってあった案内によれば、豚骨らしいが…色がとんこつっぽくない)がこってり感を醸し出している。確かに、あっさりした塩ラーメンとは一線を画している印象がある。

ただ、なんとなくというレベルではあるが、「セミ平打ち麺」(=幅の狭い平打ち麺)との相性は、私の好みではなかったかもしれない。じゃぁ、どんな麺が…と言われても少し考えてしまう。太麺は違うし、細麺もなぁ…となるわけで、そうするとこのセミ平打ち麺がいいのかもしれない。

中川昭一氏の訃報をテレビのニュースで聞きながら、なんだかそんなことを考えているうちに完食してしまった。スープの完成度は高いような気がするんだけど、じゃあ、ラーメンとして渾然一体となっているかというと遠い目になってしまうような気がした。

ただ、ぼんやり考えながら「とりそば」をすすっていると、2組くらい家族連れがやってきたので、家族連れ御用達というか、ファミリー向けのラーメン屋なのかもしれない。

…また本八幡まで食べに行って考えてみよう。

ラーメンマップ千葉〈2〉
山路 力也
幹書房
売り上げランキング: 576844



小笠原塩ラーメン 海皇 (ラーメン / 本八幡、京成八幡、菅野)
★★★☆☆ 3.0



再び、赤坂味一@船橋に再訪する。

9月末。同僚から「あの味が忘れられないから、また行かない?」と誘われたので、素直に「赤坂味一」に再訪することにした。前回訪れたときよりも、空いていたような気がしたけれど、駅からこれだけ離れていてこれだけの客の入りはさすが。

今日は、素直にメンマラーメンの大盛りをオーダー。いやはや、前回来たときも、前々回来たときも、次回こそは大盛りを頼むまいと思って、帰って行った記憶があるのだが、私は学習能力が皆無らしい…。

赤坂味一@船橋のメンマラーメン。

この麺の食感を思い出すと、どういうわけか大盛りにしてしまうのだが…この麺とあっさりしたスープの素朴な味にはまってしまう。

赤坂味一@船橋のメンマラーメンのメンマ。

今回はメンマラーメンと言うことで、別皿でメンマが出てきた。これが赤坂味一スタイルなんだろうか。ちょっと塩分濃いめのメンマ。私自身はメンマフェチではないので、こんなにメンマが出てきてちょっととまどってしまった。トッピングがメンマとチャーシューしかないという割り切り感は好印象ではあるが、個人的に、赤坂味一は、麺とスープとトッピングの一体感に魅力を感じるので、メンマだけ突出してどうこうという印象は特になかった。

大盛りにしたことを後悔はしたが、やっぱり完食はしてしまったわけだし、今度来るときは大盛りにしないでおこう…と、大盛りなしで再訪することを誓って帰路についた。

丸香@神保町で、冷たい肉うどん食べた。

先日、神保町の讃岐うどん屋さん「丸香」に行ってきた。

土曜日の昼時だから、多少の行列は覚悟していたが、行列は隣のブラッセルズの看板の前を通り越して伸びていた。まぁ、うどんなので回転は速い。とりあえず、並ぶことにした。

ちょっとずつ列の前方に進んでいく途中で店員さんからメニューを手渡された。まぁ、たいして変わってないだろうから、いつものように「ひやかけ」にしようと思っていたら、新メニューが目にとまった。

「冷たい肉うどん」

メニューによれば、かけだしと赤ワインと和讃盆のカラメルを加えたダシで牛肉を煮込んだらしい。これがひやかけの上に乗っかっているイメージだろうか。これは食べねばなるまいということでオーダー決定。「冷たい肉うどん」の2玉に、げそ天とかしわ天だ(…まぁ、食べ過ぎは明らかだが、讃岐人はうどんを納めるための胃があるのだ…うそ。)オーダーが決まったのに、しつこくメニューを眺めていたら、写真撮影禁止って書いてあったので、うどんの写真を撮ることを諦めた。

ほどなく店内に案内されて席についた。席に着く前にオーダーしておいたせいか、すぐにうどんが届いた。おぼんにペッパーミルが乗っかっていた。どうやら、肉うどんの牛肉にはペッパーがあうということらしい。うどん屋でペッパーミルなんて珍しい。しかも、牛肉には、にんにくチップと鷹のつめが加えてあって、なんだか凝ってる感じがある。ネギはやっぱりこのネギじゃないとねって感じのネギ。香川だと西讃のうどん屋に多いタイプのネギかなぁと。

凝った牛肉とさっぱりしたダシの相性はいい感じ。うどんはいつもどおりの申し分ない麺だった。ただ、ダシに浸かった、凝った牛肉がとってもうまいせいか、うどんと牛肉、ダシの三者できっちり相性がいいかというと、、、うーむ。結局、(忘れてて)胡椒を入れなかったけど、胡椒を入れるとまたちょっと変わったのかもしれない。

ゲソ天のボリューム感とクリスピーな感じもいい感じだったし、かしわ天のしっとりした食感も私の好みだった。その天ぷらを冷えたダシに浸して食べてみても、やっぱりうまかった。

やはり、うどん屋としての満足度は高いなぁ。というわけで、また来よう。


超麺通団3 麺通団のさぬきうどんのめぐり方
田尾 和俊
西日本出版社
売り上げランキング: 8337
おすすめ度の平均: 4.5
5 うどん巡礼ツアーに
5 うどん好きには大変な参考書
5 うどんを軸に香川を楽しむ本
4 うどんだけで高松に行けるか?
4 うどん巡りに行く人も、行かない人も楽しめる




丸香 (うどん / 神保町、新御茶ノ水、御茶ノ水)
★★★★ 4.0


記事検索
スポンサーリンク